資産運用

たった資産5000万でFIREしたらほぼ確実に失敗する理由。

投稿日:2022年8月11日 更新日:




 

ネット記事にFIREした1000人へのアンケート結果があったのですが、70%の回答者が総資産5000万円未満でFIREだったそうです。ちなみに2000万円未満と回答したのは42%。

回答者の多くが社会人20年目近くでFIREしたそうなので、だいたい40歳~50歳がマジョリティと予想。それにしても40代で2000万円でFIREとか、私なら危険すぎて絶対やりません。

アルアルですが、本人はFIREしたけど配偶者がバリバリ働いているとか、相続予定の親の資産がタップリあるとか、資産以外にも不定期で入ってくる副業収入があるとか、持ち家でローン返済ずみとか、そういう選択系のアンケートでは見えない事情が隠れていると予想。(このへんの情報は、このアンケート結果に関心を示す人たちにとって、かなり重要だと思いますが。)

ちなみにS&P500への投資を前提とすれば、資産5000万円でFIREすら危ないと思っています。詳細は過去記事参照:

S&P500でFIREするのに必要な資産を計算

6000万円でFIREしたときの破産確率

人生を棒にする確率、それが破産確率

 

数ある指数の中でも最優秀なS&P500に5000万円ぶち込んだときの40年後の破産確率はというと;

毎年200万円引き出す場合:32%

毎年250万円引き出す場合:47%

毎年300万円引き出す場合:60%

毎年300万円引き出すとすれば、税金20%引いて手に残るのが240万円。月換算で20万円。毎月20万円使うのが多いか少ないかは生活レベルによりますが、会社員時代に節約家でもいざFIREしたら意外にもこれくらい使ってしまう気がします。理由は;

(1) ヒマなので金を使う機会が増えるから

(2) 家にいる機会が増えるので光熱費が増える

(3) 社会保険料が自腹

人間は適度なストレス・刺激がないと生きていけません。仕事のストレスがなくなれば、他の刺激を求めて何か別なことをやりたくなるのが人間の性でしょう。すると金がかかる。だとすると、(1)は意外に効いてくるかもしれませんね。

とはいっても、40代でさっさと仕事辞めたいのであれば、私のシミュレーションだと9000万ないとキツイ感じです。ちなみに9000万なら毎年300万円引き出しで40年後の破産確率は24%。

そこで、上のアンケートに戻ると、ほとんどの回答者が5000万円未満でFIREしてます。先に書いたように、実は「隠れ資産」があると疑っていますが、そういうのもなしでリアルに5000万円だけでFIREしたなら、冗談抜きでブッ飛ぶと思いますよ ww

※真面目に補足すると、FIREしても毎月副業収入が10万円あればブッ飛ぶ確率はかなり下がります。

 

FIRE本はたくさんありますが、この「最強のリタイア術」の著者は資産100万ドルでFIREしたらしいので、私の計算からするとかなり安全域でFIREしたことになります。退職後も作家として稼ぎまくっているでしょうけど。他の本で「年収300万でもFIREできる」系のやつは危険ですね。ブッ飛ばす気マンマンです。

 

関連記事:

S&P500に6000万円投資してFIREしたときの破産確率をシミュレーションした。驚きの結果とは?

S&P500投資でFIREするのにいくら必要かを破産確率で明らかにする。

6000万円で本当にFIREできるのか?「資産増加の実感」から「資産減少への焦り」へ。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国S&P500の最適なレバレッジが1.75倍の理由。だからSPXLの3倍は高すぎる。

  米国S&P500の最適なレバレッジは1.75倍であることは前回の記事ですでに紹介しました。なぜかこの記事のアクセス数が異常に高かったので、もう少し分かりやすくかみ砕いた内容で再掲 …

新NISA S&P500 1月一括投資vs毎月投資を確率分布で検証

  新NISAでS&P500に投資する場合、「毎年1月に一括投資」または「毎月投資」どちらにするかは悩ましいところです。 結論から書くと「毎年1月に一括投資」の方が将来のリターンが勝 …

S&P500に6000万円投資してFIREしたときの破産確率をシミュレーションした結果。

  前回の続き。 毎月の生活費が20万円の場合、資産6000万円をS&P500インデックスなどで運用しておけば、仕事やめても生きていける (FIRE)という考え方があります。これは「 …

FIREするなら最低1.5億円は必要 (S&P500投資+年2%物価上昇の場合)

  前回の記事では、物価上昇を考慮すると資産1億円でFIREしたとして40年後に破産する確率は50%を超えることを紹介しました。ちなみにこの前提条件は、 ・S&P500に全額投資 ・ …

S&P500 VIXと超短金利差の関係性からみる米国景気のサイクル

  CMBの記事によると、過去30年間、S&P500 VIXと超短金利差の関係性に3度のサイクルが見られます。このサイクルは表現の仕方がユニークで面白いので、備忘録として記事にします …

都内在住の30代サラリーマンです。資産の90%をインデックス投資で運用しています。

このブログではインデックス投資の利点、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

趣味はミニベロ

お問い合わせは:こちら

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ