資産運用 金融工学

S&P500投資でFIREするのにいくら必要かを破産確率で明らかにする。

投稿日:




 

「S&P500に6000万円投資してFIREしたときの破産確率をシミュレーションした。」のシミュレーションで分かった結果は、次の通り。

仮に40歳でFIREするとして、6000万円を死ぬまで取り崩しながら生活すると仮定すれば、40%の確率で破産することが分かります。

これは元金6000万円で検証した結果です。

言うまでもなく破産確率は、元金、投資期間、毎年いくら引き出すかに依ります。というわけで、いくつかのケースを組み合わせて表にしてみました。

元金:3000万円~1億円

投資期間:40年と50年

引き出し額:150万円/年~300万円/年

当然ですが元金が多く引き出し額が少ないほど、破産確率は減ります。例えば元金1億円で毎年150万円引き出すとすれば、50年後の破産確率は5%。5%程度ならほぼ安全との印象。

ちなみに、元金6000万円のときの50年後の破産確率を、年間引き出しごとに表示したのが下のグラフ。

300万円引き出すときの破産確率は55%もありますが、150万円引き出すなら17%まで減ります。年間引き出し額が50万円減るごとに、破産確率は約12%減るのがわかります。

で、「S&P500に投資するとして、FIREするのにいくら元金必要なのよ?」という疑問に対しては、

・FIRE後に何年間生きる見込みか?

・毎年いくら引き出す見込みであるか?

・破産確率何%を許容できるか?

ということになります。

たとえば、FIRE後は50年間生きる見込み、毎年200万円引き出す見込み、破産確率は10%までしか許容できないのであれば、FIREするのに1億円必要です。

一方で、FIRE後は40年間生きる見込み、毎年150万円引き出す見込み、破産確率は20%まで許容可能であれば、5000万円あればFIRE可能です。

つまり、上の表があれば、こういう定量的な評価が可能というわけです。

 

おすすめ記事:

S&P500に6000万円投資してFIREしたときの破産確率をシミュレーションした。驚きの結果とは?

破産確率で「S&P500インデックス投資でFIREできるか?」を検証する。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「そんなに投資すすめるならアンタが資産全額投資したら?」を常に問う。

  私は過去に不動産投資の勧誘の鬼電を受けまくったせいで、スマホの電話番号を変更した経験があります。 番号変更って他のサービスで電話番号直したりしないといけないんで超面倒くさいんですよ。 で …

社畜の資産は4645万でヨロシコ ww | 資産公開 | 2021年4月末

  2021年4月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:46,448,312円 前月より248万円増加   総資産の推移: 2021年4月:  46,448,43 …

S&P500長期リターンの確率分布の変化を可視化する。

  S&P500指数がリスク20%・リターン7%の幾何ブラウン運動に従うと仮定、その際のリターンの確率分布を図示してみます。 幾何ブラウン運動の式は過去記事を参照。 下のグラフは20年間投資 …

GPIFの運用目標とポートフォリオはちゃんと読みましょう ww

  GPIFの運用資産が過去最高の169兆円に達したそうです。以下は日経の記事からの引用です。 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が7日発表した2019年10~12 …

リターン中央値を最大化する最適レバレッジ比率の効果を幾何ブラウン運動で説明する。

    前回の記事「なぜレバレッジをかけて高リターンを得るのは運ゲーなのかを幾何ブラウン運動で説明する。」では、レバレッジについて以下のように説明しました。 (1) 株価が幾何ブラ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ