資産運用 金融工学

S&P500投資でFIREするのにいくら必要かを破産確率で明らかにする。

投稿日:




 

「S&P500に6000万円投資してFIREしたときの破産確率をシミュレーションした。」のシミュレーションで分かった結果は、次の通り。

仮に40歳でFIREするとして、6000万円を死ぬまで取り崩しながら生活すると仮定すれば、40%の確率で破産することが分かります。

これは元金6000万円で検証した結果です。

言うまでもなく破産確率は、元金、投資期間、毎年いくら引き出すかに依ります。というわけで、いくつかのケースを組み合わせて表にしてみました。

元金:3000万円~1億円

投資期間:40年と50年

引き出し額:150万円/年~300万円/年

当然ですが元金が多く引き出し額が少ないほど、破産確率は減ります。例えば元金1億円で毎年150万円引き出すとすれば、50年後の破産確率は5%。5%程度ならほぼ安全との印象。

ちなみに、元金6000万円のときの50年後の破産確率を、年間引き出しごとに表示したのが下のグラフ。

300万円引き出すときの破産確率は55%もありますが、150万円引き出すなら17%まで減ります。年間引き出し額が50万円減るごとに、破産確率は約12%減るのがわかります。

で、「S&P500に投資するとして、FIREするのにいくら元金必要なのよ?」という疑問に対しては、

・FIRE後に何年間生きる見込みか?

・毎年いくら引き出す見込みであるか?

・破産確率何%を許容できるか?

ということになります。

たとえば、FIRE後は50年間生きる見込み、毎年200万円引き出す見込み、破産確率は10%までしか許容できないのであれば、FIREするのに1億円必要です。

一方で、FIRE後は40年間生きる見込み、毎年150万円引き出す見込み、破産確率は20%まで許容可能であれば、5000万円あればFIRE可能です。

つまり、上の表があれば、こういう定量的な評価が可能というわけです。

 

おすすめ記事:

S&P500に6000万円投資してFIREしたときの破産確率をシミュレーションした。驚きの結果とは?

破産確率で「S&P500インデックス投資でFIREできるか?」を検証する。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

レバレッジETFの減価問題はなぜ嘘くさいのかを定量的に説明する。

  レバレッジETFは減価リスクがあるから危険と言われることがあります。 超簡単な例でいうと、株式指数が10%上昇し翌日10%下落した場合: レバなし:1.1 x0.9= 0.99 3倍レバ …

【レビュー】ライフサイクル投資術を図解しながら読み解いていく。

  株式投資で一番楽なのは間違いなくドルコスト平均法です。ドルコスト平均法は定期的に株式を一定金額で取得し続ける手法なので、株式を高値掴みするリスクを減らすことができます。これが時間分散です …

S&P500の最適レバレッジは1.75倍。SPDRとSPXLを10:6で混ぜれば作れる。

  前回の記事でS&P500の最適レバレッジは1.75倍だと説明しました。レバレッジを大きくすればするほどリターン分布の中央値が大きくなりますが、ある閾値を境に中央値は下がります。そ …

なぜレバレッジをかけて高リターンを得るのは運ゲーなのかを幾何ブラウン運動で説明する。

    前回の記事「なぜリスクが大きいとトータルリターンが低下するのか?幾何ブラウン運動で定量的に説明する。」では、リスクがトータルリターンを下げる方向に寄与することを説明しました …

なぜ全てのリスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか?を説明する。

  数式がたくさん出てきます。興味ない方はトップページにエスケープしてください。   なぜ時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか? これは現代ポートフォリオ理論から導き出され …

都内在住の30代サラリーマンです。資産の95%をインデックス投資で運用しています。2024年3月に資産1億円を超えました。

このブログではインデックス投資の利点、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

趣味はミニベロ

お問い合わせは:こちら

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ