資産運用

投資を始める前に読む本が違っていたら資産1億円は無理だった。

投稿日:




 

何か新しいことを始めるには「計画」が重要です。資産形成にも当てはまります。

どの銘柄・ファンドに、何円、どのタイミングで投資・売却するか?これを決める行為が「計画」です。

計画するには、書籍・動画・SNSなどの媒体から情報を得て、色々な投資法を比較・検討、納得できるまで調べるしかないです。

私は疑い深い性格なので、動画・SNSから入ることはせず、書籍をスタートポイントにしました。特に参考にしたのは、「ウォール街のランダム・ウォーカー」などの古典的な名著と万人向けの資産形成法を説いた「ほったらかし投資術」です。

理系出身で基礎的な数学の素養があったので、現代ポートフォリオ理論の理解にもチャレンジしました。完全に理解したとは言い難いものの、そのシンプルな結論に感動したこともあり、インデックス投資にのめり込みました。

実は米国高配当投資に興味を持ったこともあったのですが、結局やりませんでした。高配当企業に投資して配当を再投資すれば資産を築ける、というのは分かりやすいストーリーではあります。ですが、配当は課税されるし、その企業の株価自体が伸びるのか?高配当は今後も続くのか?仮に20社に投資するとして各構成比率を論理的に決められるのか?という疑問があったからです。

他の投資法に浮気しなかった理由として決定的だったのは、やはり「初めに読んだ本」に大きな影響を受けたからだと思います。投資を始める前に読む本が違っていたら、また違った道を歩んでいたかもしれません。

 

参考記事:

インデックス投資で資産が1億円を超えました。(投資6年目)

本気で薦めるインデックス投資本を紹介する。

投資本買うより「ファイナンス理論入門」をすすめる理由。

なぜ全てのリスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか?を説明する。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:

関連記事

投資本買うより「ファイナンス理論入門」をすすめる理由。

  本屋で投資関係の本をさーっと立ち読みした中でも、冨島佑允氏のファイナンス理論入門はとびぬけた良書だと思ってます。ちなみに本書は購入済み。 とにかく知性が滲み出ています。数字の裏付けがない …

新NISA S&P500 1月一括投資vs毎月投資を確率分布で検証

  新NISAでS&P500に投資する場合、「毎年1月に一括投資」または「毎月投資」どちらにするかは悩ましいところです。 結論から書くと「毎年1月に一括投資」の方が将来のリターンが勝 …

米国株50%+金50%ポートフォリオでリスクを下げられるか?

  myINDEXというサイトを過去記事で紹介しました。myINDEXでは「みんなのポートフォリオ」という機能でいろんなポートフォリオ (リスク資産の組み合わせ)のリスク・リターンを見ること …

WealthNaviのアルゴリズムを読むべし。現代ポートフォリオ理論に基づいてキッチリ分散。

  資産運用をやってる人の中にはWealthNaviを利用している人も多いと思います。 WealthNaviは利用者のリスク許容度をもとに国際分散投資を自動でやってくれるサービスです。今現在 …

【レビュー】ライフサイクル投資術を図解しながら読み解いていく。

  株式投資で一番楽なのは間違いなくドルコスト平均法です。ドルコスト平均法は定期的に株式を一定金額で取得し続ける手法なので、株式を高値掴みするリスクを減らすことができます。これが時間分散です …

都内在住の30代サラリーマンです。資産の95%をインデックス投資で運用しています。2024年3月に資産1億円を超えました。

このブログではインデックス投資の利点、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

趣味はミニベロ

お問い合わせは:こちら

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ