資産運用

投資を始める前に読む本が違っていたら資産1億円は無理だった。

投稿日:




 

何か新しいことを始めるには「計画」が重要です。資産形成にも当てはまります。

どの銘柄・ファンドに、何円、どのタイミングで投資・売却するか?これを決める行為が「計画」です。

計画するには、書籍・動画・SNSなどの媒体から情報を得て、色々な投資法を比較・検討、納得できるまで調べるしかないです。

私は疑い深い性格なので、動画・SNSから入ることはせず、書籍をスタートポイントにしました。特に参考にしたのは、「ウォール街のランダム・ウォーカー」などの古典的な名著と万人向けの資産形成法を説いた「ほったらかし投資術」です。

理系出身で基礎的な数学の素養があったので、現代ポートフォリオ理論の理解にもチャレンジしました。完全に理解したとは言い難いものの、そのシンプルな結論に感動したこともあり、インデックス投資にのめり込みました。

実は米国高配当投資に興味を持ったこともあったのですが、結局やりませんでした。高配当企業に投資して配当を再投資すれば資産を築ける、というのは分かりやすいストーリーではあります。ですが、配当は課税されるし、その企業の株価自体が伸びるのか?高配当は今後も続くのか?仮に20社に投資するとして各構成比率を論理的に決められるのか?という疑問があったからです。

他の投資法に浮気しなかった理由として決定的だったのは、やはり「初めに読んだ本」に大きな影響を受けたからだと思います。投資を始める前に読む本が違っていたら、また違った道を歩んでいたかもしれません。

 

参考記事:

インデックス投資で資産が1億円を超えました。(投資6年目)

本気で薦めるインデックス投資本を紹介する。

投資本買うより「ファイナンス理論入門」をすすめる理由。

なぜ全てのリスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか?を説明する。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:

関連記事

S&P500長期リターンと幾何ブラウン運動モデルの比較

  過去記事からの引用。1950年1月以降のデータを使って1年リターン[%]を、1年・10年・20年・30年・40年の長期リターンを示したのは下のグラフです。 このデータをヒストグラムにして …

「サラリーマンは年金を10年受給すれば元が取れる」は本当か?

  NISAや確定拠出年金でシコシコ積み立てて老後の準備するのもいいですが、そもそも年金いくらもらえるのか?が気になります。 30年後の年金制度がどうなってるのかは予想できませんが、そもそも …

S&P500年率リターンのサイクル周期は3~4年

  前回の記事でS&P500の1年リターンの変動を見てみました。これは1950年1月以降のデータを使って1年リターン[%]を算出したものです。 このデータを加工して、1年リターンの1 …

「ライフサイクル投資術」が名著だと考える理由は斬新さ。

  「ウォール街のランダムウォーカー」や「投資の大原則」は投資本のなかでも名著ですが、私は「ライフサイクル投資術」も名著に挙げたい。 その理由は「考え方が斬新」だからです。ウォール街のランダ …

リスク (神々への反逆)ピーター・バーンスタインの書評。リスクマネジメントの歴史を理解できる良書。

  過去記事からの引用: インデックス投資を開始して2年半近くが経過しました。 投資を始めた当初は、投資関連の書籍やニュース記事を読むことで経済や金融に詳しくなることを資産運用の副次的な効果 …

 

都内在住JTC勤務の30代サラリーマンです。全資産の95%をインデックス投資で運用しています。2024年3月に1億円を突破。世界経済の継続的成長を願いS&P500とオルカンで運用中。NISAとiDeCoをフル活用。

お問い合わせは:こちら

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ