資産運用

「ライフサイクル投資術」が名著だと考える理由は斬新さ。

投稿日:2021年9月17日 更新日:




 

「ウォール街のランダムウォーカー」や「投資の大原則」は投資本のなかでも名著ですが、私は「ライフサイクル投資術」も名著に挙げたい。

その理由は「考え方が斬新」だからです。ウォール街のランダムウォーカーなどは、インデックス・ファンドに長期投資しろ、という言わば投資の定石を主張している一方で、ライフサイクル投資術は投資に使える金の考え方を「今」だけでなく「未来」に拡張しているからです。

過去にレビュー記事を書きましたが、そこからの抜粋。

今30歳で毎年安定して10万ドルを稼ぎ、5000ドルを貯金にまわしているとする。これは今12万ドルを債券に投資していることに相当することが分かる。将来36年にわたって毎年5000ドルを貯金するのは、現在価値に直すと12万ドルに相当するからである。

だから今手元に財産が5万ドルあってその90%を株式に投資していても、資産の90%を株式に投資しているとはいえない。正確には、株式に4万5000ドル、債券に12万5000ドル(今の財産のうち5000ドルと将来の貯金の現在価値12万ドル)を投資していることになる。本当の資産ポートフォリオ全体のうち、株式に投資しているのはたった26%にすぎないのだ。

(1)「今」の手元の資金の大半を株式に投資しても、生涯の貯金額から見たら株式比率は低い。

(2) 株式比率を高めるにはレバレッジをかければいい。レバレッジは最大2倍とする。

(3) レバレッジとかリスク高すぎんだろ、という前によく考えてほしい。将来貯金できるんだからその分の現在価値も考慮すれば実質レバレッジかけてない(つまり株式比率が100%未満)ことになる。

 

Sponsored Link



 

下のグラフは大和アセットマネジメントのサイトからの抜粋ですが、ライフサイクル投資術のポイントをうまく解説してると思います。

引用:大和アセットマネジメント

 

要は「投資期間の後半で投資額が増えていく」という従来のやり方では、後半でリスクに晒す資産が増加してしまうので、これではリスクの時間分散が出来ていないってこと。

それを回避するのには若い頃にレバレッジをかけて運用し、投資後半でレバレッジ比率を下げていくことで、リスクに晒す資産の割合を投資全期間にわたって平準化させているというわけ。

過去の記事でも書いたように、私はレバレッジにはかなり慎重です。とはいえ、「今」だけでなく「未来」にわたってリスクに晒す資産の割合を平準化するという考え方は、斬新だと思うし、その斬新さこそがこの本の価値を高めていると思います。

 

関連記事:

【レビュー】ライフサイクル投資術を図解しながら読み解いていく

「ライフサイクル投資術」の相対的リスク回避度グラフを効用関数を使って導出する。

現金:S&P500の最適比率が分かる早見表 (マートン問題と相対的リスク回避度で計算)

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ポートフォリオ組成はエンジニアリングだと思う。「最適」を実現する合理的なアプローチ。

  ポートフォリオ組成はエンジニアリングだと思ってます。 エンジニアリングという言葉は実は分かるようで分からないような、けっこう曖昧な言葉です。 業界や職業によって意味が異なってくると思うん …

部屋の乱れは心の乱れ。心の乱れはポートフォリオの乱れ ww

  コロナ禍で若者の家のゴミ屋敷化が増えているそうです。毎日新聞の記事から。 依頼者の8割は20代から30代後半の単身者で、女性が7割を占める。部屋がごみ屋敷化するまでには①新型コロナ感染を …

暴落時でもS&P500を20万円分定期積立 ww

  S&P500は10%暴落後に、3%上がったり下がったり。。。動きが全然読めません ww 私は方針を貫き、インデックス・ファンドをひたすら定期積立です。コロナによる市場の混乱はフル …

FRBが政策金利を引き上げる意味

  チャンドラです。   「米FRBが政策金利を利上げ、トランプ氏の圧力に対抗」というタイトルの記事を見ました。これだけ見ても経済に疎ければ何を言っているか分かりません。 FRBは …

社畜の資産を公開します | 185万円増加 | 2020年5月末

  2020年5月の資産運用状況を公開します。   合計資産:29,999,209円 前月より185万円増加   総資産の推移: 2020年3月:  26,696,509 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ