金融工学

S&P500にレバレッジ3倍かけると元本割れ確率の減少が鈍い。【SPXL】【レバレッジETF】

投稿日:2021年5月21日 更新日:




 

S&P500にレバレッジ3倍をかけるとレバレッジなしの場合よりもリターンの中央値が下がります。

過去記事より再掲。ちなみに中央値が最大化する最適レバレッジは1.75倍です。

中央値が下がるから何が悪いんだよ?という意見もごもっとも。平均値は上がるけど中央値が下がるとか言われてもピンとこないんです。人間なんてそんなもんでしょう。

行動経済学でも判明していますが、人間は損することに敏感な生き物です。狼狽売りとか言いますしね。

だから元本割れ確率で議論するのは有益だと思うんです。では3倍レバレッジかけると元本割れ確率はどう変化するか?

 

Sponsored Link



 

下のグラフはS&P500 [リスク20%・リターン7%]が幾何ブラウン運動すると仮定して元本割れ確率がどう変化するかを見たもの。

レバレッジなしの場合は投資期間が長くなるにつれて元本割れ確率は大きく減ります。

一方でレバレッジを3倍かけると元本割れ確率の減りが鈍くなります。1年後の元本割れ確率は49%ですが、7年後では45%と大して変わらないのです。

理由は下のリターンの確率分布の時間変化を見れば分かります。

レバレッジなしの場合は確率分布の最頻値のリターンがほぼ変わっていません。

一方で、レバレッジ3倍の場合、投資期間が長い程リターン最頻値がリターンが小さい方に下がってきます。元本割れ確率はカーブの下の部分をリターン0倍~1倍の区間で積分した値。

投資期間が長いほど最頻値が小さくなる。その結果、元本割れ確率(積分値)大きいまま維持されるのです。

 

リスク許容度が高ければ一時期の元本割れなんて気にしないでしょうが、ビビりの人間が流行にのってSPXL買うのはお勧めできません。理由は上で見たように元本割れ確率が高いからです。

関連記事:

S&P500に投資したときの元本割れ確率を可視化してみた。

S&P500の過去リターンをパレート図で見る。明かされる元本割れ確率。

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

 

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

過去35年のアセットクラスでは新興国株と米国株が優秀。

  Visual Capitalistの記事に1985年~2020年の35年間における各アセットクラスの年率リターンが紹介されています。 この記事は株に限らず色々なリスク資産のデータを載せて …

現金:S&P500の最適比率が分かる早見表 (マートン問題と相対的リスク回避度で計算)

  過去記事でS&P500に投資した際の最適比率を計算する方法を、マートンのポートフォリオ問題を用いて説明しました。 マートン・社畜の式: S&P500の最適比率 = 1.7 …

S&P500が「平均値」をとる確率は何%なのか?資産推移グラフに潜んだワナ。

  資産運用で複利効果のグラフを見る機会は多いです。複利の効果で資産は大きく増やせるという触れ込みで。 複利の効果で資産を大きく増やせるのは間違いではありません。ただし、複利効果の紹介で見る …

【暴落】S&P500投資の資産増加シミュレーションで暴落を取り入れるべきか?

  私はS&P500をリターン7%・リスク20%で色々とシミュレーションしてます。 資産運用シミュレーションでよくある手法は、価格変動を幾何ブラウン運動でモデルして投資期間に対する平 …

【意外】合理的な投資家はリターンを高めるためにレバレッジをかける。現代ポートフォリオ理論の観点から。

  過去記事で解説したように、投資家のポートフォリオはリスク・リターン平面上で、無リスク資産と接点ポートフォリオを結んだ線上にあります。 接線のうち、無リスク資産と接点ポートフォリオの間のポ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ