金融工学

実は曖昧な「リスク許容度」。リスク許容度って一体何なんだ?

投稿日:2021年8月2日 更新日:

 




 

前回の記事では、リスクが大きいとリターンが高くなるチャンスも増えるが、同時に元本割れする確率も増えることを確率分布で説明しました。

(1)リターン7%・リスク20%:元本割れは45%、2倍越えは1%

(2)リターン7%・リスク100%:元本割れは68%、2倍越えは13%

(1)と(2)のどちらを選ぶかはリスク回避度によるから、どちらを選ぶべきかは自分で考えれば?というのが私の考え。

もう少し付け加えると、金融のポートフォリオ理論では「リターンが高い=よいこと」「リスクが高い=よくないこと」と考えるので、(1)と(2)を比較すれば(1)を選ぶのが定石です。

ですがリスク (資産の価格変動)が大きければ、元本割れ確率だけでなくリターンを高めるチャンスもあるんだから、リスクだって捨てたもんじゃないという考えも否定はできない。

それを踏まえたうえで敢えて(2)をテイクするかどうかは、結局リスク許容度に基づいてやるべきだと。

投資は自分の「リスク許容度に基づいてやれ」という、いわば常識的な説教がでてきたわけですが、じゃあ「リスク許容度ってなに?」という話になってくる。

分かります?リスク許容度は何を意味するか?

 

Sponsored Link



 

「リスク許容度」という言葉をググるとみずほ証券のサイトが出てくるんですが、そこにはこのように書かれています。

リスク許容度とは、「どれくらい投資元本がマイナスとなっても生活に影響がないか」「どれくらいまでなら投資元本がマイナスとなっても気持ち的/気分的)に耐えられるか」というものです。

なるほどね。で、どうやって計算すんの?と思います。

私の理解では、リスク許容度は「相対的リスク回避度」として数値で表すことが出来ます。

上で引用したように「どれくらいまでなら投資元本がマイナスとなっても気持ち的/気分的)に耐えられるか」を「効用関数」という気持ちよさを表す関数を用いて表現することで計算できるんです。

これは非常におもしろいので、関連するトピックと絡めて次回以降の記事で紹介していきます。流れとしては、次のようになります。

(1) 「ライフサイクル投資術」に出てくる相対的リスク回避度 (RRA)

(2) RRAからリスク資産の最適割合の計算方法

(3) マートンのポートフォリオ問題

(4) リスク資産の最適割合とレバレッジ比率の関係

(5) サンクトペテルブルグのパラドクスと効用関数

(6) 結局「ライフサイクル投資術」のRRAグラフは効用関数からどうやって求めるのか?

 

 

関連記事:

リスク (神々への反逆)ピーター・バーンスタインの書評。リスクマネジメントの歴史を理解できる良書。

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ全てのリスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか?その理由と理論的背景。

  数式がたくさん出てきます。興味ない方はトップページにエスケープしてください。   なぜ時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか? これは現代ポートフォリオ理論から導き出され …

暴落はいつでも起きうる。「売りが売りを呼ぶ」プロセスは2つ。

  金融工学ではリスクとリターンが分かれば将来のトータルリターンの分布や元本割れ確率などを計算することができます。だから金融工学で使用する株価変動モデルは将来の株価を予想するうえで「実務的に …

米国S&P500に最低何年投資すべきか?元本割れ確率をゼロにするには最低10年必要。

  インデックス投資するなら短期ではなく長期でやるべきです。理由は簡単で長く投資すればするほど高いリターンを得ることができるからです。 だから投資を始めるなら若ければ若いほどいい。理想的には …

米国S&P500の3倍レバレッジ。リターン中央値・平均値の乖離を歪度で検証する。

  S&P500に3倍レバレッジを加えると中央値が下がると過去記事で書きました。 株価が幾何ブラウン運動に従って変動すると仮定した結果です。レバレッジをかければかけるほどリターンの平 …

米国S&P500の最適なレバレッジが1.75倍の理由。だからSPXLの3倍は高すぎる

  米国S&P500の最適なレバレッジは1.75倍であることは前回の記事ですでに紹介しました。なぜかこの記事のアクセス数が異常に高かったので、もう少し分かりやすくかみ砕いた内容で再掲 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ