金融工学

S&P500の過去リターンをパレート図で見る。明かされる元本割れ確率。

投稿日:

 




 

過去記事でS&P500のリターンをヒストグラムにして視覚化しました。

S&P500の過去リターンをヒストグラムで見る。非対称なグラフが示す成長性。

 

その結果、期間を長くするとリターン分布は平たんになり、幾何ブラウン運動としてモデル化・計算した結果と近い結果になることが分かりました。

過去記事から抜粋:

下のグラフはリターンを1年、5年、10年、20年間隔で計算してヒストグラムにしたものです。1年のリターンの平均は7年。ここから期間増やせば増やすほど、右側に伸びていきます。

注目すべきはリターンが0%のオレンジの線です。オレンジ線より右側にあればリターンがプラス。時間が経過するほど、右側にシフトする度数が多いことが分かります。

例えば期間を20年にすればリターンがマイナス、つまり元本割れ確率はほぼゼロです。

ちなみにヒストグラムって便利なんですよ。これを使えばあるリターンを出した回数とか、ある値以上のリターンを出した回数を計算することができます。

例えば、0%を下回る回数をサンプル数で割れば元本割れした割合を計算することができます。過去の傾向が未来にも適用できるとすれば、その割合はそのまま未来の元本割れ確率とみなせることが分かります。

Sponsored Link



 

「ある値以上のリターンを出した回数を計算する」とはパレート図を作るということです。

というわけで、上のヒストグラムに対応するパレート図を作ってみます。それが下の図。

これを見ればある値以上(または以下)のリターンを出した割合が分かります。まずは元本割れした割合を計算してみます。図でいうとオレンジ線と交わる値です。結果は:

1年:23%

5年:18%

10年:10%

20年:4%

元本割れ確率は時間経過するほど減りますね。

パレート図から分かったのは元本割れした割合。過去と同じ傾向が未来にも再現できると仮定すれば、これは未来の元本割れ確率といえます。

パレート図なら元本割れ回数だけではなくてリターンが2倍や3倍になった回数も簡単に計算できます。度数をカウントすればいいだけなので。

この結果はまた別の機会に。

 

関連記事:

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

投資でシャープレシオ単体を使うことに意味はない。リスクと組み合わせて元本割れ確率を分析する。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

S&P500の中央値はどう変化するか?幾何ブラウン運動による中央値の変化。

  過去記事では資産の推移を計算するときに平均値を使うのはミスリードする可能性があると紹介しました。 じゃあ、平均値ってなんぞや?要は資産価格は平均値の周りにぐにゃーと広がるように分布をもつ …

【驚愕】米国S&P500のリターンが示すサイクル。上がれば下がる市場のリズム。

    株価は面白いように上昇し続けるときもあれば、悲しいほど下がり続けることもあります。 過去の実績を分析するとS&P500は年間平均リターンが7%。だからS&P …

【意味不明】「高配当銘柄が混ざったインデックスファンドを買うのはおかしいだろう」という謎の主張 ww

    ソースは忘れてしまいましたが、投資に関する記事で「高配当株の年率リターンが低いことをデメリットとして挙げている人がインデックスファンドを買うのはおかしいだろ。だってインデッ …

最適レバレッジと最適投資比率 (サミュエルソンの割合) との意外な関係。

  前回の続きです。 (1) 相対的リスク回避度 (RRA)を求める。 (2) RRAを公式に代入してサミュエルソン割合を求める。 (3) サミュエルソン割合をリスク資産の割合とする。 &n …

S&P500長期投資で資産増加が加速するのが分かるグラフはこれだ ww

  インデックス投資に長期投資すれば「資産増加が加速する」とよく言われます。確かにそうなんですが、これは定量的に示すことが出来ます。 S&P500に720の法則を適用して指数の動きが …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ