金融工学

S&P500の過去リターンをパレート図で見る。明かされる元本割れ確率。

投稿日:

 




 

過去記事でS&P500のリターンをヒストグラムにして視覚化しました。

S&P500の過去リターンをヒストグラムで見る。非対称なグラフが示す成長性。

 

その結果、期間を長くするとリターン分布は平たんになり、幾何ブラウン運動としてモデル化・計算した結果と近い結果になることが分かりました。

過去記事から抜粋:

下のグラフはリターンを1年、5年、10年、20年間隔で計算してヒストグラムにしたものです。1年のリターンの平均は7年。ここから期間増やせば増やすほど、右側に伸びていきます。

注目すべきはリターンが0%のオレンジの線です。オレンジ線より右側にあればリターンがプラス。時間が経過するほど、右側にシフトする度数が多いことが分かります。

例えば期間を20年にすればリターンがマイナス、つまり元本割れ確率はほぼゼロです。

ちなみにヒストグラムって便利なんですよ。これを使えばあるリターンを出した回数とか、ある値以上のリターンを出した回数を計算することができます。

例えば、0%を下回る回数をサンプル数で割れば元本割れした割合を計算することができます。過去の傾向が未来にも適用できるとすれば、その割合はそのまま未来の元本割れ確率とみなせることが分かります。

Sponsored Link



 

「ある値以上のリターンを出した回数を計算する」とはパレート図を作るということです。

というわけで、上のヒストグラムに対応するパレート図を作ってみます。それが下の図。

これを見ればある値以上(または以下)のリターンを出した割合が分かります。まずは元本割れした割合を計算してみます。図でいうとオレンジ線と交わる値です。結果は:

1年:23%

5年:18%

10年:10%

20年:4%

元本割れ確率は時間経過するほど減りますね。

パレート図から分かったのは元本割れした割合。過去と同じ傾向が未来にも再現できると仮定すれば、これは未来の元本割れ確率といえます。

パレート図なら元本割れ回数だけではなくてリターンが2倍や3倍になった回数も簡単に計算できます。度数をカウントすればいいだけなので。

この結果はまた別の機会に。

 

関連記事:

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

投資でシャープレシオ単体を使うことに意味はない。リスクと組み合わせて元本割れ確率を分析する。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【意味不明】「高配当銘柄が混ざったインデックスファンドを買うのはおかしいだろう」という謎の主張 ww

    ソースは忘れてしまいましたが、投資に関する記事で「高配当株の年率リターンが低いことをデメリットとして挙げている人がインデックスファンドを買うのはおかしいだろ。だってインデッ …

米国S&P500の一括投資と積立投資を比較。積立投資でリスクを激減できる。

  私は米国株式指数S&P500に連動するインデックスファンドに投資しています。 前回の記事で紹介しましたが、株価の動きは「ある一定の方向に動く」と「ランダムに動く」の2つの効果を考 …

DNA複製メカニズムと株価変動モデルは「保存」と「変革」がある点で似ている。

  人類の歴史で最も重要な発見だと私が思うのが生物の遺伝情報伝達のメカニズムです。 遺伝情報とは親から子に伝わる情報。この遺伝情報はDNAの塩基配列として保存されていますが、この遺伝情報がど …

【SPXL】3倍レバレッジを一括の代わりに積立投資にしても平均値と中央値の乖離を防げない理由

  読者様からレバレッジに関する過去記事について質問を頂きました。 記事の内容を要約すると、「S&P500の最適レバレッジは1.75倍。それを越えるレバレッジをかけるとリターンの中央 …

S&P500に3倍レバレッジかけても10年後のリターンはレバレッジなしと大して変わらなくて泣ける ww

  前回の続き: は?長期的に見れば株式指数は右肩上がりなんだからレバレッジかけた方がいいだろ? はい、これは尤もらしい主張です。だからといってレバレッジかけりゃいい、とは私は思いません。 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ