資産運用 金融工学

米国株50%+金50%ポートフォリオでリスクを下げられるか?

投稿日:




 

myINDEXというサイトを過去記事で紹介しました。myINDEXでは「みんなのポートフォリオ」という機能でいろんなポートフォリオ (リスク資産の組み合わせ)のリスク・リターンを見ることができます。↓こんな感じです。

このリスク・リターン平面上のプロットのうち、米国株100%と金100%のプロットを下に示します。ちなみにこのプロットは過去20年の実績値に基づきます。

面白いことに、米国株50%+金50%のポートフォリオを作ってみると、点の位置は米国株100%を真横に移動させた位置に移ります。つまり、リターンは維持したままリスクだけが低下しています。

なぜリスクだけが下がるのかというと、米国株と金の相関が小さいからです。myINDEXによると相関係数はゼロです。

リスク・リターン・相関係数が分かれば、対象ポートフォリオのリスク・リターンが分かります。相関係数が1より小さいほど、低リスク側にグッと下がります。下の図は過去記事からの抜粋。

myINDEXの結果によると、米国株100%のリターンよりも米国株50%+金50%の方がほんのわずかにリターンが高い点はチョット怪しい(ポートフォリオ理論上、これはあり得ない)です。些細なエラーだとして目をつぶってよいでしょう。

あくまで過去20年の実績データですが、もう少し長期の実績を調べてみて、米国株に金を加えてみるのもありかもしれません。

 

 

他のおすすめ記事:

myINDEXで効率的フロンティア曲線を見てみる。

現代ポートフォリオ理論。分散投資でリスクが下がる理由を説明する。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:

関連記事

S&P500長期リターンの確率分布の変化を可視化する。

  S&P500指数がリスク20%・リターン7%の幾何ブラウン運動に従うと仮定、その際のリターンの確率分布を図示してみます。 幾何ブラウン運動の式は過去記事を参照。 下のグラフは20年間投資 …

S&P500リターンの確率分布から分かるリターン5倍以上の確率。

  前記事からの続きです。 S&P500指数がリスク20%・リターン7%の幾何ブラウン運動に従うと仮定、その際のリターンの確率分布は下の通りです。 確率分布の形は分かったと。ではリターンが2 …

S&P500の2倍レバレッジを長期保有するとどうなるか?30年間投資するならレバレッジ不要な理由を説明する。

  過去記事でS&P500のレバレッジなし、2倍レバレッジ、3倍レバレッジを定量的に比較しました。 株価のリスク・リターンが20%・7%の幾何ブラウン運動すると仮定して計算。見えてき …

マートンのポートフォリオ問題で最適なリスク資産割合を計算する方法を説明する。

  前回の続きです。 マートンのポートフォリオ問題とは、「個人の期待生涯効用を最大にするように最適な消費と最適な資産の組み合わせを決定する」という問題です。 「期待生涯効用」が分かりにくいと …

リスクが低ければレバレッジをかけるメリットはあるか?

  過去記事でS&P500のレバレッジに関して定量的に考察しました。 レバレッジをかけるとリターンの中央値が下がるので、S&P500 (リスク20%・リターン7%)にレバレッ …

 

都内在住JTC勤務の30代サラリーマンです。全資産の95%をインデックス投資で運用しています。2024年3月に1億円を突破。世界経済の継続的成長を願いS&P500とオルカンで運用中。NISAとiDeCoをフル活用。

お問い合わせは:こちら

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ