資産運用 金融工学

myINDEXで見る効率的フロンティア曲線

投稿日:2021年3月5日 更新日:




 

現代ポートフォリオ理論では効率的フロンティアという考え方があります。

効率的フロンティアとは、色んなリスク資産を組み合わせてポートフォリオを作ったときに、あるリスクに対して最大のリターンを得ることができるポートフォリオの集合のことです。

上の図はみずほ証券のサイトから引用。オレンジ色のラインが効率的フロンティア。つまりこのラインにのるポートフォリオは効率的、つまり同じリスクでも高いリターンを得ることができるわけです。

じゃあ、そんなポートフォリオってどうやって作るのよ?と疑問が出てきます。myINDEXを使うという手があります。

 

Sponsored Link



 

おそらくインデックス投資をしている人の中にはmyINDEXを使ってポートフォリオを作っているひとも多いと思います。

myINDEXの面白いところは「みんなのポートフォリオ」という機能で多くのユーザーが自分のポートフォリオを登録しているという点です。

これを言い換えると、株・債券・REITなどを色んな割合で混ぜてつくったポートフォリオがリスク・リターン上でプロットされている、ということです。ということは、効率的フロンティア曲線が見えるのでは?という気がします。では見てみますか。

下の図は現時点での「みんなのポートフォリオ」です。約12万件のポートフォリオが登録されているようです。

下の図はオリジナルのグラフに赤い線を加えたもの。これが効率的フロンティア”っぽい”ものです。

“っぽい”と言っている理由は厳密にイコールではないからです。厳密な効率的フロンティアは考えうるすべての組み合わせをプロットして決める必要があります。ただし12万件とかなり多いサンプルが登録されているので、赤い曲線が効率的フロンティアにかなり近いと言えそうです。

 

Sponsored Link



 

ためしに効率的フロンティアに乗るリターンが8%のポートフォリオを見てみましょう。それが下のポートフォリオ。

リターンが7.9%に対してリスクが9.8%と感覚的にはかなり低いです。

もうひとつ例を見てみます。それはリスクが同じでも効率的フロンティア曲線よりもずっと下にあるポートフォリオのこと。

同じリスクでもリターンが3.1%しかありません。つまり、これは全然効率的ではないポートフォリオです。

 

myINDEXを見る限り、各資産のリスクとリターンは過去20年の平均値をs使っているようです。ということはリスクとリターンが変われば効率的フロンティアのポートフォリオも変わります。

もしもmyINDEXの効率的フロンティアを使ってポートフォリオを作るなら、毎年1回は見直してポートフォリオを組みなおすのがいいと思います。つまりリバランスですね。

 

わざわざmyINDEXを見なくても勝手にやってくれるのがWealthNaviですね:

ちゃんと読もう。WealthNaviのアルゴリズム。現代ポートフォリオ理論に基づいてキッチリ分散。

 

現代PF理論の解説記事です:

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

先進国株と新興国株の割合 ~ myINDEXでシミュレーションした結果

    チャンドラです。   資産運用のポートフォリオを決める際にそのポートフォリオがどれだけのリスクとリターンが見込めるかを把握することが大切です。ポートフォリオとは現 …

「社会人1年目からS&P500に投資してます」← もうね、君はもう勝ち組ですよ ww

  最近の新入社員と話していると、社会人1年目から資産運用してますって人が結構多いんですよ。 何に投資してるの?と聞くと涼しい顔でS&P500ですって答えるんですよ。しかも毎月数万円 …

【重要】投資方法よりもいくら欲しいか目標設定を先にすべき

  人が資産運用を始めるときに、まずは目標を立てた方がいいと思っています。企業が経営計画を立てるとの同じです。当たり前ですよね?でも実はやってる人は多くないと思います。ファイナンシャル・プラ …

現金:S&P500の最適比率が分かる早見表 (マートン問題と相対的リスク回避度で計算)

  過去記事でS&P500に投資した際の最適比率を計算する方法を、マートンのポートフォリオ問題を用いて説明しました。 マートン・社畜の式: S&P500の最適比率 = 1.7 …

高齢化が進むほど若者が損する社会になる!若いうちから資産形成すべき。

  チャンドラです。   日本では人口の高齢化が進んでいます。 デービット・アトキンソン氏の「日本人の勝算」によると、2025年には65歳以上の人口が全体の30%を超えると予想され …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ