資産運用 金融工学

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

投稿日:




 

人が株式投資をする目的は、何と言っても資産を増やすためでしょう。

ここで一歩踏み込んで「資産をどのように増やしたいか?」と問えば、「資産を2倍や3倍に増やしたい」というよりも「資産を増やしたいが元本割れは絶対に嫌だ」と考える人のほうが多いと思います。

私自身もインデックス投資をしていますが、資産を増やしたいのは当然としても、それ以上に元本割れだけは絶対に避けたいと思っています。理由は簡単で、長期国債買っておけば微々たるものとはいえ資産を確実に増やせるのに、わざわざリスク取って株式投資して元本割れしたら何のためにリスク取ってるんだ、と感じるからです。言い換えると、元本割れしてなければ損してないわけだし、まあいいかと諦めもつく。

株式投資では、投資対象のリターンの他にリスクも考慮に入れます。リスクとはその投資対象の株価のばらつきを意味するので、リスクが大きいほど株価の動きが大きく、逆に小さいほど株価が安定している。

では、この「リスク」と「元本割れ確率」はどう関係するのか?リスクが大きければ株価のばらつきが大きいので元本割れ確率が大きいことは感覚的に分かるでしょう。逆もまたしかり。

金融工学では、ある投資対象のリスクとリターンが分かれば元本割れ確率を計算することができます。だから、何よりも元本割れを嫌う投資家はリスクの大小に着目するよりも、元本割れ確率を計算してその確率を受け入れることができるかを検討したほうがいいと思っています。

何故ならばそっちの方が「リスクが大きいから元本割れしやすそう」とフワフワした議論をするよりもストレートなアプローチだからです。では、一例を挙げてみましょう。

 

Sponsored Link



 

私は米国S&P500に連動するインデックス・ファンドに投資しているので、S&P500の元本割れ確率を計算してみます。S&P500の過去の実績からリスク20%、リターン7%として計算します。株価はこの記事で解説している株価モデルに従うと仮定します。

このモデルを使用すると株価は対数正規分布に従うことが分かります。この分布は時間が経過するほど形状が変わっていきます。

では元本割れ確率はどのように計算するか?元本割れ確率を計算するには、このグラフのリターンが1.0倍よりも小さい領域の面積を求めればよいのです。初年度に一括投資するとして各年度に元本割れする確率を示したのが下のグラフです。

リスク:20% リターン:7%

元本割れ確率は時間と共に下がることが分かります。この理由は時間と共に株価の分布の高リターンを得る確率(グラフの右の裾)が立ち上がってくるために、リターンがプラスになる確率(つまり元本割れしない確率)が大きくなるためです。そして20年後の元本割れ確率は13%となることが分かります。

では仮にリスクが半分の10%になるとどうなるか?それを示したのが下のグラフです。比較のために縦軸のスケールをリスク20%のグラフと統一しています。

リスク:10% リターン:7%

このとき20年後の元本割れ確率は0.18%まで下がることが分かります。元本割れ確率が異常に小さいですが、これはリターンを7%のまま維持したために、リスクに対するリターンが大きいからです。リターンをリスクで割った値はシャープレシオと呼びますが、シャープレシオが大きいと元本割れリスクが小さくなると言えます。

 

Sponsored Link



 

というわけでまとめると:

(1) 元本割れリスクは時間経過とともに下がる

(2) 米国S&P500一括投資の20年後元本割れリスクは13%

(3) シャープレシオが大きいと元本割れリスクは下がる

人間が「得する」よりも「損しないこと」を重視する傾向は、損失回避の法則と呼ばれます。損しないことを重視するのであれば「リスク」ではなく「元本割れ確率」に注目すべきなんです。

S&P500のリスクが20%と言われたってピンとこないでしょう。その代わりに「20年後の元本割れ確率が13%」と言い換えるとイメージしやすくなります。

そして13%を受け入れることができるのであれば、S&P500に投資すればいい。受け入れられないのであれば、よりシャープレシオが小さい金融商品を探せばいい。元本割れ確率は意思決定を容易にする指標なんです。

 

関連記事:

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

株価はどう動くか?現代ポートフォリオ理論の考え方を分かりやすく説明します

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【金融リテラシー】利率と利回りの違いを理解しよう!

  チャンドラです。   「利率」と「利回り」は意味が違います。 「利率」は「表面利率」ともよばれ、額面金額に対して毎年受け取る利子の割合の事です。 「利回り」は投資金額に対する利 …

株価暴落でもドルコスト平均法で投資継続。そして夜は爆睡 ww

  米国S&P500指数は2,200ポイントと2,600の間をダラダラ行ったり来たり。失業保険申請数が過去最高を記録したことから2番底が来るとか来ないとか言われています。 突然の暴落 …

まわりにインデックス投資してる人が全然いない・・・

  チャンドラです。   私の職場の度人間に何か資産運用をしているか聞いてみたところ、 何も投資していない人が50% 個別株に投資している人が30% マンション買って家賃収入を得て …

2050年の世界主要国GDP | 勃興する新興国と落ちぶれる日本

  チャンドラです。   国際的なコンサルティング会社PwCが2050年の世界主要国GDP予想を発表しています。 そこでは世界の経済力が新興国にシフトしていくと述べられています。 …

リスク (神々への反逆)ピーター・バーンスタインの書評。リスクマネジメントの歴史を理解できる良書。

  過去記事からの引用: インデックス投資を開始して2年半近くが経過しました。 投資を始めた当初は、投資関連の書籍やニュース記事を読むことで経済や金融に詳しくなることを資産運用の副次的な効果 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ