資産運用

レバレッジ投資は金持ちがより金持ちになるための投資法

投稿日:2024年2月15日 更新日:




 

S&P500にレバレッジをかける投資方法は、過去記事でも色々考察してきました。簡単にまとめると、

・レバレッジを大きくかけるほどリターンの確率分布が大きく広がるので、将来超高リターンを得る確率が(レバなしに比べて)高まる。

・レバレッジをかけるほど元本割れ確率も高まる。

・リスク20%・リターン7倍と仮定すれば、リターンの中央値を最大化するレバレッジ比率は1.75倍。これはライフサイクル投資術が推奨するレバ2倍と近い。

過去記事リンク:

レバレッジはリターンの中央値を下げる。

S&P500に3倍レバレッジをかけて中央値が下がることが問題なのか?を定量的に説明する。

「ライフサイクル投資術」が名著だと考える理由は斬新さ。

 

過去記事のシミュレーションだとS&P500に20年間投資した結果は次の通りでした。

レバなし:元本割れ確率12%、リターンが3倍を超える確率:46%

レバ3倍:元本割れ確率43%、リターンが3倍を超える確率:35%

このようにレバ3倍だと元本割れ確率が50%近くにもなるので、かなりの「賭け」になることが分かります。

では誰がレバレッジの投資に適しているのか?答えは簡単で、すでに多くの資産を保有済みの人がレバレッジ投資に向いているのです。

理屈は簡単で、レバレッジ3倍のSPXLに1,000万円投資して仮に元本割れしたとしても、他で1億の無リスク資産を持っていたり、高年収で毎年2,000万円を会社から受け取っていれば、大して大ダメージを被ることはないでしょう。

すでに多くの資産を持っているからこそ、レバレッジ3倍(場合によってはそれ以上)に挑戦して、低確率で発生する超高リターンを追い求めることができるわけです。簡単に言えば、金持ちはリスクを取りやすいってことです。

もし、低確率で発生する超高リターンを手にできれば、より資産が増えます。すると、レバレッジはおろかレバなしインデックスファンドにすら投資していない人との間には、資産に大きな差が生まれます。

 

関連記事:

S&P500に3倍レバレッジをかけて中央値が下がることが問題なのか?を定量的に説明する。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:

関連記事

株式に債券を混ぜて投資する具体的な方法

  S&P500やオルカンだけに投資する方法は楽チンですが、これだとリスクが高くて危ないという考え方もあります。ではリスクを下げるために債券をどう混ぜればよいのか? 私の考えはGPI …

投資せず家を買う vs 賃貸暮らし+積み立て投資

  「持ち家」vs「賃貸」は比較され尽くしていると思いますが、ここではより毎月の出費が低いと思われる賃貸派が余った金で資産運用(インデックス投資)するケースを考えてみます。言い換えると、「持 …

効率的ポートフォリオは分散を最小化してリターンを最大化する。

  「リスク 神々への反逆」からの引用。 「ポートフォリオ選択」におけるマーコビッツの目的は、「期待収益率を望ましいものと考えると同時に、収益の分散を望ましくないものと考える」ような投資家の …

【公開】米国株と全世界株両方に6年間つみたて投資した結果

  私はS&P500インデックスと全世界株式インデックスの両方につみたて投資しています。2018年以降、毎週定額を積み立てています。 将来どちらの方が高いリターンとなるか決めきれなか …

資産いくらまで増えたら追加投資をやめるか?

  どうして銀行預金せずに株や投資信託に投資するかというと、資産を増やしたいからです。なぜ資産を増やしたいのかというと、資産が多いほど使える金が多いからです。当たり前ですね。 私の保有資産の …

都内在住の30代サラリーマンです。資産の95%をインデックス投資で運用しています。2024年3月に資産1億円を超えました。

このブログではインデックス投資の利点、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

趣味はミニベロ

お問い合わせは:こちら

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ