資産運用

S&P500指数をどうやって予測するか? (理論株価と配当割引モデル)

投稿日:




 

「来年のS&P500指数は5,000だ!」というアナリスト予想を見ますが、そもそもどうやって予測しているのでしょうか?

指数の予測値が、私が絶賛実行中の「指数連動インデックスファンドつみたて投資」に影響することはありません。理由は「下がったタイミングで指数を買う」法を取っても定額つみたてと結果は大きく変わらないからです。参考:過去記事

とはいえ、株価をどうやって予想しているのか知っておくのは有益なので、いくつかのネット記事を参照しながら見ていきます。

株式の理論価格は以下の式から計算できます。故・山崎元氏のトウシル記事から引用。

・式は配当割引モデル (Devidend Discount Model) (理論価格はその株を持ち続けた場合に将来支払われる配当の現在価値の合計値とする考え方)に基づきます。

・”E”は1株当たりの利益、EPS (Earnings Per Ratio)。

r= (期待インフレ率)+(実質金利)+(リスクプレミアム)。合理的な投資家は、実質金利 (米国10年債利回り)に期待インフレ率とリスクプレミアムを足した割引率を期待すると考えられます。リスクプレミアムは、「リスクフリーの10年債よりもリスク有の株を選ぶことで得られる対価」と考えればよい。

g=(期待インフレ率)+(実質GDP成長率)、つまり名目GDP成長率です。(※DDM式の”g”は正確には配当額の成長率ですが、株価指数を計算する際は、名目GDP成長率を簡便的に使うのが一般的なようです。

すると、指数の理論値を計算するために必要なのは、

・EPS

・米国10年債利回り

・リスクプレミアム

・実質成長率

BlackstoneはEPS米国10年債から指数の理論値を読み取れる表を提供しています。(2023年7月時点)

引用:Blackstone

※表を使う際に「リスクプレミアム」と「実質成長率」を用意する必要はなし。表の下のNoteによると、名目成長率を4%、リスクプレミアムはこの表作成時点での「S&P500株式益利回り」 (1/PER)と「10年国債利回り」の差を使用していると読める。

 

試しに2024年末の「予想EPS」と「予想米国10年債利回り」をこの表に当てはめて指数を予想してみます。

予想EPS: 244 USD (Source: FactSet)

予想米国10年債利回り: 3.98% (Source: Bloomberg)

表から読み取った値:4,555~4,845ポイント。この記事を書いている現時点で4,697ポイントなので、ほぼ横ばいとなる結果です。

正確な数値予想はこの記事の趣旨ではないので、色々な経済指標で理論株価がどう決まるかを、もういちど式を眺めながら締めくくります。

・EPSが上がれば株価も上がる

・インフレ率は影響ない (rとgで相殺されるため)

・実質金利の増加率が実質GDP成長率を上回れば、株価は下がる

・実質金利の増加率が実質GDP成長率を下回れば、株価は上がる

 

割引配当モデルの分かりやすい説明は総裁の本 (第9章)を参照。

他の記事:

逆イールドと景気後退とS&P500指数

「下がったら買う」は意味あるか?を定量的に検証する。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:

関連記事

「ライフサイクル投資術」が名著だと考える理由は斬新さ。

  「ウォール街のランダムウォーカー」や「投資の大原則」は投資本のなかでも名著ですが、私は「ライフサイクル投資術」も名著に挙げたい。 その理由は「考え方が斬新」だからです。ウォール街のランダ …

積立投資は「投資金額の時間発展の総和」と捉えると分かりやすい。

  一括投資と積立投資の違いは何か? 前者は手持ちの資金を初年度に一括で投資すること。後者は手持ちの資金を数回に分けて投資することです。これだけ読んでもふ~んとしか思いません。では図示してみ …

「サラリーマンは年金を10年受給すれば元が取れる」は本当か?

  NISAや確定拠出年金でシコシコ積み立てて老後の準備するのもいいですが、そもそも年金いくらもらえるのか?が気になります。 30年後の年金制度がどうなってるのかは予想できませんが、そもそも …

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

  私が現代ポートフォリオ理論に興味を持ったのがインデックス投資を始めてしばらくしてからです。 インデックス投資を始める前に読んだいくつかの書籍には、「インデックス投資が最も効率的な投資であ …

S&P500 VIXと超短金利差の関係性からみる米国景気のサイクル

  CMBの記事によると、過去30年間、S&P500 VIXと超短金利差の関係性に3度のサイクルが見られます。このサイクルは表現の仕方がユニークで面白いので、備忘録として記事にします …

 

都内在住JTC勤務の30代サラリーマンです。全資産の95%をインデックス投資で運用しています。2024年3月に1億円を突破。世界経済の継続的成長を願いS&P500とオルカンで運用中。NISAとiDeCoをフル活用。

お問い合わせは:こちら

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ