資産運用 金融工学

資産いくらまで増えたら追加投資をやめるか?

投稿日:




 

どうして銀行預金せずに株や投資信託に投資するかというと、資産を増やしたいからです。なぜ資産を増やしたいのかというと、資産が多いほど使える金が多いからです。当たり前ですね。

私の保有資産の95%はリスク資産ですが、いつかは追加投資はやめたいと思っています。リスク資産を増やし続けると資産が増える可能性は高まる一方で、減る可能性もあります。リスク資産が増えるほど減る額の絶対値も大きくなるので「精神的に耐えられるのか?というかこれ以上リスク資産持つ必要はないのでは?」と考えるからです。

では、資産がいくらになるまで投資を続けるのか?という問いにはどう答えるか?この問いを言い換えると、リスク資産の評価額が××円を●●年間取り崩して生活して破産(=資産がマイナスになる)確率を計算して、その確率が許容できるときのxxを計算すればよいです。

似たような計算は過去の記事でやったので引用。

この計算はS&P500 (リスク7%、リターン20%)を保有して取り崩した際に、40年後または50年後に破産する確率を示しています。

次のように仮定します。

・今S&P500連動ファンドを6000万円保有している。

・今後追加投資しない。

・ファンドを毎年200万円分売って崩していく。

・残りの生活費は給与収入でカバーする。

この場合、40年後に資産がゼロ未満になる確率は23%です。これが高すぎると考えるなら、生活費を減らす必要があります。

もしも生活費が減らせないなら、リスク資産を増やすべきです。仮にリスク資産が1億円なら資産ゼロ未満になる確率は10%以下です。

私の感覚ではリスク資産1億円あれば、よっぽど散在したり特殊な病気をしない限り経済的な不安はないと思います。

ただし仕事をやめてFIREするなら話は別です。毎年300万円崩すと40年後に破産する確率は20%もあるし、おそらくヒマになって出費も増えるでしょう。

 

参考記事:

資産1億円でFIREしても年2%物価上昇で破産する確率は50%超える (S&P500投資の場合)

S&P500投資でFIREするのにいくら必要かを破産確率で明らかにする。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:

関連記事

東京都民(勤労世帯)の収入は850万円、支出は430万円

  都内住み勤労世帯の収入と支出を調べてみました。 データは東京都が発行している月報「都民の暮らしむき」で入手できます。直近のデータによると: 実収入:8,523,488 可処分所得:6,8 …

住宅ローンを借りながら資産運用できるか?

  家を買うときに住宅ローンを借りることが多いと思います。給与収入はなるべく繰り上げ返済のために回してローン残高を減らす方に使った方がいいですが、そうせずにあえてインデックス投資などの投資信 …

資産運用で何に投資するかはIRR(内部収益率)を比較して決めるのが基本です

  十分な資金が手元にあって何か投資をしたいとき、何に投資をするべきか?それをどのように意思決定するべきか? 例えばある企業が太陽光発電事業に参入するとして2つのケースから選ぶ必要があるとし …

ポートフォリオ最適化。マートン問題を数式なしで解説する。

  前回の続きです。 「ライフサイクル投資術」の計算ステップを書き換えてみると、 (1) 下のグラフからRRA (相対的リスク回避度)を求め、 (2) リスク資産のリスク・リターンから最適レ …

効率的ポートフォリオは分散を最小化してリターンを最大化する。

  「リスク 神々への反逆」からの引用。 「ポートフォリオ選択」におけるマーコビッツの目的は、「期待収益率を望ましいものと考えると同時に、収益の分散を望ましくないものと考える」ような投資家の …

 

都内在住JTC勤務の30代サラリーマンです。全資産の95%をインデックス投資で運用しています。2024年3月に1億円を突破。世界経済の継続的成長を願いS&P500とオルカンで運用中。NISAとiDeCoをフル活用。

お問い合わせは:こちら

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ