金融工学

リスク資産の最適な割合を計算するためのサミュエルソンの割合。

投稿日:




 

前回の続きです。

株などのリスク資産を持っているとき、自分のポートフォリオ全体でリスク資産を何%にすべきか?

そう問われれば「自分のリスク許容度に見合った割合にすべき」というのが教科書的な回答。ではその割合を計算する方法は?

私が投資関連でとてもユニークだと思っている「ライフサイクル投資術」という本には、リスク許容度の計算方法としてサミュエルソンの割合が紹介されています。

サミュエルソンの割合の計算方法は次の通り:

(1) 相対的リスク回避度 (RRA)を求める。

(2) RRAを公式に代入してサミュエルソン割合を求める。

例えば、私が収入の20%をリスクに晒してもいい、つまり最悪のケースでゼロになってもよいと考えるなら、RRAは3.76です。

 

(1)まで説明したので、今日は(2)から。

 

Sponsored Link



 

(2) RRAを公式に代入してサミュエルソン割合を求める。

RRAを求めたら下の公式に代入します。

サム割合 = リターン / (リスクの2乗x RRA)

私が収入の20%をリスクに晒してもよいと考える場合、RRAは3.76でした。

ここでS&P500に投資する場合、720の法則に従うと、リターン=7%、リスク=20%。これらを公式に代入すると、

サム割合 = 1.75/RRA = 0.46

 

つまり、ポートフォリオのうち46%をS&P500に投資し、残りの54%を現金にすればよいことが分かります。

ちなみに、他のケースのサム割合を計算してみると、

30%をリスクに晒せる:79%

40%をリスクに晒せる:125%

50%をリスクに晒せる:175%

(100%を超える = レバレッジをかけること)

これで、最適なリスク資産の割合を計算することが出来ました。

 

再掲すると:

(1) 相対的リスク回避度 (RRA)を求める。

(2) RRAを公式に代入してサミュエルソン割合を求める。

(3) サミュエルソン割合をリスク資産の割合とする。

 

でも、こんなことはライフサイクル投資術をよめばわかることであって、目新しさはありません。面白いのはここから。

私が初めてライフサイクル投資術を読んだとき、サミュエルソン割合の式はなんでこんな形をするのか疑問に思っていました。

サム割合 = リターン / (リスクの2乗x RRA)

この式・・・どこかで見たことがあるな ww

そう、あの式です。ひんとはこれ

続きは次回。

 

「ライフサイクル投資術」は私が推すユニークな本。私はレバレッジには消極的ですが、それでもこの本は良い本。

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

TECLとTQQQのレバレッジ3倍は高すぎるのか?最適レバと比較すると全然高くなかった。

  前回の記事ではS&P500の最適レバレッジが1.75倍であることを紹介しました。ポイントだけ再掲します。 (1) ポートフォリオにレバレッジをかけるとリスクとリターンが高くなる。 …

S&P500の積立投資でリターンの確率分布をどう計算するか?

  過去記事でS&P500のリターンの確率分布をグラフ化したものを紹介しました。 S&P500指数がリスク20%・リターン7%の幾何ブラウン運動に従うと仮定、その際のリターンの確率分 …

オールウェザー・ポートフォリオはレバレッジ3倍でも十分安全か?

  前の記事でレイ・ダリオ氏のオールウェザー・ポートフォリオを紹介しました。簡単におさらい。 このポートフォリオは資産を下のように分散せています。資産価格は4つの「季節」で異なる動きをするの …

株価はどう動くか?幾何ブラウン運動の株価変動モデルを説明します。

  株価はランダムな動きをすると仮定して構築されたのが現代ポートフォリオ理論。難しそうな微分積分の式を見れば怖気づきますがミソだけ押さえれば理解するのはさほど難しくありません。 株価が「ある …

myINDEXで見る効率的フロンティア曲線

  現代ポートフォリオ理論では効率的フロンティアという考え方があります。 効率的フロンティアとは、色んなリスク資産を組み合わせてポートフォリオを作ったときに、あるリスクに対して最大のリターン …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ