資産運用

雑な関西人がS&P500秘密の法則(720の法則)を説明するで ww

投稿日:




 

まいど!社畜やで ww

ワシ、今週おもろいとこ行ってきてん。そこはな、あるビルの中の一室やねんけど、扉を開けるとワイシャツ着たオッサンが100人くらい机に座ってパソコンをカタカタ触ってるねん。

そんで窓際の偉そうなオッサンが若い韓流スターみたいなイケメンの子に「おい、●●君、あの案件どないなってるんや?報告せんかいな。」と言ったんでイケメンが、「あ・・・その件は・・・えっと・・・まだ取引先から返事がなくて進展がなくて・・・」って小声で言うから、

オッサンが「おまえはアホか!返事の期限は今日までやろが!返事待たんと自分から取りに行かんかい!ド素人がッ!」って怒鳴り散らすんでイケメンが泣きそうになっとってん。ホンマ怖かったで。

って、それおまえの会社やん!って。全然おもろいとこちゃうやん!って突っ込んで欲しかってん。はい、おしまい。

 

本題に入るで。みんなS&P500の720の法則って知ってる?72の法則は有名やけどアレとは違うで。ゼロが一個多いねん。たぶんみんな知らんと思うわ。ググっても無駄やで。だって、オッチャンが作った法則やから ww

720が何を意味するかというとS&P500の年平均リターンが7%、リスクが20%ってことやねん。詳細は割愛や。過去記事に理由を書いてるから興味あったら見たってや。

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

 

Sponsored Link



 

ワシは何かに投資するときにこの720の法則を適用するようにしてるわ。具体的に言おか。

株とか不動産とかFXとかあるけど、リターン7%、リスク20%のS&P500に比べてより低いリスクで高いリターンなら投資してもええけど、そうでないなら原則手を出さんってことや。

例えば不動産投資。過去記事にも書いたけど余りにも勧誘の電話がウザすぎて困っとってん。

そんである日ワシ聞いたってん。利回りどれくらいでんの?って。ほしたら業者のオッサンは3~5%っていうねん。

アホ抜かせと。3~5%ってインデックス以下やん。しかも言ってはないけどそこから手数料とかバンバンとるやろ?そしたら実際の利回りは1%は減るやろ。全然割に合わへん。

あとはリスクや。不動産投資のリスクって数値化するのはごっつ難しいと思うねん。物件価格下落とか空室率とか予想つかへんやん。常識ないメチャクチャやらかすやつが入居するかもしらへんしな。

それでも「いやいや、我々はこの地域に関してはスペシャリストで将来の物件価格とか空室率はこんな風に計算できます。色んなデータもってます。分析した結果リターンは正規分布になります。利回りは8%、リスクは15%と見込めます。だからS&P500より優れていると自信を持って言えます。」と業者が言うなら考えるわ。

「おおー。兄ちゃん、やるやん。段取りええやん。ホレてまうやん。」と。でもな、そこまで出来る業者は見たことないわ。たぶん無理ちゃう?

 

Sponsored Link



 

こうやって、オッチャンは投資の意思決定に720の法則を使うねん。オッチャンなりの意思決定の基準やわ。720よりも優れてんのか?優れてないんか?どっちや?ハッキリせんかい、ちゅうことや。シンプルやろ?

これはインフルエンザーに入れ知恵したら流行るんちゃうか?インフルエンザーは影響力あるからな。それを言うならインフルエンサーやろ!病原菌まき散らしてどないすんねん!って。また自分で突っ込んどくわ。

720。今日はこの数字だけ覚えたってや!ほな、またね。

 

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

同僚の不動産投資のIRRを計算したら低すぎてビビった。 IRRが7%切るならやらないな ww

マンション投資の電話勧誘がウザすぎる(怒)

雑な関西人がインデックス投資を熱く語るで ww

「証券投資の思想革命」「航路を守れ」。金融の歴史を知るええ本やで。読んでみてや!

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


  1. アバター ひろ より:

    寒すぎます。。。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックスファンド積立を継続するコツ。受動的な姿勢より積極的に学ぶ方がいいと思うが。

  トウシルの記事からの引用。 今こそ確認したい、インデックスファンドとうまく付き合うコツ 投資初心者にもおすすめとされるつみたてNISAで、インデックスファンドの選択肢が多いのは、ファンド …

【教養】【現代ポートフォリオ理論】「分散投資でリスクを下げる」の本質

  「卵を1つの籠に盛るな」というのは投資の格言。投資する際に複数の銘柄に投資することでリスクを下げることを意味しています。 ただし卵を複数の籠に持っただけではリスクを下げることはできません …

「アナリストの予想はあてにならん」と言いながら実は一喜一憂するのはダサい

  「アナリストの株価予想なんて当てにならない。」と豪語する人は多いです。 私も同感です。アナリストの株価予想がそんなに当たるなら、アナリストは自分の予想通りに株を売買して儲けるんだからアナ …

【本気で薦める】インデックス投資の本はこれだけ読んでおけ ww

  Amazonで「インデックス投資 本」と検索すると、たくさんの本が出てきます。 タイトルに「インデックス投資」と入っているものでも30冊近くあるし、タイトルに書いていなくても中を見れば内 …

2019年10月の資産公開 | 2771万円(67万円増加)

  チャンドラです。   2019年10月の資産運用状況を公開します。 合計資産は27,707,822円で前月より67万円増加しました。   総資産の推移: 2019年8 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ