金融工学

自分のリスク許容度を知るための相対的リスク回避度の計算方法。

投稿日:2021年8月3日 更新日:




 

株などのリスク資産を持っているとき、自分のポートフォリオ全体でリスク資産を何%にすべきか?

そう問われれば「自分のリスク許容度に見合った割合にすべき」というのが教科書的な回答。ではその割合を計算する方法は?

私が投資関連でとてもユニークだと思っている「ライフサイクル投資術」という本には、リスク許容度の計算方法としてサミュエルソンの割合が紹介されています。

サミュエルソンの割合の計算方法は次の通り:

(1) 相対的リスク回避度 (RRA)を求める。

(2) RRAを公式に代入してサミュエルソン割合を求める。

 

(1)と(2)を簡単に説明していきますが、実は(2)のところでレバレッジに関連する面白いことが分かります。それは後続の記事で紹介します。

 

Sponsored Link



 

(1) 相対的リスク回避度 (RRA)を求める。

RRA (Relative Risk Aversion)は以下のグラフに従って計算できます。

例えば、私が収入の20%をリスクに晒してもいい、つまり最悪のケースでゼロになってもよいと考えるなら、RRAは3.76です。

ちなみに、他のケースのRRAを計算してみると、

30%をリスクに晒せる:RRA=2.2

40%をリスクに晒せる:RRA=1.2

50%をリスクに晒せる:RRA=1.0

(グラフ上で読み取ったので少し誤差あるかも)

このRRAを公式に代入すればサミュエルソンの割合を計算できます。

続きは次の記事で。

 

※ところで初めて「ライフサイクル投資術」をよんだとき、このRRAのグラフはどこから出てきたんだ?と思いました。これは「効用関数」を用いて計算できます。

RRAと効用関数の関係は後日紹介します。

 

参考:

「ライフサイクル投資術」は私が推すユニークな本。私はレバレッジには消極的ですが、それでもこの本は良い本。

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

リターン中央値を最大化する最適レバレッジ比率の効果を幾何ブラウン運動で説明する。

    前回の記事「なぜレバレッジをかけて高リターンを得るのは運ゲーなのかを幾何ブラウン運動で説明する。」では、レバレッジについて以下のように説明しました。 (1) 株価が幾何ブラ …

「インデックス投資が最適な投資法」はなぜ胡散臭く聞こえるのか?

  「インデックス投資は最適な投資法」というのは金融系の本なり雑誌なりを開けばよく書いてある文言です。 「その通り!」という人もいれば「他にもっといい方法がある!」という考え方もあります。 …

一括投資か積立投資か?ほとんどの人にとっては積立投資だと答えは出ていると思う理由。

  前回の記事でS&P500の一括投資と積立投資を比較しました。再掲。 20年後の平均リターン・リスク比較: 一括投資:平均リターン 306%  元本割れ確率 13% 積立投資:平均 …

【ポートフォリオ最適化】マートン問題を数式なしで解説する。

  前回の続きです。 「ライフサイクル投資術」の計算ステップを書き換えてみると、 (1) 下のグラフからRRA (相対的リスク回避度)を求め、 (2) リスク資産のリスク・リターンから最適レ …

「未来は予測できない」と諦めず科学的にアプローチすることが道を切り開く。

  未来に起きる出来事なんて予測できないと多くの人は言います。 世の中で数えきれないほど多くの人や物が互いに影響し合っているので、そんな影響の結果として発生するイベントは予測できないというの …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ