資産運用 金融工学

何回も言いますが高配当株かグロース株どちらに投資するかはIRRを比較して下さい

投稿日:2020年10月17日 更新日:




 

読者様から質問を頂きました。どうもありがとうございます。

高配当銘柄に投資するか成長が見込めるグロース株に投資するか、どちらが大きなリターンを得ることができるとお考えでしょうか?理由も教えてください。

それでは回答させて頂きます。答えは簡単です。

前の記事にも書いていますが、投資の優劣を比較できるIRR (Internal Rate of Return: 内部収益率)を計算しましょう、ということです。そして高配当投資は配当への課税が致命的なので私ならやらない、というのがご質問への回答です。

IRRとは要するに「利回り」です。IRRは「何に投資するべきか」を判断するための有効な指標です。投資対象が株であれ太陽光発電であれ鉱山開発であれ、IRRは計算できます。

キャッシュフローをもとに計算する手法なので税金分のちゃんと考えて計算できます。だからIRRで投資方法を比較するのはとてもフェアだと言えます。

 

Sponsored Link



 

IRRを計算するには各年度のキャッシュフローを書き出す必要があります。エクセルの表だと分かりにくいの図示すると分かりやすい。

下の図は配当率5%の高配当銘柄に1000万円投資して毎年配当を受け取るケースを考えます。株価は一定で10年後に配当を受け取った後に株を全て売却するとします。配当と売却益には20%課税されるとします。

このIRRを計算すると2.2%であることが分かりました。

次にグロース株に投資することを考えます。配当はゼロで年間5%で成長すると仮定します。初年度に1000万円投資して10年後に全て売却します。売却益には20%課税されます。

このIRRを計算すると2.7%であることが分かりました。

これはあくまで一例ですが、何が分かったかというと、

配当率5%の高配当銘柄は年成長率5%の成長銘柄よりもIRRが低いということです。なぜなら配当にかかる課税のためにIRRが押し下げられるからです。

高配当銘柄は「減配リスク」と「株価が下がる」という2つのリスクがあります。この場合、IRRはさらに下がります。

成長銘柄も「株価が下がる」リスクがありますが減配リスクはありません。だからリスク項目数で単純比較すれば、成長銘柄は高配当銘柄よりもリスクが少ないと言えます。

上の挙げた例では年成長率5%と控えめにしましたが、S&P500ですら7%程度の成長率なので成長株の成長率をもっと高めに見積もってもいいかもしれません。仮に成長率10%するとIRRは7.6%です。株価の上がらない高配当銘柄の2.7%と比較しても差は歴然だといえます。

高成長株の極端な例はAmazon株ですと、2010年~2020年の年成長率は34%でした。このときIRRは31%にもなります。

 

Sponsored Link



というわけでまとめです。

大事なことを繰り返しますが、高配当株とグロース株どちらに投資するか迷っているならそれぞれのIRRを計算して比較してください。

そのときに必要なのは、配当率と年成長率を仮定してみることです。「高配当」というからには5%程度を想定すればいいと思います。そして「グロース」というからにはS&P500相当かそれ以上の年成長率を仮定してみればいいのです。

仮定する数値の妥当性は大事ですが、とにかく自分で手を動かしてIRRを計算してみようと私は言いたいのです。モデル立ててエクセルに数字を打ち込めば10分でできる作業ですからね。

もしも年成長率10%のグロースを候補として考えているのであれば、迷う間もなく高配当ではなくグロースでしょう。IRRが7.6%を超えるほどの配当率を出せる企業はもはや存在しないからです。

ところで、ここまでの議論で一つだけ意図的に省いていた項目があります。それは株価変動リスク (ばらつき)です。IRRの計算には配当と売却益しか考慮していません。リスクが抜け落ちているというわけです。

だから厳密にいうと、投資対象の選択においてはIRRとリスクの両方を考慮するべきでしょう。つまり、IRRが大きい方を選んでそのリスクが自分のリスク許容度に納まる範囲なのかを確認する。納まっていればその投資法を選べばよいと結論できます。

 

関連記事:

高配当 vs グロース vs インデックスのIRR比較した記事です。

【便利】IRRで投資の意思決定【ファイナンスの基礎】

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米中貿易戦争が私のポートフォリオに与える影響は??

  チャンドラです。   米中貿易戦争が激化しています。 アメリカ政府は今年(2019年)5月10日に、中国から輸入する2000億ドル相当の輸入品に対する関税を10%から25%に引 …

1年間で最も読まれた記事は金融工学系シリーズ

  昨年は少し趣向を変えて金融工学に関する記事をポツポツ書き出しました。 私が投資している米国S&P500の将来のリターンを金融工学の価格変動モデルを使って予測してみたいというのが動 …

高齢化が進むほど若者が損する社会になる!若いうちから資産形成すべき。

  チャンドラです。   日本では人口の高齢化が進んでいます。 デービット・アトキンソン氏の「日本人の勝算」によると、2025年には65歳以上の人口が全体の30%を超えると予想され …

楽天・全米株式インデックスの損益 | 2019年10月末

  チャンドラです。   私はつみたてNISAで楽天・全米株式インデックスに投資しています。 今月の損益は次の通りでした。   積立額:266,656円 評価額:279, …

なぜ減るんだよ ww | 運用成績 | 2020年8月第4週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:13万円 積立総額:2,649万円 評価額:2,983万円 先週の損益:+363万円(+12.1%) 今週の損 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ