金融工学

リターン中央値を最大化する最適レバレッジ比率の効果を幾何ブラウン運動で説明する。

投稿日:

 




 

前回の記事「なぜレバレッジをかけて高リターンを得るのは運ゲーなのかを幾何ブラウン運動で説明する。」では、レバレッジについて以下のように説明しました。

(1) 株価が幾何ブラウン運動に従うとき、下の確率微分方程式で記述できる。

(2) 確率微分方程式を解いたのが下の式。

(3) 右辺が大きいほどトータルリターンが大きくなる。そこで右辺を下のように書き換えてみる。

(4) レバレッジをかけるほど第一項がおおきくなるのですが、第二項はレバレッジに2乗がかかっているのでマイナス効果が大きい。そのため、第一項のプラス効果は大して大きな効果を発揮せず、高リターンは第三項のランダム項の寄与が相対的に大きくなる。(つまり運ゲー要素が大きくなる)

以上が、前回の記事の要約です。

ではターンの中央値を最大化する最適レバレッジ比率とするとどうなるか?

 

Sponsored Link



 

上の式をさらに書き換えてみます。

最適レバレッジの値はμ/σ2でした。この値をLoと呼び、Lに代入してみます。すると第一項が消えて次のように書き換えられます。

ここで重要なことはマイナスの項が消えた点です。つまりトータルリターンの足を引っ張る項が消えた。

リターンはどう表現できるのかを図示したのが下の図。

足を引っ張るマイナス項が消えたので、リターンは常に正の項とランダム項の和だけで表されることが分かりました。

 

Sponsored Link



 

最適レバレッジ比をかければリターンの中央値を最大化できる、というのは確率微分方程式を解いて数式で表現すれば分かるのですが、数式はともかく「なぜそうなるか?」を直観的に理解することは難しく感じていました。

そこであえて基礎に立ち返ってときほぐしてみたわけですが、最適レバ比で中央値を最大化できる理由は、「レバレッジをうまく調整することで、リターンを引き下げるマイナス項を消滅させることができるから」というのが答えだと思います。

当然レバレッジ比率を中央値より大きくしていくと、マイナス項の効果が顕著になります。その結果、第一項のプラス項の効果が打ち消されます。

そうすると、第三項のランダム項の効果もレバレッジ上げるにつれて高まりますが、高リターンを得るかどうかは運ゲー要素が強いのは前回の記事で説明した通りです。

 

関連記事:

なぜレバレッジをかけて高リターンを得るのは運ゲーなのかを幾何ブラウン運動で説明する。

なぜリスクが大きいとトータルリターンが低下するのか?幾何ブラウン運動で定量的に説明する。

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

【SPXL】S&P500に3倍レバレッジをかけて中央値が下がることが問題なのか?の定量的な説明

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「リスク=損しやすさ」は間違いです。リスクの意味は正規分布で捉えると分かりやすい。

  「その金融商品に投資するのはリスクが大きいのでやめたほうがいい」と聞くと、「この商品は損しやすいのか」と解釈してしまいやすい。しかしながら「リスク=損しやすさ」という考えは正しくありませ …

資産5000万あればインデックスの運用益のみで生活費をまかなえるか。

  過去記事では米国S&P500のリスク・リターンをそれぞれ20%・7%と仮定して色々考察しています。 この値を株価変動モデルに代入すれば将来の平均リターンを推定することができます。 …

なぜ全てのリスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか?その理由と理論的背景。

  数式がたくさん出てきます。興味ない方はトップページにエスケープしてください。   なぜ時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか? これは現代ポートフォリオ理論から導き出され …

【暴落】S&P500投資の資産増加シミュレーションで暴落を取り入れるべきか?

  私はS&P500をリターン7%・リスク20%で色々とシミュレーションしてます。 資産運用シミュレーションでよくある手法は、価格変動を幾何ブラウン運動でモデルして投資期間に対する平 …

投資で過去のリスクとリターンで分析することに批判があるが、そこは割り切るしかないと思う理由

  私は米国S&P500指数に連動するインデックスファンドに投資しています。その理由は過去の実績 (リスク: 20% リターン: 7%)が自分にとってリスク許容度内だし、高リターンだ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ