社畜 資産運用

実は無責任な「リスクを取れ」という言葉。リスクマネジメントを知らずにリスク推奨するなと ww

投稿日:2021年6月22日 更新日:




 

「リスクを取れ」とか「リスクを受け入れろ」とかいう言葉は私から言わせれば無責任。

相手を鼓舞するために言うのは悪いことだとは言わないが、言ってる本人が「リスクに立ち向かうとはどういうことなのか?」を本当に理解しているのか?と言いたくなる。

リスクとは「不確実性」のこと。金融の分野に限れば、リスク資産の価格変動の大きさ(ボラテリティ)のこと。

米国プロジェクトマネジメント協会 (私は会員)が提唱するプロジェクト・マネジメントの知識体系には、リスクマネジメント方法が体系的にまとめられています。プロジェクトとか興味なくても、これはなかなか参考になります。

そこにはリスクの特定方法や対応方法、評価方法がまとめられているのですが、ここで紹介するのは対応方法。

対応方法は4つに分類されます。

 

Sponsored Link



 

【リスク回避】

目標に対するリスクを除去する。例えば自分自身の知識や能力の欠如で目標達成が難しいのであれば、金を払って専門家の助言を得るのは、リスク回避手法の一つ。

【リスク転嫁】

リスクが発生した場合の責任を第三者へ移す。例えば損害保険はリスク転嫁の一つ。自分が他人に怪我させてしまった場合、賠償金支払いを引き受けるのは保険会社です。

【リスク軽減】

リスクの発生確率とリスクが発生した場合のインパクトを受容可能なレベルに抑えること。例えば安物を買って品質悪いものを飼うよりは、ある程度高給で信頼できるメーカーの製品を買えば、ババを引く確率は減らせます。

【リスク受容】

リスクを受け入れて対応策をとらないこと。(ただし適切な対応策が見つからない場合に限る。)

 

冒頭の話に戻ります。人から「リスクを取れ」と言われた場合、ホイホイと「リスク受容」を選んではいけないんです。

リスク受容はあくまで、他の3つの手法に該当する具体的なリスク対策方法が見つからなかったときだけです。

一度聞いてみてもいいかもしれませんね。誰かに「リスク取れ」と言われたら、「回避・転嫁・軽減・受容ってあるけど、ちゃんと考えて喋ってんの?」て ww

リターンを得るにはリスクを取る必要がある。これは同意。

でも、リスクに対する対応はちゃんと体系的な方法があるわけで、それをすっ飛ばして「受容」を選べばほぼ間違いなく撃沈です。

リスクをとってイイのはよぉ〜、やることやってからやでッ!!(ええこと言うた)

 

私の考えでは、投資でインデックス・ファンドを選ぶのは「リスク軽減」。理由はシャープレシオ (リターン/リスク)が最大になるポートフォリオだから。

効率的ポートフォリオは分散を最小化してリターンを最大化する。

私が投資で学んだことは「不確実性への対処方法」。リスク管理は仕事・生活に応用出来て汎用性が高い。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-社畜, 資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

堂々と「NO」と言える男になろうか。

  どういう人間が成功しているのか?という問いに対するウォーレン・バフェット氏が回答している面白い記事があったので引用。 バフェット氏はこんなふうに言ってます。 “The dif …

金融資産に投資するか自分に投資するか?判断基準はこれだ。

山崎元氏の「人生100年時代にFIREしたがる人の根本的な問題点」という記事からの抜粋。 「FIRE」を目指す若者について、少し心配に思うのは、自分の人的資本に対する投資が過小になっていないかというこ …

過去の米国S&P500に毎月5万円投資し続けた場合のリターン

  チャンドラです。   過去の米国S&P500に20年間投資していたらどれだけ利益を出せていたか計算してみました。毎月5万円を投資し続けた場合を考えます。   …

住宅手当があるかないかはメチャクチャ重要。就職時は必ずチェック!

  チャンドラです。   就職時に会社の給与が高いかどうかを見るのは大切ですが、同じくらいに大切なのが福利厚生の充実度です。 福利厚生制度の中でも特に重要なのは住宅手当です。 家賃 …

S&P500暴落の歴史。COVID-19なんてまだまだ甘いな。すぐ回復したし。

  Visualcapitalistからの引用。2020年はCOVID-19でS&P500指数は最大34%暴落しましたが、過去の歴史を見れば34%はまだまだ大したことがないようです。 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ