資産運用

住宅ローンを借りながら資産運用できるか?

投稿日:2024年6月8日 更新日:




 

家を買うときに住宅ローンを借りることが多いと思います。給与収入はなるべく繰り上げ返済のために回してローン残高を減らす方に使った方がいいですが、そうせずにあえてインデックス投資などの投資信託にまわすという選択肢もあります。

収入を繰り上げ返済に回す場合:ローン残高を減らせるが、資産は増えない。

収入を資産運用に回す場合:ローン残高は減らせないが、資産は増える。ただし減るリスクがある。

<前提条件>

・物件を6000万円で購入(価値は毎年1%で下がると仮定)

・住宅ローンの返済期間は35年。固定金利1.8%

・現在の金融資産は預金1000万円

・毎年給与から250万円をローン支払いにまわす。残った分は預金。

<比較>

(A)頭金なし。預金に1000万円残る

(B)頭金に500万円使う。預金に500万円残る

(C)頭金なし。預金に500万円、残り500万円を年利3%の投資信託で運用

<結果>

35年後ローン完済時の資産(物件価格+金融資産)を比較すると

(A) 6,163万円

(B) 6,329万円

(C) 7,086万円

ほぼ予想通りの結果になりましたが簡単にまとめると:

・頭金を多く入れるとローン完済時の総資産は増える。

・頭金の代わりに資産運用にまわすとローン完済時に総資産はさらに増える。

当たり前ですがリスク資産は価格変動するので必ずしも年利3%になるとは限りませんが、35年長期だとS&P500指数は年平均7%。今回やったケーススタディの3%はかなりコンサバと言えます。

 

参考:

投資せず家を買う vs 賃貸暮らし+積み立て投資

資産5000万円でタイに移住すると生きていけるか?

インデックス投資で資産が1億円を超えました。(投資6年目)

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:

関連記事

資産運用で何に投資するかはIRR(内部収益率)を比較して決めるのが基本です

  十分な資金が手元にあって何か投資をしたいとき、何に投資をするべきか?それをどのように意思決定するべきか? 例えばある企業が太陽光発電事業に参入するとして2つのケースから選ぶ必要があるとし …

意思決定理論と不思議なサンクトペテルブルクのパラドックスを説明する。

  意思決定理論のにおける有名な問題の一つに、サンクトペテルブルグのパラドックスがあります。 数学者のダニエル・ベルヌーイがサンクトペテルブルグ科学アカデミーに滞在しているときに発案したので …

レバレッジ3倍SPXLに投資するなら最大5年にするべきだと考える理由。ただし元本割れリスクは高い。

  米国S&P500の最適なレバレッジは1.75倍であることは前回の記事ですでに紹介しました。1.75倍以上のレバレッジをかけると時間とともにリターンの中央値が小さくなるためです。 …

S&P500投資でFIREするのにいくら必要かを破産確率で明らかにする。

  「S&P500に6000万円投資してFIREしたときの破産確率をシミュレーションした。」のシミュレーションで分かった結果は、次の通り。 仮に40歳でFIREするとして、6000万 …

資産5000万円でタイに移住すると生きていけるか?

  将来的には海外に移住したいと考えています。できればタイですね。これまで3回行ったことがありますが、温暖な気候で飯も美味いです。 では移住するにあたってどれくらいの資産が必要なのか? 資産 …

 

都内在住JTC勤務の30代サラリーマンです。全資産の95%をインデックス投資で運用しています。2024年3月に1億円を突破。世界経済の継続的成長を願いS&P500とオルカンで運用中。NISAとiDeCoをフル活用。

お問い合わせは:こちら

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ