資産運用 金融工学

株式に債券を混ぜて投資する具体的な方法

投稿日:




 

S&P500やオルカンだけに投資する方法は楽チンですが、これだとリスクが高くて危ないという考え方もあります。ではリスクを下げるために債券をどう混ぜればよいのか?

私の考えはGPIFのポートフォリオをマネする、です。GPIFのポートフォリオの詳細は過去記事で紹介しました。GPIFポートフォリオの概要は次の通り:

このPFがよいと思う理由:

(1) 全部25%で分かりやすい。

(2) 名目リターンが4%、リスク (標準偏差)が12%。リターンは悪すぎずしかもリスクは抑えられている。

(3) 明確な目標をもとに論理的に設計されている。(具体的には、実質リターン1.7%を満たし、リターンの条件付平均不足率 (=名目賃金上昇率を下回るときの実質的なリターンの期待値)を最小化する)

(4) 年金積立金の運用を担うGPIFが設計したPFなので信頼性が高い。

(5) eMAXIS Slimシリーズなどを使って、個人でも安価かつ容易にPFを組める。

 

実際にS&P500とのリスク・リターンを比較すると:

S&P500: リスク 7%     リターン 20%

GPIF     : リスク 4%     リターン 12%

 

シミュレーションで20年後のリターンの元本割れ確率・リターン平均値・中央値を比較すると、

S&P500:  元本割れ確率 13%   平均値 4.1倍 中央値 2.7倍

GPIF:       元本割れ確率 11%   平均値 2.2倍 中央値 1.9倍

 

GPIFの方が元本割れ確率がわずかに下がります。中央値は大きく負けています。私ならS&P500 orオルカンでいいかな、と思いますが、元本割れを重視するならGPIF PFもよさそう。

 

参考記事:

GPIFの運用収益率だけみても意味がない。GPIFが掲げる「目標」を理解するのが大事。

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由。

S&P500の積立投資でリターンの確率分布をどう計算するか?

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:

関連記事

S&P500つみたて投資は一括投資より元本割れしやすい理由を数字で説明する。

  前回の続きです。 一括投資と比べてつみたて投資って何がありがたいのか?と聞かれれば、リスクを減らせるのがイイ!というのがザックリした(よくある)答えです。 ただし、この点はもう少し深堀す …

WealthNaviはポートフォリオをどのように決めているのか?を説明する。

  過去に「WealthNaviのアルゴリズムを読むべし。現代ポートフォリオ理論に基づいてキッチリ分散。」という記事を書きました。 WealthNaviで運用することの是非はさておき、そのア …

積立投資の意外な盲点。投資期間後半で投資した分は元本割れ確率が高い。

  以前の記事でサラリーマンが株式投資するなら、一括投資よりも積立投資にならざるを得ないという話をしました。理由は簡単で会社から受け取る給料の中から投資資金を捻出するのだから、毎月数万円、ま …

投資を始める前に読む本が違っていたら資産1億円は無理だった。

  何か新しいことを始めるには「計画」が重要です。資産形成にも当てはまります。 どの銘柄・ファンドに、何円、どのタイミングで投資・売却するか?これを決める行為が「計画」です。 計画するには、 …

積立投資は「投資金額の時間発展の総和」と捉えると分かりやすい。

  一括投資と積立投資の違いは何か? 前者は手持ちの資金を初年度に一括で投資すること。後者は手持ちの資金を数回に分けて投資することです。これだけ読んでもふ~んとしか思いません。では図示してみ …

都内在住の30代サラリーマンです。資産の95%をインデックス投資で運用しています。2024年3月に資産1億円を超えました。

このブログではインデックス投資の利点、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

趣味はミニベロ

お問い合わせは:こちら

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ