金融工学

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

投稿日:2020年12月7日 更新日:




 

私のブログでは米国S&P500を年率平均リターン7%、リスク20%と仮定して将来のトータルリターンや元本割れ確率を分析しています。

この年率リスクとリターンは過去の実績から計算しています。1928年~2020年の年率平均リターンをヒストグラムにしたのが下のグラフです。データの数は約23,000。なんとなく正規分布っぽく見えます。

このヒストグラムを正規分布でフィッティングしてはじき出した値がリターン7%、リスク20%というわけです。

 

Sponsored Link



 

リスク7%、リターン20%というのはあくまで過去の実績値です。将来の株価もこの値を元に幾何ブラウン運動すると仮定すればトータルリターンなり元本割れ確率を計算できるわけでうす。幾何ブラウン運動の式は下を参照のこと。

ここが重要な点です。将来の予測には「過去の実績値をもとにはじきだした傾向が将来も継続する」という仮定がはいっているわけで、この仮定が破綻するならば、いくら幾何ブラウン運動の株価変動モデルをこねくりまわしたところで、机上の空論だというわけです。

それでも私がリスク7%、リターン20%の幾何ブラウン運動にこだわる理由は筋が通っているからなのです。株価は人間の心理をはじめとした限りなく多くの要因によって変動します。多くの要因がそれぞれどのように株価に影響するのか、その関係性を解きほぐして株価を予測するのはもはや不可能。それならば過去の実績から株価変動の傾向をとらえてモデル化するのは実務的な観点からは合理的です。

それでも「7%/20%で将来を予測するのは信用ならん」と言うのであれば、他にもっと良い方法はあるのか?と問うてみればいいのです。筋が通っていて素人でも計算可能な方法はあるのか?あればそちらをテイクすればいいでしょう。

当然このモデルより将来を予測するモデルは存在するかもしれません。でも、それが素人にとって難解で専門家に高い金を払わないと手に入らない物であるならば、それはやはり実用的な観点からは有用だとはいえないでしょう。

 

 

関連記事:

米国S&P500の最適なレバレッジが1.75倍の理由。だからSPXLの3倍は高すぎる

投資で過去のリスクとリターンで分析することに批判があるが、そこは割り切るしかないと思う理由

 

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【驚愕】米国S&P500のリターンが示すサイクル。上がれば下がる市場のリズム。

    株価は面白いように上昇し続けるときもあれば、悲しいほど下がり続けることもあります。 過去の実績を分析するとS&P500は年間平均リターンが7%。だからS&P …

なぜレバレッジをかけて高リターンを得るのは運ゲーなのかを幾何ブラウン運動で説明する。

    前回の記事「なぜリスクが大きいとトータルリターンが低下するのか?幾何ブラウン運動で定量的に説明する。」では、リスクがトータルリターンを下げる方向に寄与することを説明しました …

自分のリスク許容度を知るための相対的リスク回避度の計算方法。

  株などのリスク資産を持っているとき、自分のポートフォリオ全体でリスク資産を何%にすべきか? そう問われれば「自分のリスク許容度に見合った割合にすべき」というのが教科書的な回答。ではその割 …

なぜS&P500 3倍レバレッジが暴落に弱いかを定量的に説明する。幾何ブラウン運動+ジャンプ過程。

  過去記事で紹介した、暴落を取り入れた幾何ブラウン運動のシミュレーションをS&P500の3倍レバレッジに適用してみます。 ちなみに私が知る限り、S&P500 3倍レバレッジ …

なぜリスクが大きいとトータルリターンが低下するのか?幾何ブラウン運動で定量的に説明する。

    株価の変動は幾何ブラウン運動でモデルできることがよく知られています。 幾何ブラウン運動はこのブログの記事で何回も出てきてますが、あえて基礎に立ち返ってみます。すると株価変動 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ