金融工学

S&P500の積立投資と一括投資のリスクを確率分布の形状から定量的に比較する。

投稿日:2021年9月11日 更新日:




 

前回の記事の続きです。

オレンジ:一括投資で20年間放置したリターンの分布

青色:20年間定額つみたて投資したリターンの分布

積み立てケース (青色)の分布の広がりは一括ケース (オレンジ)の分布の広がりよりも小さくなっています。

積立投資することでリスク (価格変動の大きさの度合い)が低減できていることが分かります。

分布の広がりが小さくなるのは分かるけど、リスクの低下は定量的にはどう評価できるのよ?を説明するのが今回の趣旨。

 

価格が幾何ブラウン運動するときの分布の広がりは「分散」で表現できます。詳細は過去記事参照。該当箇所は下表の黄色い式。

つまり一括と積立で「分散」がどれだけ異なるかを比較すれば、リスク=リターンの広がりの度合いを定量的に比較できます。

一括投資ケースでは分散を計算するのは過去記事の計算方法に容易ですが、積み立てケースでは残念ながら私の数学力不足で計算できないので、別のアプローチを試みます。

「20年間積み立てしたときの確率分布の分散は、一括投資して何年間放置したときの分散に近いか?」を調べます。そのあと分散を計算して比較します。

 

Sponsored Link



 

まずは「20年間積み立てしたときの確率分布の分散は、一括投資して何年間放置したときの分散に近いか?」を調べます。

少し強引ですが、「20年間積み立て」の確率分布は「一括投資で7年間放置」の確率分布に近いことが分かりました。

次に上に挙げた式で分散を計算してみます。

(1) 一括投資で7年間放置 (≒20年間積み立て):0.93

(2) 一括投資で20年間放置:4.49

というわけで、20年間積み立ては20年間放置に比べて分散を1/5に抑えることができると分かりました。

一般的にリスクは標準偏差を言い換えたものです。標準偏差は分散を1/2乗したもの。というわけでこれも書き出すと、

(1) 一括投資で7年間放置 (≒20年間積み立て):0.96

(2) 一括投資で20年間放置:2.12

リスク (=標準偏差)で見ても、積み立て投資はリスクを1/5程度下げていることが分かりました。

これで積立投資が一括投資よりもリスクを低減できていることが定量的に評価できましたね。

 

関連記事:

S&P500に「72の法則」を適用して「10年後に元本2倍」のウソを確率分布で説明する。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

S&P500にレバレッジ3倍かけると元本割れ確率の減少が鈍い。【SPXL】【レバレッジETF】

  S&P500にレバレッジ3倍をかけるとレバレッジなしの場合よりもリターンの中央値が下がります。 過去記事より再掲。ちなみに中央値が最大化する最適レバレッジは1.75倍です。 中央 …

【暴落】S&P500投資の資産増加シミュレーションで暴落を取り入れるべきか?

  私はS&P500をリターン7%・リスク20%で色々とシミュレーションしてます。 資産運用シミュレーションでよくある手法は、価格変動を幾何ブラウン運動でモデルして投資期間に対する平 …

フルインベストメントするときに最低限手元に残すべき現金の計算方法。「安全在庫」を応用する。

  私は資産の95%をインデックスファンドに投資しています。正直5%の現金を手元に残しているのは適当です。 実は過去記事で3か月あればよいのでは?という記事を書いたのですが、正直なところ定量 …

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

  私のブログでは米国S&P500を年率平均リターン7%、リスク20%と仮定して将来のトータルリターンや元本割れ確率を分析しています。 この年率リスクとリターンは過去の実績から計算し …

「インデックス投資が最適な投資法」はなぜ胡散臭く聞こえるのか?

  「インデックス投資は最適な投資法」というのは金融系の本なり雑誌なりを開けばよく書いてある文言です。 「その通り!」という人もいれば「他にもっといい方法がある!」という考え方もあります。 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ