資産運用 金融工学

資産運用で何に投資するかはIRR(内部収益率)を比較して決めるのが基本です

投稿日:2020年10月4日 更新日:




 

十分な資金が手元にあって何か投資をしたいとき、何に投資をするべきか?それをどのように意思決定するべきか?

例えばある企業が太陽光発電事業に参入するとして2つのケースから選ぶ必要があるとします。

ケース1: 1億円投資して20年間毎年600万円の利益を得る。

ケース2: 5,000万円投資して15年間毎年400万円の利益を得る。

どちらのケースに投資すべきかはIRR (内部収益率)を比較することで意思決定できます。内部収益率とは「利回り」のこと。

ケース1のIRRは1.8%。ケース2のIRRは2.4%。だからIRRが大きいケース2に投資したほうが効率的だと言えるのです。

同じ考えは株式投資にも使えます。

 

Sponsored Link



 

成長銘柄に投資するか高配当銘柄に投資すべきか?これもそれぞれのIRRを計算して比較してみればよい。

年率5%で株価が上昇する成長銘柄のIRRは計算するまでもなく5%。ただし売却時に利益の20%に税金がかかることを考えると、IRRはそれより少しだけ小さい4.2%になります。

成長銘柄 (年率5%, 配当ゼロ): IRRは4.2%

次にゼロ成長の高配当銘柄のIRRを計算してみます。初年度に6,000万円で購入、株価は一定で毎年5%の配当を受領、10年目に全ての株式を現金化するとします。配当には20%の税金を考慮。このときのIRRは4.0%になります。

高配当銘柄 (年率0%, 配当5%): IRRは4.0%

面白いのはここからです。毎年2%株価が衰退している高配当銘柄のIRRを考えてみます。初年度に6,000万円で購入、株価は毎年2%減少するが、毎年5%の配当を受領、10年目に全ての株式を現金化するとします、配当には20%の税金を考慮。このときのIRRは1.9%になります。

高配当銘柄 (年率-2%, 配当5%): IRRは1.9%

まとめるとこうなる。

これを見れば、例え高配当でも株価が下がっていくものに投資することがとても非効率な投資であることが分かります。

ちなみにこの高配当(マイナス成長)銘柄のIRRを5.0%まで上げるには配当率を9%まで引き上げる必要があります。

つまりこういうことです。株主は「何に投資すべきか」をIRRで評価する。成長銘柄のIRRは高く、低成長銘柄のIRRは低い。だから低成長銘柄は株主を引き留めるために増配せざるを得ない。なぜならそうしないと、IRRが成長銘柄よりも低いままだから。

ちなみにこのマイナス成長銘柄は配当率が2.5%のときのIRRは0%となります。さて配当はプラスだからといってこの銘柄に投資するでしょうか?答えはノーですね。これに投資するぐらいなら日本国債に投資したほうがマシです。国債のIRRは0.02%。しかもリスクはゼロなので。

 

Sponsored Link



 

IRRは誰でも簡単にエクセルで計算できます。上の表のようにキャッシュフローを年度毎に並べてIRR関数で囲ってやるだけです。

株式投資だろうが太陽光発電だろうが不動産投資だろうが、年度毎のキャッシュフローが分かればIRRは簡単に計算できます。そしてこのIRRを比較することで、最も効率がよい投資方法を選ぶことができるというわけです。これは便利だ ww

もう一言付け加えると、IRRによる比較はとてもフェアだということです。純粋にキャッシュフローをもとに計算するので、支払う税金や借りた金の返済など引かれるものもちゃんと考慮してはじき出すのがIRR。

キャッシュフローに基づいたIRRを使えば、やれ税金を考えてないとかやれ手数料を考えていないなどの手落ちが無くなります。その結果、複数の投資手法をApple to Appleで比較できるというわけです。

まあ企業があるプロジェクトに投資するかを決めたりするのにIRRを使うので、フェアなのは当然ですが ww

 

参考:

道具としてのファイナンス

私はこれで勉強しました。私が知る限りIRRを最も簡単に学べる本。しかも自分で手を動かして使えるようになる。Amazonのレビュー評価も異常に高い。

 

関連記事:

米国高配当・配当再投資戦略とインデックス投資を比較した

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用, 金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

S&P500の2倍レバレッジを長期保有するとどうなるか?30年間投資するならレバレッジ不要な理由を説明する。

  過去記事でS&P500のレバレッジなし、2倍レバレッジ、3倍レバレッジを定量的に比較しました。 株価のリスク・リターンが20%・7%の幾何ブラウン運動すると仮定して計算。見えてき …

リターン中央値を最大化する最適レバレッジ比率の効果を幾何ブラウン運動で説明する。

    前回の記事「なぜレバレッジをかけて高リターンを得るのは運ゲーなのかを幾何ブラウン運動で説明する。」では、レバレッジについて以下のように説明しました。 (1) 株価が幾何ブラ …

ポートフォリオ最適化。マートン問題を数式なしで解説する。

  前回の続きです。 「ライフサイクル投資術」の計算ステップを書き換えてみると、 (1) 下のグラフからRRA (相対的リスク回避度)を求め、 (2) リスク資産のリスク・リターンから最適レ …

たった資産5000万でFIREしたらほぼ確実に失敗する理由。

  ネット記事にFIREした1000人へのアンケート結果があったのですが、70%の回答者が総資産5000万円未満でFIREだったそうです。ちなみに2000万円未満と回答したのは42%。 回答 …

2075年の世界GDPランキングと全世界株式への期待

  ゴールドマンサックスのレポートによると2075年の世界GDPランキングのトップ3は中国・インド・米国。 ・中国は2035年に米国を抜いてトップに。インドは2075年に米国を抜いて2位に。 …

 

都内在住JTC勤務の30代サラリーマンです。全資産の95%をインデックス投資で運用しています。2024年3月に1億円を突破。世界経済の継続的成長を願いS&P500とオルカンで運用中。NISAとiDeCoをフル活用。

お問い合わせは:こちら

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ