金融工学

「72の法則」をリスク資産に適用するのは正しいのか?リターンの確率分布の観点から検証。

投稿日:2021年5月16日 更新日:




 

資産運用するときに「72の法則」は元本を2倍にするための投資期間を計算できる法則です。以下は野村証券のサイトから引用。

金融商品に投資する際に、金利の複利効果により元本を2倍にする場合の投資期間を概算で求めるための法則のこと。

計算式:72÷金利(%)=投資期間(年数)

例えば、元本100万円を年利0.01%で運用した場合、倍の200万円にするのに約7200年(=72÷0.01)の投資期間がかかる。一方、年利3%で運用した場合には約24年(=72÷3)ですむ。

ポイントは「概算」であるという点。

ではなぜ概算と言わざるを得ないかというと、リスクを考慮していないからです。リスクとはリターンの平均値からどれだけ乖離しているか?ということ。

72の法則の根拠となる式はWikipediaに書いています。見て分かる通り計算式には投資期間と年利しか書いていません。

でも、ほとんどの金融商品はリスクありますよね ww

 

Sponsored Link



 

債券のような無リスク資産であればリスクはゼロです。だから「72の法則」で元本2倍にする投資期間を計算できます。

ではS&P500のようなリスク資産(リスク20%・リターン7%)に「72の法則」を適用するとどうなるか。リターン7%だから10年で2倍でしょうか?

これはミスリードなんです。リスクがある以上リターンは確率分布をとります。

だから「リターン年平均7%のS&P500はある確率で10年後に2倍になる。」と解釈すべきなんです。

百聞は一見に如かずなので、リスクないケースとリスクがあるケースのリターン確率分布を計算してみます。リターンは幾何ブラウン運動でモデルします。

(1) リターン7%・リスクなし

計算の便宜上リスクを0.05%とした結果です。10年後のリターンはほぼ2倍なのが分かります。数学的に言えばリターンの確率分布はデルタ関数です。

(2) リターン7%・リスク20%

リスクがあるとリターンの確率分布が時間と共に広がっていきます。10年後のカーブを見るとリターンが2倍以下にも分布が広がっています。だから「72の法則を適用すれば10年後に2倍になる」とは言えないんです。

これが「72の法則」をリスク資産に適用するのはミスリードだと思う理由です。

正しくは「リターン年平均7%のS&P500はある確率で10年後に2倍になる。」ですが、ではそれが何%なのかを別記事で検証します。

 

 

関連記事:

S&P500に「72の法則」を適用して「10年後に元本2倍」のウソを確率分布で説明する。

米国S&P500を平均リターン7%・リスク20%の幾何ブラウン運動でモデル化する理由

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【暴落】S&P500投資の資産増加シミュレーションで暴落を取り入れるべきか?

  私はS&P500をリターン7%・リスク20%で色々とシミュレーションしてます。 資産運用シミュレーションでよくある手法は、価格変動を幾何ブラウン運動でモデルして投資期間に対する平 …

人は損失に対して利益の2.5倍の痛みを感じる。ただし「2.5倍」は対価のスケールによると思う。

  「私とあなたでジャンケンして買った人が1万円もらえます。負けた人は1万円払います。あなたはやりますか?」 もちろん私はやりません。1万円失うなんて怖すぎるから ww 行動ファイナンスの実 …

ギャンブルで負け続けるやつは負け続けることを示す逆正弦法則とは?

    ギャンブルに関する直観に反した結果。それが逆正弦法則。 コイン投げゲームをするとします。 コインを投げて表が出れば+1点もらえて、裏が出れば-1点というルールです。表が出る …

S&P500長期投資で資産増加が加速するのが分かるグラフはこれだ ww

  インデックス投資に長期投資すれば「資産増加が加速する」とよく言われます。確かにそうなんですが、これは定量的に示すことが出来ます。 S&P500に720の法則を適用して指数の動きが …

暴落はいつでも起きうる。「売りが売りを呼ぶ」プロセスは2つ。

  金融工学ではリスクとリターンが分かれば将来のトータルリターンの分布や元本割れ確率などを計算することができます。だから金融工学で使用する株価変動モデルは将来の株価を予想するうえで「実務的に …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ