金融工学

レバレッジETFの減価問題はなぜ嘘くさいのかを定量的に説明する。

投稿日:2021年10月17日 更新日:




 

レバレッジETFは減価リスクがあるから危険と言われることがあります。

超簡単な例でいうと、株式指数が10%上昇し翌日10%下落した場合:

レバなし:1.1 x0.9= 0.99

3倍レバレッジ:1.3 x0.7=0.91

つまりレバなしであれば合計1%の下落で済むにも関わらず、3倍レバレッジであれば合計9%も下落する。

このような上昇と下落をどんどん繰り返せば、レバレッジ3倍ETFはどんどん下落していくので危ないと。

金融庁のレバレッジETF注意喚起にも似たようなことが書いてあります。

中長期の期間をとった場合、一般的に株価は①や②のように上下動を繰り返すことが多く、③や④のように一方向に上昇又は下落が続くケースは少ないと考えられます。

 

Sponsored Link



 

確かに株価が上下動を繰り返せば、レバなしよりも3倍レバの方が下落が大きくなる「減価リスク」が顕在化します。これは間違っていません。

問題は、上下動を繰り返す相場が本当に起きやすいのか?という点です。

上下動相場というのは、様々なパターンのうちの一つのシナリオに過ぎません。減価リスクが語られるとき、そのシナリオの発生確率が完全に見過ごされていると思います。

定量的に考えてみます。例えばS&P500のリスク・リターンは20%・7%です。(年率で考えてます。)

株価変動を幾何ブラウン運動でモデル化すると、上昇する確率は66%、下落する確率は34%です。

つまり、そもそも指数(S&P500)は上昇確率が下落確率より高いにも関わらず、より発生しにくいシナリオである上下動相場を持ってきて、減価リスク云々語るのはなんだか変だということ。

ざっくり言えば、上昇確率 > 下落確率なのだから上昇を続ける相場の方が発生しやすいので、その場合はレバレッジありの方が断然有利になります。

Sponsored Link



 

結局何が言いたいかというと、

レバレッジETFの減価リスクの話は、特定の相場を切り抜いて語られているだけで、そもそもの指数の特性「上昇確率 > 下落確率」が置き去りにされてるってことです。

一方で、レバレッジETFの挙動を確率分布で分析すれば、そのようなシナリオ切り抜きの弊害はなくなります。

なぜなら、確率分布をつかえば全てのシナリオを包括してトータルリターンや元本割れ確率を計算することができるからです。(※)

確率分布を用いた分析例は、たとえばコレ。

S&P500にレバレッジ3倍かけると元本割れ確率の減少が鈍い。【SPXL】【レバレッジETF】

※ただし暴落の効果を取り入れるには少し数学的テクニックが必要です。以下記事を参照。

【予想外】暴落を取り入れたS&P500投資シミュレーションの結果。幾何ブラウン運動+ジャンプ過程。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


  1. アバター より:

    勉強になりますた。ありがとうございます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜS&P500 3倍レバレッジが暴落に弱いかを定量的に説明する。幾何ブラウン運動+ジャンプ過程。

  過去記事で紹介した、暴落を取り入れた幾何ブラウン運動のシミュレーションをS&P500の3倍レバレッジに適用してみます。 ちなみに私が知る限り、S&P500 3倍レバレッジ …

米国S&P500のボラテリティを変えずにリターンだけ高める方法。

  過去記事で解説したように、複数のリスク資産を組み合わせることで各リスク (ボラテリティ)に対して最大のリターンを生み出すポートフォリオを作ることができます。そのポートフォリオの集合を効率 …

S&P500に短期でレバレッジをかけたときの比較。レバレッジ3倍がショボすぎて泣ける ww

  前回の続き: 10年間レバレッジ3倍かけると: 元本割れ確率は45%でトップ。 リターンが3倍を超える確率はリターン2倍よりも劣る。 意外ですね。せっかく3倍レバレッジかけたのに元本割れ …

現金:S&P500の最適比率が分かる早見表 (マートン問題と相対的リスク回避度で計算)

  過去記事でS&P500に投資した際の最適比率を計算する方法を、マートンのポートフォリオ問題を用いて説明しました。 マートン・社畜の式: S&P500の最適比率 = 1.7 …

【結論】マートンのポートフォリオ問題で最適なリスク資産割合を計算する。

  前回の続きです。 マートンのポートフォリオ問題とは、「個人の期待生涯効用を最大にするように最適な消費と最適な資産の組み合わせを決定する」という問題です。 「期待生涯効用」が分かりにくいと …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ