資産運用

効率的ポートフォリオは分散を最小化してリターンを最大化する。

投稿日:2021年6月16日 更新日:




 

「リスク 神々への反逆」からの引用。

「ポートフォリオ選択」におけるマーコビッツの目的は、「期待収益率を望ましいものと考えると同時に、収益の分散を望ましくないものと考える」ような投資家のポートフォリオを構築するために、リスク概念を用いることだった。

「最も買い得」に見える銘柄に全財産をかける過程こそ投資であるとするウィリアムズの前提を、マーコビッツは否定する。投資家が分散投資を行うのは、収益の分散に対する最良の武器となるのが分散投資だからである。

効率的ポートフォリオは、分散という「望ましくないもの」を最小化する一方で、同時に金持ちになるという「望ましいもの」を最大化する。このプロセスこそが、その30年後、ゼネラル・モータースの年金基金マネージャーを「エンジニア」とチャンピオンに呼ばせることになった。

 

Sponsored Link



 

リスクを「望ましくないから最小化すべき」、期待収益率(リターン)を「望ましいから最大化すべき」とみなしているのがポイント。

そして、さらに重要なのはリスクの最小化とリターンの最大化を同時に行えるようなポートフォリオを構築することなんです。

そのポートフォリオこそが効率的フロンティア曲線上の接点ポートフォリオ。このポートフォリオではシャープレシオが最大になっています。

シャープレシオの定義は期待収益率をリスクで割ったもの。シャープレシオが最大とはつまり、リターン最大かつリスク最小ということ。

マーコビッツは線形計画法を学んでいたそうです。線形計画法とは、例えば一定コストの下で製品の産出量を最大化する方法を研究する応用数学の一分野。

リスクを「望ましくない」、リターンを「望ましい」、という考え方は忘れてはいけないと思います。頭に叩き込んでおきます ww

 

シャープレシオが最大になるのは効率的フロンティア曲線上の接点ポートフォリオ。

 

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

シャープレシオが最大になるのは効率的フロンティア曲線上の接点ポートフォリオ。

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

たった資産5000万でFIREしたらほぼ確実に失敗する理由。

  ネット記事にFIREした1000人へのアンケート結果があったのですが、70%の回答者が総資産5000万円未満でFIREだったそうです。ちなみに2000万円未満と回答したのは42%。 回答 …

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

  私が現代ポートフォリオ理論に興味を持ったのがインデックス投資を始めてしばらくしてからです。 インデックス投資を始める前に読んだいくつかの書籍には、「インデックス投資が最も効率的な投資であ …

S&P500 VIXと超短金利差の関係性からみる米国景気のサイクル

  CMBの記事によると、過去30年間、S&P500 VIXと超短金利差の関係性に3度のサイクルが見られます。このサイクルは表現の仕方がユニークで面白いので、備忘録として記事にします …

WealthNaviはリスク許容度をどのように決めているのか?を分析する。

  前回からの続き: WealthNaviの特徴は個人に最適なポートフォリオを組んでくれる点です。最適とは何ぞや?といえば2点あって、 (1) シャープレシオ (リターンをリスクで割ったもの …

逆イールドと景気後退とS&P500指数

  逆イールドの覚書。金利関係の本からの抜粋。 「アメリカの10年物国債利回りから2年物国債利回りを引いた金利差(イールドスプレッド)がプラスなら順イールド、マイナスなら逆イールド。(197 …

都内在住の30代サラリーマンです。資産の95%をインデックス投資で運用しています。2024年3月に資産1億円を超えました。

このブログではインデックス投資の利点、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

趣味はミニベロ

お問い合わせは:こちら

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ