資産運用

米国高配当・配当再投資戦略とインデックス投資を比較した

投稿日:2020年6月21日 更新日:




 

 

株式投資の選択肢として高配当株式に投資し、配当を再投資するという戦略があります。

例えばエクソン・モービルやAT&T、コカ・コーラなどの米国高配当銘柄は長期間にわたって配当利回り3~7%を維持し続けている銘柄として有名です。

 

私が気になるのは高配当銘柄に再投資を続ける戦略と、インデックスファンドを保有し続ける戦略では、どちらの方が資産を大きく築くことが出来るかという点です。

極端な例を考えます。例えば株価が年率10%で成長し、配当利回りも10%が維持される化け物のようなポートフォリオがあるとします。このような銘柄に配当を再投資し続ければ、30年後の評価益が驚くほど大きくなっていることは間違いないです。

 

ただし一般的に高配当銘柄は他の銘柄に比べて成長性は小さいのが特徴です。すると知りたいのは、「成長率と配当利回りが30年後の評価額にどういう影響を与えるのか?」です。

少し具体的な数字で書くと、成長率5%・配当利回り0%のポートフォリオと、成長率2%・配当利回り5%のポートフォリオでは、どちらの方が30年後の評価額を大きくできるのか?こういうことです。前者はS&P500を想定し、後者は高配当銘柄を想定しています。

というわけで検証してみました。

 

Sponsored Link



 

 

<前提>

インデックス:成長率5%・配当利回り0%

高配当株:成長率x%・配当利回りy% (x,yは色々変える)

初年度に1000万円投資して30年間保有

配当は全て再投資

配当には30%課税

売買手数料は無視

配当利回りは一定(増配は考えない)

インデックスは無配と仮定

 

<結果>

インデックスの30年後の資産:4,100万

高配当株の30年後の資産:下の図

インデックスと高配当株の比較

黄色で塗った部分は、インデックスよりも高配当株の方が良い結果。

例えば高配当株が年成長率4%・配当利回り5%の場合、インデックスよりも資産は1.96倍大きいということになります。

結果を書き出すと次の通り。

高配当銘柄は:

年成長率1%:インデックスに負ける

年成長率2%:配当利回りが5%あれば、インデックスに勝つ

年成長率3%:配当利回りが3%あれば、インデックスに勝つ

年成長率4%:配当利回りが2%あれば、インデックスに勝つ

 

Sponsored Link



 

 

言いたいことは単純で、配当利回りだけに目を向けるのではなく、成長率にも目を向けないとインデックスを超える成績は残せないということです。たとえ配当利回りが5%あってもずーっと横ばいの株価であればインデックスに劣ります。配当金が支払われる際に税金でガッツリもっていかれるからです。

年成長率2%の個別株は、配当利回り5%を維持しなければ、年成長率5%のインデックスに勝てません。

 

前提を極端に単純化した検証ですが、インデックスに投資するか高配当に投資するか、ある程度の目安にできると思います。ただし、途中で銘柄を売って利確したり、銘柄を変えたりすれば、売買益に課税されるので、評価額は減ることに注意すべきです。

 

ここでは検討していませんが、配当を再投資しないのは問題外でしょう。リタイア済みで生活するために現金が必要なのであれば話は別です。ですが安定した収入源があって生活費をカバーでき、すでに生活防衛費を確保済みであれば、配当を再投資にまわさずに現金でもっておく、つまり預金の金利 (約0.1%)で運用するメリットはないと思います。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

気になる米国株高配当投資 | 「株式投資の未来」を読んで

  チャンドラです。   私はemaxis slim米国株式(S&P500)に投資していますが、株式投資をやっているとどうしても他の投資方法に興味が出てしまいます。 それが …

【質問】eMAXIS Slim 米国株式 かSBI・バンガード・S&P500どちらがいいか

  また読者様から質問を受けました。本当にありがとうございます ww 積立NISAを始めるところです。eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500) かSBI・バンガード・S&a …

高齢化が進むほど若者が損する社会になる!若いうちから資産形成すべき。

  チャンドラです。   日本では人口の高齢化が進んでいます。 デービット・アトキンソン氏の「日本人の勝算」によると、2025年には65歳以上の人口が全体の30%を超えると予想され …

GPIFの運用目標とポートフォリオはちゃんと読みましょう ww

  GPIFの運用資産が過去最高の169兆円に達したそうです。以下は日経の記事からの引用です。 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が7日発表した2019年10~12 …

「電子書籍を買うか紙の本で買うか」は「繰り返し読むか?」で決める。

  本を電子書籍で買うか紙の本で買うか?は悩みどころだと思います。 私の基準は「繰り返し読む本なのか」で判断しています。もしある本を繰り返し読むのであれば電子書籍。一度読んだらもう読まないよ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ