金融工学

マートン・社畜の式 (S&P500の最適比率 = 1.75 / RRA)

投稿日:




 

過去記事マートンのポートフォリオ問題と最適レバレッジ比率の関係について紹介しましたが、名前を付けておこうと思います ww

この式は結構使えると思うし、今後も色々と引用するときに名前あると便利なので。

あと、私が知る限りリスク資産の最適割合を計算するために最適レバレッジ比率を絡めた考え方を記載したものは他にありません。

というわけで、こう呼びます。

マートン・社畜の式:

S&P500の最適比率 = 1.75 / RRA

詳細は以下の通り。

(1) 投資家はリスク資産としてS&P500だけに投資する。

(2) 投資家は「確率50%で資産が2倍か、確率50%で資産がk%減るとき、あなたが許容できるkの値は?」というアンケートに答える。

(3) kの値を決めたら、下のグラフをもとにRRAを計算する。

(4) RRAを求めたらマートン・社畜の式に代入してS&P500の比率を計算する。

 

例えば資産の20%が最悪ゼロになってもよいと考えるのなら、RRA=3.8なのでリスク資産の最適割合は46%という結果になります。

 

備考:

(1) リスク資産の最適比率を決定する式は、マートンのポートフォリオ問題を参考にしています。

(2) 相対的リスク回避度を決定するグラフは「ライフサイクル投資術」を引用しています。このグラフは「相対的リスク回避度一定の効用関数」を用いて導出できます。

(3) 最適レバレッジ比率 (1.75)はS&P500指数が幾何ブラウン運動に従うと仮定した際に、中央値が最大になるようなレバレッジ比率のことです。

(4) アンケートの内容によって相対的リスク回避度の値にブレが生じるような懸念があります。この点を払拭できないか、今後考察していきます。

 

関連記事:

【結論】マートンのポートフォリオ問題で最適なリスク資産割合を計算する。

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

参考文献:

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


  1. アバター comugi より:

    はじめまして。
    とても面白そうな記事で目が留まりました。
    早速やってみました。
    あの、、、k=50(%)なのですが、(資産半分まで減らしても許容)
    そうすると、RRAがほぼ1となり
    1.75/1=1.75で、100%を超えてしまうのですが、これでよいのでしょうか。
    175%がリスク資産ということはどういうことなのでしょうか。
    数学オンチですみません。お教えていただけたらうれしいです。

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      >1.75/1=1.75で、100%を超えてしまうのですが、これでよいのでしょうか。
      175%がリスク資産ということはどういうことなのでしょうか。

      資産が100%を超えるとは、レバレッジをかけるということです。
      詳しくは過去記事を参照ください。
      https://chandraroom.com/modern-portfolio-stock-leverage

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国S&P500に最低何年投資すべきか?元本割れ確率をゼロにするには最低10年必要。

  インデックス投資するなら短期ではなく長期でやるべきです。理由は簡単で長く投資すればするほど高いリターンを得ることができるからです。 だから投資を始めるなら若ければ若いほどいい。理想的には …

米国S&P500の最適なレバレッジが1.75倍の理由。だからSPXLの3倍は高すぎる

  米国S&P500の最適なレバレッジは1.75倍であることは前回の記事ですでに紹介しました。なぜかこの記事のアクセス数が異常に高かったので、もう少し分かりやすくかみ砕いた内容で再掲 …

ギャンブルで負け続けるやつは負け続けることを示す逆正弦法則とは?

    ギャンブルに関する直観に反した結果。それが逆正弦法則。 コイン投げゲームをするとします。 コインを投げて表が出れば+1点もらえて、裏が出れば-1点というルールです。表が出る …

最適レバレッジと最適投資比率 (サミュエルソンの割合) との意外な関係。

  前回の続きです。 (1) 相対的リスク回避度 (RRA)を求める。 (2) RRAを公式に代入してサミュエルソン割合を求める。 (3) サミュエルソン割合をリスク資産の割合とする。 &n …

【意外】合理的な投資家はリターンを高めるためにレバレッジをかける。現代ポートフォリオ理論の観点から。

  過去記事で解説したように、投資家のポートフォリオはリスク・リターン平面上で、無リスク資産と接点ポートフォリオを結んだ線上にあります。 接線のうち、無リスク資産と接点ポートフォリオの間のポ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ