金融工学

マートン・社畜の式 (S&P500の最適比率 = 1.75 / RRA)

投稿日:




 

過去記事マートンのポートフォリオ問題と最適レバレッジ比率の関係について紹介しましたが、名前を付けておこうと思います ww

この式は結構使えると思うし、今後も色々と引用するときに名前あると便利なので。

あと、私が知る限りリスク資産の最適割合を計算するために最適レバレッジ比率を絡めた考え方を記載したものは他にありません。

というわけで、こう呼びます。

マートン・社畜の式:

S&P500の最適比率 = 1.75 / RRA

詳細は以下の通り。

(1) 投資家はリスク資産としてS&P500だけに投資する。

(2) 投資家は「確率50%で資産が2倍か、確率50%で資産がk%減るとき、あなたが許容できるkの値は?」というアンケートに答える。

(3) kの値を決めたら、下のグラフをもとにRRAを計算する。

(4) RRAを求めたらマートン・社畜の式に代入してS&P500の比率を計算する。

 

例えば資産の20%が最悪ゼロになってもよいと考えるのなら、RRA=3.8なのでリスク資産の最適割合は46%という結果になります。

 

備考:

(1) リスク資産の最適比率を決定する式は、マートンのポートフォリオ問題を参考にしています。

(2) 相対的リスク回避度を決定するグラフは「ライフサイクル投資術」を引用しています。このグラフは「相対的リスク回避度一定の効用関数」を用いて導出できます。

(3) 最適レバレッジ比率 (1.75)はS&P500指数が幾何ブラウン運動に従うと仮定した際に、中央値が最大になるようなレバレッジ比率のことです。

(4) アンケートの内容によって相対的リスク回避度の値にブレが生じるような懸念があります。この点を払拭できないか、今後考察していきます。

 

関連記事:

【結論】マートンのポートフォリオ問題で最適なリスク資産割合を計算する。

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

参考文献:

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


  1. アバター comugi より:

    はじめまして。
    とても面白そうな記事で目が留まりました。
    早速やってみました。
    あの、、、k=50(%)なのですが、(資産半分まで減らしても許容)
    そうすると、RRAがほぼ1となり
    1.75/1=1.75で、100%を超えてしまうのですが、これでよいのでしょうか。
    175%がリスク資産ということはどういうことなのでしょうか。
    数学オンチですみません。お教えていただけたらうれしいです。

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      >1.75/1=1.75で、100%を超えてしまうのですが、これでよいのでしょうか。
      175%がリスク資産ということはどういうことなのでしょうか。

      資産が100%を超えるとは、レバレッジをかけるということです。
      詳しくは過去記事を参照ください。
      https://chandraroom.com/modern-portfolio-stock-leverage

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【感動】ブラック・ショールズ・モデルを一番分かりやすく書いた本はこれだ。

私が大学時代から愛読している本に長沼伸一郎氏の直観的方法シリーズがあります。 久しぶりに本棚から引っ張り出して「経済数学の直観的方法(確率・統計編)」を読んでいたんですが、唸りましたね。とにかく難しい …

S&P500の最適レバレッジは1.75倍。SPDRとSPXLを10:6で混ぜれば作れる。

  前回の記事でS&P500の最適レバレッジは1.75倍だと説明しました。レバレッジを大きくすればするほどリターン分布の中央値が大きくなりますが、ある閾値を境に中央値は下がります。そ …

【驚愕】米国S&P500のリターンが示すサイクル。上がれば下がる市場のリズム。

    株価は面白いように上昇し続けるときもあれば、悲しいほど下がり続けることもあります。 過去の実績を分析するとS&P500は年間平均リターンが7%。だからS&P …

TECLとTQQQのレバレッジ3倍は高すぎるのか?最適レバと比較すると全然高くなかった。

  前回の記事ではS&P500の最適レバレッジが1.75倍であることを紹介しました。ポイントだけ再掲します。 (1) ポートフォリオにレバレッジをかけるとリスクとリターンが高くなる。 …

S&P500を積み立て投資したリターンの確率分布の形状からリスク低減を理解する。

  前回の記事の続きです。 S&P500に一括投資したリターンの確率分布と、毎年定額つみたて投資した際のリターンの確率分布はどう違うか? 積み立て投資した際のリターンの確率分布の計算 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ