社畜

あると便利な年収・手取り早見表で手取りをサクッと把握。

投稿日:2020年8月25日 更新日:




 

ちょうど今月の給与明細を見ていて気が付いたのですが、住民税が激増しているせいで、手取りが全然増えません。

今年は少しだけ昇給したので手取りが増えるかと思いきや、それと全く同じペースで住民税も増えたので、手取りの増加分は実質ゼロですやん。頑張って働いても意味ないナァ!!

ところで年収に対する手取りを手っ取り早く知る早見表が欲しかったので、作ってみました。東京都民を想定しています。色々前提条件がありますが省略。

私の源泉徴収票に記載された年収と手取りと比較しましたが、大きく乖離していなかったので、この表はいい目安になると思います。

 

Sponsored Link



面白いのが高年収の人。例えば年収1000万円の手取りは730万円ですが、年収2000万円の手取りは1300万円。割合で表せばそれぞれ72%と65%。そんなに変わらない。

ただし金額で表すと見方はガラリと変わります。年収1000万円は保険料や税金で270万円徴収されますが、年収2000万円は700万円徴収されます。年収2000万円の人はかなり少数だとは思いますが、大金を持っていかれる喪失感がハンパないですね。

 

関連記事:

本気で薦めるインデックス投資本を紹介する。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

都内在住の30代サラリーマンです。資産の90%をインデックス投資で運用しています。

このブログではインデックス投資の利点、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

趣味はミニベロ

お問い合わせは:こちら

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ