資産運用

「DIE WITH ZERO ゼロで死ね。」読んだけど、金使うよりインデックス投資でよくないか?

投稿日:2020年11月22日 更新日:




 

経済学者が絶賛した本だそうです。「DIE WITH ZERO ゼロで死ね。」

要は「年齢によって出来ることは限られるのだから、若いうちは節約ばっかりせずに若いうちにしかできないことにしっかり金を使え」ということ。

 

金を無駄にするのを恐れて機会を逃すのはナンセンスだ。金を浪費することより、人生を無駄にしてしまうことのほうが、はるかに大きな問題ではだいだろうか。・・・

つまり、時間と金を最大限に活かすためのカギは”タイミング”にある。人生の充実度を高めるのは、”そのときどきに相応しい経験”なのだ。時間と金という限りある資源を、いつ、何に使うか。この重要な決断を下すことで、私たちは豊かな人生を送れるのである。

 

Sponsored Link



 

うん、まあ・・・当たり前の事しか言ってないよね、という感想しかありません。。。全然目新しくないし。本当に経済学者が絶賛したのか??

確かに節約ばっかりして財布の紐が固い人間はたくさんいるでしょうが、そういう人は生活が苦しくて節約せざるをえないんじゃないんでしょうか?そんな人に節約やめて金使えと言ったところで響かないかと。

若い時にしかできないことに金を惜しみなく使えというのは賛成ですが、一方で年を取るにつれて金が必要になるのも事実でしょう。若い時は安い賃貸マンションに住んで自分の好きなことに金を使っていれば万事OKですが、家庭を持てば広い家も必要だし、家族全員の生活費が必要だし、教育費もかかる。

そう考えると、おそらく40半ば~50代前半が一番金がかかる時期ではないでしょうか?そう考えると、「若いうちから金使え」よりも「若いうちからインデックス投資やっとけ」の方がより現実に即した解決法でしょう。

Sponsored Link



 

過去記事で既出ですが、米国S&P500にコツコツ投資すればある程度資産を大きくできます。社会人1年目から毎月3万円を20年間積み立てれば積立額720万円に対して期待リターンは126%の1,630万円。この1番金が必要な時期に全額現金化するとしたら、利益にかかる税金20%を引いて1,448万円が手元に入るわけです。ちなみに元本割れ確率はほぼゼロ。

積立投資した分を全額現金化しないとしても、教育費などの大きな金がかかるぶんだけ現金化して、残りは老後用に置いておけばいいわけです。

要は「ここぞ!」というときは金を使えと、本書は言ってるわけですが、それだけじゃいくらなんでも内容が薄すぎる。私なら社会人スタート地点から米国S&P500か全世界株式に毎月3万円程度積み立てて、「ここぞ!」という出費が給料から出せない場合は、積み立てた分から取り崩すことを提案したい。

というわけで「DIE WITH ZERO」は私にとって目新しいことはありませんでしたが、「老後に必要な金の魔法の計算式」なんかはまあまあ参考になるかもしれませんね。

というか、「人生が豊かになりすぎる」ってなんだよ。。。稚拙なキャッチコピー。。。

 

関連記事:

目から鱗が落ちるような、濃い内容の本って少ないですよね。。。私が最近読んだ本だと「ライフサイクル投資術」くらいでしょうか。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「アナリストの予想はあてにならん」と言いながら実は一喜一憂するのはダサい

  「アナリストの株価予想なんて当てにならない。」と豪語する人は多いです。 私も同感です。アナリストの株価予想がそんなに当たるなら、アナリストは自分の予想通りに株を売買して儲けるんだからアナ …

NISAの運用成績 | eMAXIS Slim 先進国株式 | 2020年2月末

  私はつみたてNISAでeMAXIS Slim 先進国株式インデックスに投資しています。 つみたてNISAの最大のメリットは投資で得られた運用益を非課税にできる点です。通常かかる運用益の2 …

シャープレシオが最大になるのは効率的フロンティア曲線上の接点ポートフォリオ。

  前回の記事では、WealthNaviの資料をもとにエクセルのソルバーを使って効率的フロンティア曲線を作成しました。 効率的フロンティア曲線は、各リスクに対してリターンが最も高いポートフォ …

アインシュタインは本当に「複利は人類最大の発明」と言ったのか?

  株式投資で資産を増やせる大きな理由が複利効果です。利回りが大きくてと運用期間が長いほど雪だるま式に資産が増えていくというカラクリです。有名な「72の法則」を利用すると、例えば1000万円 …

資産運用を学ぶアメリカ人と百人一首を丸暗記する日本人

  チャンドラです。   山岡道男氏の「アメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書」によると、アメリカでは若いうちから「お金をどのように管理・運用していくか」を学校で学ぶそうです …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログで運用成績を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ