資産運用

YoutubeやSNSを鵜呑みにして株式投資する人がいるのか ww

投稿日:




 

Youtubeやネット記事を鵜呑みにして株式投資する人っているんですね・・・。マジかよと ww

「これに投資すれば絶対儲かる」的な動画とか発信は多いです。なんで投資みたいな不確定なことを「絶対~」って言えるのか?

ちょっと考えてみれば簡単です。その情報を鵜呑みにした人が儲からなくたって責任取る必要はないから。

サラリーマンなら会社で働いているときの状況を思い出してみればいいんです。「こうすれば絶対売上が上がる」とか「こうすれば必ず性能が上がる」とか断定してる人ってほとんどいないでしょう。

政治家だってそう。何か聞かれても「更なる議論が必要」とか「関係機関で議論中との認識です」とか歯切れの悪い事ばっかり言ってます。

理由は簡単で、下手なこと言って失敗すると責任取らされるから。何かを決定することって勇気がいること。だから情報発信は慎重になるのが普通なんですよ。特に組織の中では。

でもいったん組織を離れると、何を発信しようが基本的に責任を取る必要がない。間違えました、すんませーん、で済む。だから好き勝手なことを言えるんです。

だから書いてるでしょ?「投資は自己責任」って文末とかに ww

 

Sponsored Link



 

何かの本のタイトルに書いてましたが、「自分のアタマで考えよう」なんです。こんなこと親や学校の教師に1000回以上言われてきたと思いますが ww

情報を参考にするのならいいと思いますよ。参考と鵜呑みは違います。「参考」は情報を集めてきて長所・短所を分析して自分の意思決定に活かすこと。「鵜呑み」は情報を検証せずにそのまま信じる事。

前者には「考える」というプロセスは入ります。後者は手を動かすだけ。後者をやっていいのは、よっぽど情報の信頼性が高くてかつ意思決定に時間が取れないときだけです。

え?オマエも断定口調でインデックス投資を推してるじゃないかって?確かに ww

でもね、私は自分が何故インデックス投資を選んだか、何故インデックス投資を長期ホールドすれば資産を築けると考えているか、運用成績はどう変化しているか、を全て公開しています。

率直に言ってかなりフェアなブログだと思いますよ。だから「参考」にしてください ww

 

というか、くだらない動画見るより古典を読んだ方がいいですね。

【本気で薦める】インデックス投資の本はこれだけ読んでおけ ww

 

ちよっと考えればクルーンエネルギーETFなんて買わないと思いますが ww

クリーンエネルギーETFのICLN・QCLN ?? 私なら絶対買わない ww 本当に長期成長するのか??

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人は損失に対して利益の2.5倍の痛みを感じる。ただし「2.5倍」は対価のスケールによると思う。

  「私とあなたでジャンケンして買った人が1万円もらえます。負けた人は1万円払います。あなたはやりますか?」 もちろん私はやりません。1万円失うなんて怖すぎるから ww 行動ファイナンスの実 …

2019年の世界経済成長率の見通しは?

  チャンドラです。   IMF(国際通貨基金)は「世界経済の見通し」でその年の世界経済の成長率を発表しています。世界経済の成長率とは、実質GDP成長率のことです。 IMFの発表に …

元本割れしにくいインデックスファンドはどれか? | シミュレーションした結果

  チャンドラです。   前回の記事でリスク・リターンと元本割れする確率の関係を調べました。結果は次の通りでした。   リスクが低くリターンが高い:利益は大きくなる リス …

1年間で還元された全ポイントを公開 ~ オリコポイントと楽天スーパーポイント (2018年度版)

    チャンドラです。   私のメインのクレジットカードはOrico Card the Pointです。ポイント還元率がかなり高いからです。そしてコンビニ・レストラン・ …

eMAXISシリーズのシャープ・レシオ

  チャンドラです。   株式投資の運用成績を見る指標として、リスク、リターンの他にシャープ・レシオがあります。下の表はmyINDEXで見たeMAXIS 全世界株式の実績です。 シ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ