資産運用

何故若けりゃリスクとって投資できるのか?人的資本=債券 という考え方。

投稿日:2021年5月10日 更新日:




 

前回の続き。

若いうちはリスク取ってリスク高めの投資を推奨される場合があります。

例えばリスク資産の割合を(100-年齢)%にしろという有名なルール。このルールに従うなら20歳でリスク資産割合を80%、30歳で70%、・・・70歳で30%となります。リスク資産の比率は若い程高い。

もう少し激しくリスク取る方法はライフサイクル投資術で紹介されています。これは若いうちに最大2倍のレバレッジをかけることでリターンをさらに高める方法。詳細は過去記事参照:

【レビュー】ライフサイクル投資術を図解しながら読み解いていく

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

若い時に何故高いリスクとるのを推奨するのかといえば、理由は2つあります。

1つは市場の長期成長を前提として投資初期に多めの資金を投資しておけばリターンを高めることができるから。

もう一つは「人的資本」の考え方。

 



 

ニュース記事から引用

若者の「人的資本」は、定年退職までの期間が長いことから非常に大きくなります。若者の仕事が株式市場によって給料が変動するようなものでない限り、「人的資本」は債券的な性質を持つため、若者はすでに多くの「債券」を有していることになります。

仮に若者が金融資産を持っていたとしても、人的資本に比べればわずかですから、若者の金融資産と人的資本を合わせた全資産の大半は、低リスクな「人的資本」から構成されます。この状況で、金融資産において株式などで大きなリスクを取って運用しても、全資産のリスクの増分はわずかでしょう。このようなロジックから、若者はリスクを取った運用ができるのです。

う~ん、これは面白いです。

働いて得る給料を債券の利子とみなして、人的資本を債券とみなす。若者の金融資産はそもそも多くない。だから低リスクな人的資本と高リスクの金融資産を合わせても、ポートフォリオ全体のリスクは高くならない、と言える。

低リスクな人的資本のおかげで金融資産で高めのリスクをとれる、という考え方。こういう考え方をしたことがなかったので、新鮮に感じましたよ ww

言い換えれば、仕事失うのは債券を失うのと同義。

う~ん、やっぱ仕事はやめられないな ww

インデックス投資の含み益が1000万円超えた。

私は令和のネオ社畜だ ww

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【リスク分散】サラリーマンは本業収入もポートフォリオの一部と考えろ

  不動産や株式投資で資産運用するサラリーマンが増えています。資産運用するうえで重要なのはリスク分散です。例えばある特定の企業の株だけに資産の大部分をぶち込んだ場合、資産の増減がその企業の業 …

米国高配当・配当再投資戦略とインデックス投資を比較した

    株式投資の選択肢として高配当株式に投資し、配当を再投資するという戦略があります。 例えばエクソン・モービルやAT&T、コカ・コーラなどの米国高配当銘柄は長期間にわた …

「社会人1年目からS&P500に投資してます」← もうね、君はもう勝ち組ですよ ww

  最近の新入社員と話していると、社会人1年目から資産運用してますって人が結構多いんですよ。 何に投資してるの?と聞くと涼しい顔でS&P500ですって答えるんですよ。しかも毎月数万円 …

2019年8月の資産は2622万円!世界的な株安で36万円減少!

  チャンドラです。   2019年8月の資産運用状況を公開します。 合計資産は26,221,049円で前月より36万円減少しました。   履歴: 2019年2月の資産運 …

2020年の投資の目標はナシです ww

  2020年の投資の目標。   ズバリ、ナシです。   インデックス投資家たるもの、資産は神の見えざる手でコントロールされている市場に委ねるので、 「今年は利益100万 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ