資産運用

何故若けりゃリスクとって投資できるのか?人的資本=債券 という考え方。

投稿日:2021年5月10日 更新日:




 

前回の続き。

若いうちはリスク取ってリスク高めの投資を推奨される場合があります。

例えばリスク資産の割合を(100-年齢)%にしろという有名なルール。このルールに従うなら20歳でリスク資産割合を80%、30歳で70%、・・・70歳で30%となります。リスク資産の比率は若い程高い。

もう少し激しくリスク取る方法はライフサイクル投資術で紹介されています。これは若いうちに最大2倍のレバレッジをかけることでリターンをさらに高める方法。詳細は過去記事参照:

【レビュー】ライフサイクル投資術を図解しながら読み解いていく

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

若い時に何故高いリスクとるのを推奨するのかといえば、理由は2つあります。

1つは市場の長期成長を前提として投資初期に多めの資金を投資しておけばリターンを高めることができるから。

もう一つは「人的資本」の考え方。

 



 

ニュース記事から引用

若者の「人的資本」は、定年退職までの期間が長いことから非常に大きくなります。若者の仕事が株式市場によって給料が変動するようなものでない限り、「人的資本」は債券的な性質を持つため、若者はすでに多くの「債券」を有していることになります。

仮に若者が金融資産を持っていたとしても、人的資本に比べればわずかですから、若者の金融資産と人的資本を合わせた全資産の大半は、低リスクな「人的資本」から構成されます。この状況で、金融資産において株式などで大きなリスクを取って運用しても、全資産のリスクの増分はわずかでしょう。このようなロジックから、若者はリスクを取った運用ができるのです。

う~ん、これは面白いです。

働いて得る給料を債券の利子とみなして、人的資本を債券とみなす。若者の金融資産はそもそも多くない。だから低リスクな人的資本と高リスクの金融資産を合わせても、ポートフォリオ全体のリスクは高くならない、と言える。

低リスクな人的資本のおかげで金融資産で高めのリスクをとれる、という考え方。こういう考え方をしたことがなかったので、新鮮に感じましたよ ww

言い換えれば、仕事失うのは債券を失うのと同義。

う~ん、やっぱ仕事はやめられないな ww

インデックス投資の含み益が1000万円超えた。

私は令和のネオ社畜だ ww

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

告白します。私は情報弱者でした | お金の勉強を怠った結果

  チャンドラです。   情報弱者という言葉があります。 有益な情報を得ることができないがために、経済的に不利益を被る人のことです。 ちなみに英語で「情報弱者になるな」をSTAY …

市場サイクルの位置で変化するリターンの確率分布

  前回の続き。 すぐれた投資家はサイクルに注意を向けている。過去にあったパターンが繰り返されている様子はないかを気にかけ、問題とすべき様々なサイクルのどこに今、自分たちが位置しているのかを …

資産をすべて銀行預金するのはリスク許容度が低いなら合理的。

  私の考えでは、投資で一番難しいのは「何に投資すべきか」ではなく「いくら投資すべきか」です。 インデックス投資が長期投資で「最適」という答えはすでに理論でも確立されています。「最適」の意味 …

20年間投資し続けたら引退後に毎年いくら現金化していくべきか?速攻で尽きるので30年は投資した方がいいな ww

  前回の記事では毎年50万円を年率7%で30年間運用した後、引退後にいくら引き出していけばいいかを検証しました。 引退後にずーっとリスク資産を保有し続けるのではなく、20年後に売り切るため …

30年間投資し続けたら引退後に毎年いくら現金化していくべきか?

  インデックス投資の出口戦略で4%ルールは有名です。4%ルールとは引退後に資産の4%を売却して現金化していく手法。 この手法は個人的にはあまり好きではありません。なぜならヨボヨボになった老 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ