社畜

会社辞めたるわ!という人の勘違いな言い訳 ww

投稿日:

 

Sponsored Link



 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

最近になって退職者が増えている私の会社。人によって退職理由は様々ですが、中には「それちょっと違うだろ ww」と思う理由もあります。

ある社員の場合。彼はかなり優秀でした。具体的に何が優秀なのかというと、業務のやり方を一通り説明すると後は自分でテキパキ進めていく。ちょっとした問題が起きても聞くべき人に聞き、読むべき文書を読んで、どうすれば効率よく仕事を進められるかを考えて、自分でどんどん解決して前に進めていく。資料を作らせるとすぐに出来てしまうし、品質も高い。素晴らしい ww

そんな彼は退職することになりました。理由は「自分は他の人よりも難易度が高い業務をしているのに同じ給料で働いている。それが納得いかないので辞めます。」彼は優秀だったので、私はかなり残念でした。残念だなと思うと同時に別の思いもありました。「そんな業務内容で給料上げるのは無理だろうな・・・」と。

Sponsored Link



 

なぜそう思うのかというと、彼は依頼されたことを完璧にやっているだけで、それ以上の成果を上げているわけではないからです。だって依頼されたことを納期通りにミスなく仕上げるのは当たり前だから。確かにその依頼内容にちょっとしたスキルやノウハウが必要なのは事実ですが、彼よりも年次が少し高い私から見れば、彼の年次なら出来て当たり前のレベル。要するに、彼はちょっとだけ難易度が高い仕事をミスなく納期通りにこなせることを「人より高い給料をもらって当然」と考えていた、ということです。

彼の気持ちは痛いほどよく分かるんです。だって私も5年前なら同じような考えを持っていたから。でも無理なんですよ。与えられた仕事を完璧にこなすだけで会社から高い給料をもらうのは ww 会社が評価する人間というのは、組織としてのパフォーマンスを上げるような人間なんです。

例えば彼の場合は与えられた業務をこなすだけでなく、その業務をより早くこなすための仕組み、例えばノウハウをまとめて関係者に発信するとか、自動で作業をこなすRPAを作って配布するとかをやっていれば給料は上がったかもしれません。そうすることで彼ほど優秀ではない人間でも彼と同じくらい早く業務をこなせるようになり、組織のパフォーマンスが上がるから。

ここまでやれば会社は彼をかなり高く評価します。何故なら会社は彼を「組織のパフォーマンスを上げる」という意識をもって働いている人間だと評価するから。そういう意識をもって働く人はどんな業務に取り組んでも、業務の問題点を見つけ、解決法を見つけ、関係者にそれを共有し、その結果少しずつ業務が改善されていく。

このように書くと簡単そうに見えますが、やるのはなかなか難しい。自分だけで黙々と業務をこなすのは簡単なんです。それに加えて、他の人が見たり読んだりしても分かる形で業務改善を提案していくのはエネルギーがいるし、勇気が必要ですからです。発信したところで古いやり方に慣れている人から反発も来ますから。私も組織のパフォーマンスを上げていくように会社に色々と提言していかなければいけないのですが、本業が忙しすぎてなかなか出来ない。そりゃ給料が上がらないわけです ww

Sponsored Link



 

ちなみに彼は得意分野を活かしてフリーランスとして生きていくそうです。頭がよく人当たりもいいので、フリーで働いても十分食っていけると思います。組織を離れてフリーになれば他人の業務効率を上げることにエネルギーを割く必要なんてなく、自分の能力を活かしてやりたい仕事だけに集中できます。

私のようなサラリーマンは会社から与えられた業務をこなすだけではなく、組織のパフォーマンスを上げることで飯を食っていく。組織から離れたフリーランスは自分のパフォーマンスを上げることに注力し、自分で仕事を取って食っていく。これがサラリーマンとフリーランスの違いでしょう。ネットを見れば会社員はオワコンでフリーランスがやたら持ち上げられています。他人のパフォーマンスをケアすることに我慢ならない人々が会社勤めをクソ呼ばわりし、フリーランスを称賛する。気持ちはよく分かります ww 分かりますが、それが会社勤めの宿命です。

会社員はそこを肝に銘じて組織の成長に貢献すべく働きましょう。これが嫌ならフリーランスしかないです ww

 

やっぱ会社員イヤだ ww という方は↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

Sponsored Link



 

-社畜

執筆者:


  1. アバター deds より:

    実務能力に関しては給料で報いて、組織運営能力に関しては昇進と言う形で報いていった方が良いように思うが

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      >実務能力に関しては給料で報いて、組織運営能力に関しては昇進

      部分的に賛成です。実務能力を給料で報いる制度は若手には向いていますが、マネジメント業務が期待される中堅以上の年次には向いていないかと。
      例えば40代、50代で実務能力だけが高くて給料も高い人が多くても、組織としては困ると思うんですよね。
      このくらいの年次だと実務能力があって当たり前、加えて運営能力がないと給料も上げないようにした方がいいかと。

  2. アバター deds より:

    マネジメントはできない人はほんとに小学生並みにもできないので、無理にやらせると下手すると潰れるから、ものすごく会社にとって損失だと思う。無理にさせるより給料で報いていく方が組織としてのパフォーマンスも上がると思う。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フェイスブック疲れからのフェイスブックペイ・・・

  フェイスブックペイなるものが米国で始まるようです。Bloombergの記事からの引用です。 米フェイスブックは同社のさまざまな決済機能を新たなブランド名の下で単一のサービスとして統合し、 …

クレジットカードを落として焦りまくってとった対応の結果 ww

  自慢ではないですが私はこれまでの人生で財布を落としたこともクレジットカードを無くしたこともありません。 買い物したらまずは財布をポケットかカバンに入れるのを絶対破らない習慣にしているから …

オンライン法要するくらいなら自分で読経すればいいのでは?

  オンライン法要というものが存在するそうです。プレジデントの記事に概要が書いているので抜粋。 新型コロナウイルス感染症の影響で、葬儀や法事をオンラインで行うケースが増えている。僧侶が読経す …

女性に「男として見れない」と本気で言われてヘコんだはなし

  チャンドラです。   私が新入社員のころのはなしです。   私たちは約2か月の社内研修を受けていました。私の同期には女性社員が15人くらいいたのですが、女性社員は皆仲 …

「日本企業は欧米企業に比べて意思決定が遅い」は本当なのか?

  ネットを見ると「日本企業は欧米の企業と比べて意思決定が遅い」と散々な叩かれようです。 私は日系企業で働いていますが、意思決定が早いか遅いかといえば、まあお世辞にも早いとは感じません。何か …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ