資産運用

eMAXIS Slim 全世界株式か全世界株式(除く日本)どちらを選ぶか?

投稿日:2021年10月20日 更新日:




 

eMAXIS Slim 全世界株式 (オール・カントリー)

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

どちらに投資するか?

 

私は全世界株式 (除く日本)に投資しています。毎月5万円ずつ積み立てています。

なんで「オール・カントリー」ではなくて「除く日本」にしたのかというと、まあ日本の経済成長は今後見込めないので外しとくか!くらいのノリでした。

とはいえ、理論的には「全てのリスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオ」であることが証明されているので、全世界株式から日本だけ抜くのは筋が通っていないといえます。過去記事を参照。

この点がノドに刺さったトゲのように思いながらズルズル今に至るのですが、最近面白い記事を見ました。

「全世界株式投信「オールカントリー」と「除く日本」どっちがいい?15年積立で勝利」元記事:リンク

Sponsored Link



 

参考になった部分を引用すると、

「MSCIの『オール・カントリー』と『除く日本』を比べると、『除く日本』のほうが成績は良好でした。

1990年代初頭のバブル期には、MSCIの日本株の組み入れ比率が40.2%(!)と米国を抜き、世界ナンバーワンだった時期もあるのですが……」

なんと、そんな時代が日本に。現在の組み入れ比率は約6%にまで低下した。

日本で働いて円で給与をもらい、円で預金しているのだから、全世界株式は「除く日本」を選ぶほうが利益面で賢いかもしれない。

日本株が巻き返すと思うなら「オールカントリー」でも問題ない。そもそも日本株は約6%。影響力はそんなにないーー(寂)。

今更気が付いたのですがオールカントリーの日本の比率は6%しかないのですね ww ちなみに米国の比率は60%のようです。日本の10倍。

米国と日本だけに絞って話をすれば、経済成長が見込める米国株に対して経済成長が見込めない日本株の、ポートフォリオ内で期待される役割とは、米国経済が失速した際にそれと逆の動きをして過度な下落を防ぐことだと思うんです。

現実的には日本株と米国株は強い正の相関にあるので、同じ動きをするんだから日本株が入っててもあまり意味がないような気がします。

正確に言えば米国・日本以外のすべての国の株価との相関関係を見る必要がありますが、上のようなざっくり考察からみても日本が入ってようがなかろうがどうでもよさそうですね。

日本で働いて円で給与をもらい、円で預金しているのだから、全世界株式は「除く日本」を選ぶほうが利益面で賢いかもしれない。

「円で給与をもらい円で貯金する」から、「株式投資では日本株を抜く」のが賢いっていうのはよく意味が分かりませんでした。

つまり預金の金利>日本株への投資によるインカムゲイン・キャピタルゲイン、ということでしょうかね。たぶん。

 

というわけで、

eMAXIS Slim 全世界株式 (オール・カントリー)

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

どっちでも大して変わらないだろう、というのが私の考えです。

 

関連記事:

なぜ全てのリスク資産の時価総額加重平均が最適なポートフォリオなのか?その理由と理論的背景。

S&P500を積み立て投資したリターンの確率分布の形状からリスク低減を理解する。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分に芯がないとダメだな。暴落でも投資方針がブレないために必要なこと。

  そういえば私が就職活動していたころ、すでに内定をゲットして先輩面していた人(まあ実際に先輩だったけど)が「就職活動はさ~自分に軸をもってないとダメなんだよ。」とエラそうに語っていました。 …

電子書籍を買うか紙の本を買うかは「繰り返し読むか?」で決める理由

  本を電子書籍で買うか紙の本で買うか?は悩みどころだと思います。 私の基準は「繰り返し読む本なのか」で判断しています。もしある本を繰り返し読むのであれば電子書籍。一度読んだらもう読まないよ …

【はじめに】インデックス投資で資産3000万円超え。私がどのように資産運用するに至ったのか?

  「社畜がインデックス投資で資産を築く」を運営しているチャンドラです。 このブログでは、身を仕事に捧げる社畜サラリーマンがインデックス投資で資産を運用する過程を公開しています。 私は50歳 …

ゾンビ投信が存在する理由。eMAXIS Slim信者からすれば別にどうでもいいが ww

  ゾンビ投信とは、古い投信で手数料や信託報酬が高いにも関わらず残り続けている投信のこと。 そんなゾンビ投信の実体について説明した記事から引用。 たとえば、日経平均株価の値動きに連動して運用 …

2019年5月の資産公開 | 2421万円(S&P500下落で28万円減)

Sponsored Link チャンドラです。   2019年5月の資産運用状況を公開します。 合計資産は24,216,946円で前月より28万円減少しました。   履歴: 201 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ