社畜

「ワークライフバランス」なんて曖昧な言葉はやめたほうがいいと思う理由

投稿日:




 

私はコロナ禍々で在宅勤務を始めて経験しました。それまで出社して仕事をするのが常識だったのですが、テレビ会議やチャットを使えばわざわざ会社に行かなくても仕事はできることは、大きな発見でした。ただし一長一短はあります。

私の会社では、年に数回だけ経営者と従業員が意見交換会をする機会があります。そこで挙がった議題の一つが「コロナ禍が過ぎた後も在宅勤務制度を継続するか否か」。

従業員の希望は「在宅勤務制度を継続してほしい」でした。理由は、会社に行かなくてもテレビ会議などを使うことで効率的に業務をこなせていると感じているから。

一方で、経営者の意見は「家庭の事情がある場合を除いて従業員は原則出社するべき」でした。理由は、会社に従業員が集まって議論するなり雑談するなりすることで、新しいビジネスを生み出すとか新しい付加価値を生み出せると、考えているから。

そこで起きた議論はこんな感じでした。

 

Sponsored Link



 

社員「多くの従業員が在宅勤務しても効率を落とすことなく業務を出来ています。だから在宅勤務制度を今後も続けてほしいです。」

経営者「従業員は特別な理由がある場合を除いて原則出社するべきだと考えている。コロナ禍に端を発して、今のビジネス環境は劇的に変化している。こんなときこそ、従業員は活発に議論して、知恵を出し合って、新しいビジネスを生み出していってほしい。そのためにはオンラインではなくて物理的に集まる必要があると思う。」

社員「従業員はなにも毎日在宅勤務することを希望しているわけではありません。業務によっては深い議論が必要なものもあれば、一人で集中して作業に取り組むようなものもあります。後者のようなものは在宅勤務でも対応できます。」

 

ここまではよくある議論だと思います。面白いのはここからです。

経営者「ちょっと教えて欲しいんだけど、一人で集中して作業したいんだったら、会社の中に仕切られたブースみたいな作業に集中できるスペースを作れば解決すると思うけど、それじゃダメなの?」

社員「そういう方法もあります。ですが在宅勤務には他のメリットがあります。それはワークライフバランスの実現です。ワークライフバランスを実現することで、より多様な働き方ができると思っています。」

経営者「・・・ごめん、よく分からない。ワークライフバランスを実現したいってどういうこと?つまり、会社に来ると仕事と家庭の両立が難しいってこと?」

社員「必ずしも難しいというわけではありませんが、一部に社員は介護とか養育に割く時間が必要なので・・・」

経営者「だから、そういう特別な理由がある社員は在宅勤務を認める予定だって言ってるよね?」

社員「はい。そして、より多様な働き方を実現するために制度を全社員に広げて欲しいと・・・」

経営者「多様な働き方ってどういうこと?おそらく出社する選択肢と家で働く選択肢と、両方の選択肢を用意してほしい、っていう意味だと思うけど、それは在宅勤務を認めてほしいってことと同じだよね?」

社員「はい・・・そうなんですが、冒頭で申しましたように家でやることで集中できる作業もあるので在宅勤務という選択肢も用意してほしいということです。」

経営者「そもそもだけど、家で集中してやる作業ってそんなにたくさんあるのかな?我々経営者は従業員のみなさんには知識を結集して議論を深めることで業務を遂行していくことを期待しているんだけど。家でできるような単純作業なんて外注するなりRPAにやらせればよくて、そんなことに授業員の皆さんが時間をかけてやってるとは思ってないんだけど・・・」

以下略

 

Sponsored Link



 

これを見ていて面白いなと思った理由は全然議論がかみあっていないということなんです。

経営者の主張は簡単で、「家でできる単純作業なんてやってる社員はいない(はず)で、社員はより高いレベルの意思決定が必要な業務をしているんだから会社に来て顔を突き合わせて議論したほうがいいアウトプットができる」

一方で、従業員の主張も簡単で、「実際には人との議論が不要な単純作業または熟考が必要な作業があって、それをするために通勤時間2時間かけて会社に来る必要はない」

だから今になって思うと、議論すべきは「在宅勤務を認めるか」よりも「会社に来る必要がないような業務は実際あるのか?あるならそれは解消できないか?」だったんだなと思います。解消できるなら出社すればいいし、できないなら在宅すればいい。

私が危険だなとおもったのはワークライフバランスとか多様性とかいう単語を使った点です。その理由はかに社会に浸透している単語ではあるのですが、定義が曖昧で人によって解釈が異なるので議論が余計にややこしくなるからです。

「ワークライフバランスを実現するために在宅勤務を取り入れるべき」とは色んなものをすっ飛ばした主張なんです。だから受け入れられない。せめて「満員電車の長時間通勤を週に5日続けることで仕事の効率を落としている社員がいる。在宅勤務を採用すれば解消できる」までブレークダウンすべきだったのかもしれません。

多様な働きかたを認めろ、というのも正しい主張に聞こえますが、じゃあ従業員が会社なり自宅なり図書館なりカフェなり、好きな場所で仕事ができるようになったとして、従業員と経営者の双方にどういうメリットがあるのか?結局のところ通勤時間をなくせるか、仕事の合間に幼い子供の面倒を見られる、くらいしか思いつきません。

個人的には「ワークライフバランス」とか「多様性」という言葉は使わないほうがいいと思います。私は、少なくとも上司と話すときは使わないように気を付けています。なぜなら「それ、どういう意味で使ってる?」と突っ込まれるからです。そして「言葉の意味を理解せずに流行言葉を使って説得しようとしている」と相手に思われた場合、バカにされたり話を聞いてくれないリスクもあるからです。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

金融庁の「基礎から学べる金融ガイド」

  チャンドラです。   金融庁は金融に対する知識と判断力(金融リテラシー)を身に付けるための冊子をネットで公開しています。家計管理から投資信託まで色々と盛りだくさんの冊子です。特 …

私は令和のネオ社畜だ ww

  私はブログのタイトルに社畜という言葉を使っています。 私は1つの会社に勤めながら、組織や顧客、上司の意向に振り回されながらも、残業を厭わず働いています。そして日々の少しずつのスキル向上や …

脱肛して肛門科に行った話(前編) ~ 肛門科に対する考えを改める

    チャンドラです。   昨年私は脱肛しました。脱肛とはイボ痔がお尻の穴から外に飛び出す症状のことです。そして生まれて初めて肛門科という未知の場所に向かいました。私の …

デジタルカメラの出荷台数は最盛期の1/10・・・

  チャンドラです。   カメラ映像機器工業会によるとデジタルカメラの出荷台数が激減しているようです。 2010年:1億2000万台 2018年:1900万台 たった8年で1/10 …

自分で自分のハードルを上げる日本人は社畜・・・

  私は欧米人と働く機会が多いのですが、 やっぱ日本人って社畜だよなと思うことが多いです。   欧米に比べて日本人の恐ろしいほどの生産性の低さは今更説明の必要はありませんが、 では …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ