資産運用

リスクを考慮せずに投資を語るのは問題外だな ww マーコビッツから学ぶことから始めようか。

投稿日:2021年7月26日 更新日:




 

「リスク (神々への反逆)」からの抜粋。レビュー記事はコチラ。

マーコビッツは従順に図書館に行き、腰を下ろして本を読み始めた。この本の最初の文章が彼に魔法をかけた。

すなわち、「現在の市場価格の下で、すべての銘柄が同等に魅力的であると考える買い手は皆無である・・・それどころか、買い手は「最もお買い得」な銘柄を探すものである。」

その後何年も後に、マーコビッツは私にその時の反応を語りながら、次のように回想していた。「収益のみならず、リスクも問題になるはずだという考えが閃いたのです。」

この考え方は、1990年代ではかなり当たり前になっているが、1952年当時はほとんど関心を惹かず、さらに言えば、マーコビッツの論文が出てから20年間、日の目をみなかった・・・

当時、証券の運用成績に関する判断は、投資家がどれほどの利得を得たか、あるいは損失を被ったかで表されていた。

リスクは無関心だった。

 

Sponsored Link



 

マーコビッツが考案したポートフォリオ理論の基本コンセプトは、リターンだけでなく、リスクという新たな視点をポートフォリオ選択の要素に加えたという点です。つまりこういうことです。

(1) リターンだけでなくリスクを導入し、

(2) リターンを「望ましいもの」、リスクを「望ましくないもの」と捉え、

(3) リターンを最大化して同時にリスクを最小化するポートフォリオは、

(4) 互いに異なる動きをする資産に分散投資することで構築できる。

 

マーコビッツが登場する前から「卵はひとつの籠に盛るな」という格言はありましたが、マーコビッツによってこれが定量的に証明されました。

バーンスタインの本に記載されているように、マーコビッツ登場以前に株式投資においてリスクという概念がなかったというのは注目すべきだと思います。

マーコビッツの登場によってポートフォリオにおけるリスクの重要性が知れ渡ったにも関わらず、2020年代になってリスクを考慮せずに投資が語られているのは、マズいんじゃないかと ww

 

過去記事にも書きましたが、よくやるミスリードは「年率7%のS&P500に10年投資したら元本2倍」ってやつです。

これは複利の便利な公式「72の法則」を適用すればそういう結果になるんですが、「リスクがゼロの場合に限る」という不都合な前提条件が隠されています。

ちなみにリスク20%を適用すれば元本2倍になる確率は37%。

リスクを考慮せずに分かりやすい公式だけに飛びついたら、「え?そうなの?」となるいい例です。

過去の賢人があれだけリスクの重要性を説いてるんですから。リスクが考慮されているかは自分の頭で考えるのが重要ですね。

 

 

関連記事:

S&P500に「72の法則」を適用して「10年後に元本2倍」のウソを確率分布で説明する。

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

リスク (神々への反逆)ピーター・バーンスタインの書評。リスクマネジメントの歴史を理解できる良書。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マネックス・アクティビスト・ファンド。「対話」で企業価値って向上するのかな?

  最近やたら広告で出てくる信託報酬2%超えは私の感覚では高すぎると書きました。 どのファンドかといえば、マネックス・アクティビスト・ファンドなんですけどね。サイト:Link このファンドの …

グローバル3倍3分法ファンドの評価。シャープレシオは高いが私なら買わないな ww

  グローバル3倍3分法ファンド。 そういうファンドがあることは知っていましたが、私は3倍レバレッジという時点で却下というスタンスなので、今まで中身を真面目に見たことはありませんでした。(却 …

「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」の広告が激しく表示されて困惑するんだが ww

  Youtube見てたらオックスフォード・クラブの表示が何回も何回も表示されて嫌なんですが ww 日本人は退職後に警備員やるけどアメリカ人はバカンスを満喫する、この差は何なのか?みたいな。 …

群集心理で爆損 ww【ウォール街のランダム・ウォーカー再読】

  投資で大切なことのほとんどは「ウォール街のランダム・ウォーカー」に書いてます。 私はインデックス投資を志向しているので同書への入れ込みが多少激しいのは否定できませんが、それにしても勉強に …

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

  前回の記事では株価がランダムな動きをすると仮定すると、リターンの確率分布が対数正規分布に従うと紹介しましした。 ではランダムな動きをする株にレバレッジを加えるとどうなるか見てみます。レバ …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ