資産運用

【質問】なぜインデックスファンドだけをひたすら買うの?

投稿日:2020年5月27日 更新日:




 

私のような社畜にも珍しく読者様から質問を受けました。

なぜインデックスファンドだけをひたすら積み立てているのですか? 

もっとリターンが大きいハイテク株や高配当株を買うことはしないのですか?

 

質問どうもありがとうございます!回答させて頂きます。

 

なぜインデックス投資だけなのか?

 

実はこの質問の回答を考えているときに「インデックス投資 vs 個別銘柄投資」というドンピシャなネット記事を見つけたので、引用します。

インデックスファンドへの投資を突き詰めていけば、「私は平均点で充分だ、その代わりコストは極限まで抑えたい」という発想に行き着きます。

平均点で十分なら、自分自身で会社を研究する必要はありません。さらに予測を放棄しているので、運用の責任を自らに問う必要もなく、ただ結果を受け入れるのみです。

つまりインデックス運用を凝縮すれば、「予測の放棄と結果の受け入れ」にあると言えるでしょう。

 

私の回答はこの記事に凝縮されていて、一言でいえばリターンは市場平均でOKということです。私は米国S&P500と全世界株式インデックスに重点投資していますが、過去の米国株式指数のデータからリターンは年率7%だと想定しています。

私にとってはどの個別株をいつ買おうかとあれこれ悩むよりも、インデックスで運用すれば将来欲しいだけのお金が手に入る、というそれだけのことです。

年率7%というのも過去のデータなので、今後このリターンが続く保証はありません。もしかしたら2%かもしれません。でもそんなこと言いだしたら、個別株も同じでしょう。

 

もう一つは個別株をやることで余計なストレスを抱えたくない、という点です。これも前述の記事からの引用です。

個別銘柄投資を長くやっていますと、何度も痛い目に遭いますし、逆に大儲けすることもあります。

人は学問を通して知識を増やすこともできますが、自分の損得勘定を通して身に着く知恵や知識は、学問には代えがたいものがあります。

これは僕自身の経験から申し上げますが、個別株投資を通して身に付いた経験やスキルは、他のあらゆる投資……たとえば債券や保険など紙の資産だけではなく、不動産やコインなど実物資産投資における相場観の形成にも役立ちました。

 

私のブログのタイトルにもあるように、私の本業はサラリーマンです。サラリーマンとして働くには多くのストレスを抱えるわけですが、やりがいを感じることもあります。まあそんな僅かなやりがいのために社畜をしてるわけですが ww

本業に集中するために本業以外でストレスを抱えたくないというのが私の貫くべき方針なので、資産運用にスリルは不要、ということです。加えて、個別株で経験やスキルを身に着けて不動産やビットコインへの投資、なんて予定もありませんしね。

 

Sponsored Link



 

グロース株や高配当株はやらないのか?

 

すでに「なぜインデックスファンドだけなのか?」で答えが出ていると思いますが、少しだけ補足します。現在成長中のグロース株や高配当銘柄が、将来いつまで成長を続けるのか、いつまで高い配当を出し続けるのかは予測できない、という考えが根底にあります。

仮に私がグロース株や高配当銘柄に手を出したとします。将来さらに成長性が高いか高配当な銘柄が出てくるかもしれません。すると、そのとき保有している銘柄を売って、新しい銘柄に乗り換えるかもしれません。株を売って得た利益は20%以上の税金を支払う必要があります。売買を繰り返すということは、その分利益が減るので、トータルの利益を減る可能性が高いと思っています。

時によって魅力的な銘柄が変わり、売買を繰り返すことで利益を減らす。そんなことを避けたいのでインデックスを選んでいます。またインデックスは色んな銘柄の時価総額加重平均なので、分散が効いているから特定の銘柄の暴落リスクを減らせますしね。

あとは、私が大きく影響を受けている「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」という本のレビュー記事を書いているのでこちらも参考にしてください。

 

まあ最近は高配当株かインデックスかで議論が活発ですが、好きなようにしたらいいと思いますよ ww あくまで感覚ですが、仮にコツコツ買い増しして生涯に合計2000万円投資するとして、最終的な利益に数百万円も差は出ないと思っています。無駄な生命保険を解約するとか固定費を削減したら30年でこれくらい稼げるんではないでしょうか。そして資産運用ぐらいで悩むより本業頑張った方がいいかと ww

この回答が参考になればありがたいです。

お問い合わせはこちら

 

関連記事:

「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」だけ読んでおけばよくないか ww

インデックス投資は悦びを奪われた投資法

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

よろしければ読者になって下さい↓

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「S&P500はリスク16%・リターン7%」を考える

  米国株式指数S&P500のリスクは16%、リターンは7%と聞いて何を思うか。細かい数字はさておき、過去の株式指数のリスクとリターンの値を聞いたとき、これを鵜呑みにして将来の指数の …

NISA投資 2階建て | だ☆か☆ら!制度は複雑にしたらダメなんだって

  NISAの制度が「二階建て」に変わるようです。   新たなNISAはリスクの低い投資信託などに対象を限定した積立枠(1階)と、従来通り上場株式などにも投資できる枠(2階)の仕組 …

米国情報技術セクターは2年連続トップをとるか?

  2007年以降のセクター別パフォーマンスを見ていると、どうも情報技術セクターとエネルギーセクターのリターンは負の相関関係があるように見えます。 つまり、情報技術セクターのリターンが高いと …

2019年8月の資産は2622万円!世界的な株安で36万円減少!

  チャンドラです。   2019年8月の資産運用状況を公開します。 合計資産は26,221,049円で前月より36万円減少しました。   履歴: 2019年2月の資産運 …

社畜の資産を公開します | 185万円増加 | 2020年5月末

  2020年5月の資産運用状況を公開します。   合計資産:29,999,209円 前月より185万円増加   総資産の推移: 2020年3月:  26,696,509 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ