社畜

英語を勉強するとしてじゃあ何を話すのか

投稿日:2018年12月12日 更新日:

チャンドラです。

 

だいぶ昔のこと、本だったかブログだったか何かでこのような文章を見た。

 

「日本人は英語を話せないのではない。話す内容がないのだ。」

 

出所は忘れたが、この言葉だけは鮮明に覚えている。何故ならば今の自分にかなり当てはまっているからだ。

 

私の会社の取引先は海外企業なので契約書もメール・電話のやりとりも全て英語。英語で外国人と業務に関連するコミュニケーションとることに苦労は感じない。自分の言いたいことは英語で言えるし、相手の言っていることも早口でなければ理解できる。

 

それがパーティーや飲み会で外国人と話すとなると、話すことができなくなる

好きな日本の食べ物は何か、日本のどこに行ったことがあるか、など表面的な会話しかできない、話が弾まない、盛り上がらない、食事も美味しくない、早く帰りたい。。。

相手がイタリア人なら勝手にペラペラ喋ってくれるので気が楽なのだが、真面目系のアジア系の人ならば会話が無くなってしまうことも。

 

業務ではあれだけ英語で議論できているのに、業務外でどうしてこんなに喋れないのか、と振り返って時、やはり自分には話す内容がないのだと感じる。

 

ではどうして話す内容がないのかというと、やはり業務上必要な知識に比べて他の知識、例えば時事問題の知識や一般教養の知識の獲得に対して貪欲になっていないからだと思う。前者がないと仕事を失うが、後者はなくても仕事を失うことはない。

 

正直なところ本は色々読んでいるので多少の時事関連や一般教養の知識はある。それを英会話のなかでネタとして使えないということは、結局事実に対する意見をもっていないということなんだろう。「原油の値段が下がっている」という事実は知っていても、「それが産油国や非産油国に●●な影響を及ぼし、その結果●●になる。だから自分は賛成 or 反対だ」を言えない。「事実に対する自分のスタンスを表明することができない」 =「話す内容がない」ということなんだろう。

 

英語を話せるようになるための教育は大切だし、やるべきだと思う。ただしそれだけでは不十分で自分の意見を作る訓練も必要だ。それも色々な分野で。そうでないと業務上の会話しかできない人間になってしまう。

 

それはあまりにも寂しい。

 

 

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無意識に買い占めに加担していたかもしれない

Sponsored Link     会社帰りにスーパーに寄った。自炊用の食材を買うため。 ふと缶詰コーナーの前を通ったとき、普段より缶詰の量がかなり少ないことに気が付いた。東京都 …

そろそろ社畜して投資のリターンのことは忘れようか ww

  2020年前半はかなり忙しくて毎月の残業時間が60時間くらいでした。一方で、後半はコロナの影響もあって仕事量も少し減って早く帰れる日が続きました。 早く帰れる日が続いたのは5年ぶりくらい …

ビール飲んで銭湯入ってアイス食えば幸せ。ショボいけど幸せ。

  「若者の消費離れ」という言葉は良く聞きますが、私自身も何に幸せを感じるかと言えば、確かに物を消費することに対する快感は年々薄れています。 幸福感を感じる時といえば、ある程度仕事が忙しい時 …

IMFが消費税15%増税を提言 ww 株式売却益増税も ww

  IMFは報告書の中で日本政府による消費税増税を提言したそうです。2030年までに段階的に15%まで引き上げるよう提言したとのこと。時事通信の記事の抜粋。 報告書は、財政赤字が膨れ上がる中 …

全ての人を納得させるなんて出来ん! ww | 私が実践する5つの方法

    サラリーマンとして働いていて、もっとも生産性のない作業は社内調整だと思います。特に複数の部署や組織が関わるような意思決定をする場合、調整に時間がかかります。なぜなら多くの人 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ