レビュー 資産運用

ウォーターフォール投資法の謎。「毎月5000円で自動的にお金が増える方法」書評。

投稿日:2021年9月24日 更新日:




 

「毎月5000円で自動的にお金が増える方法」でミアン・サミ氏が提唱しているのがウォーターフォール投資法。

何か気づきが得られるのではないかと思って読んでみました。

私が提案するのが、自動的に資産が増えるシステム、名づけて「ウォーターフォール投資法」です。・・・

このウォーターフォール投資法を実践すれば、多くの人が年利回り20%以上の資産運用を達成できます。

おっ、それエエやん。利回り20%はスゴイですよ。

で、どんな方法かというと、下の4つのステップを踏むとのこと。

(1) 支出を減らし、資金を確保する。

(2)「確定拠出年金」に加入して世界一の資産運用法をアレンジして投資。

(3)「NISA」を使ってETFに分散投資を行う。

(4) ウォーレン・バフェット氏の投資法を参照する。

 

なるほど・・・

目新しさはないですね・・・そして色々疑問もある ww

 

Sponsored Link



 

(1)~(3)は、まあ特に目新しいことはないでしょう。節約して資金確保 -> NISA・確定拠出年金活用 -> ETFで分散投資 というのは「ほったらかし投資術」(私はこの本スキ)とかで紹介されてますしね。

(2)で世界一の資産運用法、というのはレイダリオ氏のポートフォリオのことです。ダリオ氏のポートフォリオは過去記事でも紹介してますが、S&P500に比べてシャープレシオがかなり高いので、私も気にはなっています。やらないけど。

理由は、いくつかの指数を混ぜて作ってるので比率を定期的にチェックしてリバランスするという面倒臭さがあるから。

で、問題は(4)。(3)のETFで終えずになぜバフェットのポートフォリオをわざわざ追加するのか、私には理解できませんでした。

バフェット氏の投資法を参照する理由は、言うまでもなく、17歳のときから投資を始めて、元金の約60万円を約6兆円にまで増やしたという実績があるからです。

ダリオ氏と同様、数字の裏付けと再現性がある。

つまり、科学的に勝てる。

意味不明です。実績があるから「科学的に勝てる」とは言えないのでは?と思います。

なぜ、ダリオ+バフェットでポートフォリオをメチャクチャにするのか?そこの説明が弱い気がしますね。

もっと意味不明だったのは、ウォーターフォール投資法をマズローの欲求に対応させて説明している点。

 

発想は面白いですが、無理やりすぎじゃないかな・・・。

バフェットを真似るのがなぜ「自己実現の欲求」に対応するんでしょう ww

一部の「?」な点はさておき、NISAや確定拠出年金の節税効果は、実際の計算を通してかなり具体的に書いているので、その辺りは参考になると思います。

 

引用書籍:

 

 

関連記事:

S&P500に「72の法則」を適用して「10年後に元本2倍」のウソを確率分布で説明する。

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-レビュー, 資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

30年間積み立てるのと40年間積み立てるのでリターンはどれだけ変わるか?

    チャンドラです。   積立投資はできるだけ長い期間積み立てる方が高いリターンを得られる可能性が高いです。つまり積立投資を始める歳が若ければ若いほどいいということで …

資産運用はただ金を増やすだけの単純なものではない。真剣に取り組むほど金以外で得るものは多い。

  私はブログのサブタイトルに「資産運用とは身銭を切って人生と向き合うことだ」と書いています。 たかが株を買うことぐらいで人生と向き合うだなんて大げさでしょうか?私はそうは思いません。 人間 …

平均的なサラリーマンの生涯貯金額とライフサイクル投資

  私が名著だと思っている「ライフサイクル投資術」は、今手元にある現金をベースに株式比率を計算するのではなく、生涯の貯金額をベースに株式比率を計算しろと説いています。 例えば30歳で手元に5 …

壊れた高級キーボードを自力で修理成功ww

  私はよく使うものには金を惜しまずに使います。 キーボードは特にそうで、毎日パソコンを使って仕事をするので、キーボードはちょっと高級なメカニカルキーボードを使っています。私が愛用しているの …

私が投資で学んだことは「不確実性への対処方法」。リスク管理は仕事・生活に応用出来て汎用性が高い。

  インデックス投資を開始して2年半近くが経過しました。 投資を始めた当初は、投資関連の書籍やニュース記事を読むことで経済や金融に詳しくなることを資産運用の副次的な効果として期待していました …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ