レビュー 資産運用

ウォーターフォール投資法の謎。「毎月5000円で自動的にお金が増える方法」書評。

投稿日:2021年9月24日 更新日:




 

「毎月5000円で自動的にお金が増える方法」でミアン・サミ氏が提唱しているのがウォーターフォール投資法。

何か気づきが得られるのではないかと思って読んでみました。

私が提案するのが、自動的に資産が増えるシステム、名づけて「ウォーターフォール投資法」です。・・・

このウォーターフォール投資法を実践すれば、多くの人が年利回り20%以上の資産運用を達成できます。

おっ、それエエやん。利回り20%はスゴイですよ。

で、どんな方法かというと、下の4つのステップを踏むとのこと。

(1) 支出を減らし、資金を確保する。

(2)「確定拠出年金」に加入して世界一の資産運用法をアレンジして投資。

(3)「NISA」を使ってETFに分散投資を行う。

(4) ウォーレン・バフェット氏の投資法を参照する。

 

なるほど・・・

目新しさはないですね・・・そして色々疑問もある ww

 

Sponsored Link



 

(1)~(3)は、まあ特に目新しいことはないでしょう。節約して資金確保 -> NISA・確定拠出年金活用 -> ETFで分散投資 というのは「ほったらかし投資術」(私はこの本スキ)とかで紹介されてますしね。

(2)で世界一の資産運用法、というのはレイダリオ氏のポートフォリオのことです。ダリオ氏のポートフォリオは過去記事でも紹介してますが、S&P500に比べてシャープレシオがかなり高いので、私も気にはなっています。やらないけど。

理由は、いくつかの指数を混ぜて作ってるので比率を定期的にチェックしてリバランスするという面倒臭さがあるから。

で、問題は(4)。(3)のETFで終えずになぜバフェットのポートフォリオをわざわざ追加するのか、私には理解できませんでした。

バフェット氏の投資法を参照する理由は、言うまでもなく、17歳のときから投資を始めて、元金の約60万円を約6兆円にまで増やしたという実績があるからです。

ダリオ氏と同様、数字の裏付けと再現性がある。

つまり、科学的に勝てる。

意味不明です。実績があるから「科学的に勝てる」とは言えないのでは?と思います。

なぜ、ダリオ+バフェットでポートフォリオをメチャクチャにするのか?そこの説明が弱い気がしますね。

もっと意味不明だったのは、ウォーターフォール投資法をマズローの欲求に対応させて説明している点。

 

発想は面白いですが、無理やりすぎじゃないかな・・・。

バフェットを真似るのがなぜ「自己実現の欲求」に対応するんでしょう ww

一部の「?」な点はさておき、NISAや確定拠出年金の節税効果は、実際の計算を通してかなり具体的に書いているので、その辺りは参考になると思います。

 

引用書籍:

 

 

関連記事:

S&P500に「72の法則」を適用して「10年後に元本2倍」のウソを確率分布で説明する。

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-レビュー, 資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私が特定のセクターに集中投資しない理由は金の循環。巡る~巡る~よ金は巡る♪

    ハイテクとか半導体とかエネルギーに特化したETFはたくさんあります。ハイテクのETFならVTF (バンガード情報技術セクター)が有名です。 S&P500に連動する市 …

eMAXISシリーズのシャープ・レシオ

  チャンドラです。   株式投資の運用成績を見る指標として、リスク、リターンの他にシャープ・レシオがあります。下の表はmyINDEXで見たeMAXIS 全世界株式の実績です。 シ …

たとえインデックス投資でも損益の動きは激しい

  チャンドラです。   私は米国S&P500と全世界株式のインデックス・ファンドに積立投資をしています。 個別株に比べてインデックス投資は投資先が分散されているので値動き …

【衝撃】アマゾン化する未来 (ベゾノミクスが世界を埋め尽くす)

  アマゾンの現在を知るには良書です。 アマゾン化する未来ベゾノミクスが世界を埋め尽くす【電子書籍】[ ブライアン・デュメイン ] posted with カエレバ 楽天市場 Amazon …

評判が良いコロンビア アーチャーリッジ ジャケット | 購入後レビュー

  チャンドラです。   コロンビアのアーチャーリッジ ジャケットを買いました。 メチャクチャ着やすくて大正解でした!この記事が真冬のジャケット選びの参考になれば幸いです。 (追記 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ