資産運用

米国株に投資するとか言っときながらテキサスしか行ったことない

投稿日:


 

チャンドラです。

 

私はeMAXIS Slim 米国S&P500に積立投資していて、これを30年間続ければ資産を増やせると固く信じています。

と、記事で主張し続けているわけですが、何を隠そうアメリカにはほとんど行ったことありません。

唯一行ったことがあるのはテキサス州だけで、しかもたった1週間出張しただけです。

 

入社して間もないころ、テキサスの会社と仕事することになったのですが、

「あの会社は何やっているかよく分からんから色々聞き出してこい」と送り込まれて、

ジョージ・ブッシュ空港に到着

相手の会社で連日ひたすら打ち合わせするもテキサス訛りがキツくて何言ってるか分からず、

本社から「おまえは何しに行ってるんだ。根性出して色々聞き出せ」とケツを叩かれ、

ヒューストン宇宙センターにはもちろん行く暇はなく、

アメリカの都会の大学出た帰国子女とかに話すと、「テキサスみたいな田舎行くとか超ウケる(笑)」とか言われます。

 

ところでテキサス州の経済規模はカリフォルニア州に次いで米国第2位で、世界10位のカナダを超えるほどの規模です。

 

そして全てがデカい。

 

人がデカい

家がデカい

コーヒー1杯がデカい

ステーキがデカい

声がデカい

態度もデカい

 

 

テキサス州には大規模なガス田があって、2000年代からシェール革命が起きて天然ガスをガンガン生産し始めたので、州全体の景気がよくなったのです。

体も態度もデカい人たちが、デカい車に乗って豪快に生活しているのを見ると、経済も成長していくんだな、と感じます。

一方で体格も貧相で性格もネチッこい日本人がチミチミ節約して生活しているのを見ると、そりゃ経済も良くならないし、日本に投資する気もおきないな、と思うわけです。

 

あとは雰囲気。

デカい人たちが豪快に生活していても、街がゴミだらけで汚ければ魅力を感じませんが、

ダラスやヒューストンは整備されていて清潔でした。

 

このように私が行ったのはテキサスにたった数日ですが、ほんの少しだけでもその国に行って投資してみたい国かどうかを感じてみるのは、とても重要なことだと思います。

それでは。

 

関連記事:

部屋が汚いとお金がたまらないから貧乏のまま!

30代平凡な会社員が6年で2000万円貯めた方法

2019年前半(1月~4月)に買ったもの | 服・家電・雑貨

Sponsored Link



 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

  人が株式投資をする目的は、何と言っても資産を増やすためでしょう。 ここで一歩踏み込んで「資産をどのように増やしたいか?」と問えば、「資産を2倍や3倍に増やしたい」というよりも「資産を増や …

金融機関の窓口で資産運用の相談 ww その結果爆死 ww

  相手にもっと質問しろ。もっと相手の意図を探れ。 人材開発系の欧米人のオッサンと話したときに言われた言葉です。日本人はハイコンテキストな文化(みなが同じ価値観を共有する社会だから、伝える努 …

米国S&P500 | 最高のリターンと最悪のリターンは同じ年に発生する

  バンガード社はコラム「市場の下落期に避けるべき3つの過ち」というコラムで、「最高の取引日も最悪の取引日もほぼ同時に起こる」ため、「マーケット・タイミングは不毛な行為」と述べています。以下 …

お金について新社会人に伝えたいこと

  チャンドラです。   私は社会人7年目ですが、新社会人のころはお金に関してあまりにも無知でした。 私が7年前に戻れるならやっておくべきだったことを書きたいと思います。新社会人の …

先進国株と新興国株の割合 ~ myINDEXでシミュレーションした結果

    チャンドラです。   資産運用のポートフォリオを決める際にそのポートフォリオがどれだけのリスクとリターンが見込めるかを把握することが大切です。ポートフォリオとは現 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ