資産運用

米国株式インデックス・ファンドの信託報酬の差の効果

投稿日:2019年9月4日 更新日:




 

チャンドラです。

 

いくつかの米国株式インデックス・ファンドが販売されていますが、信託報酬に違いがあります。

eMAXISや楽天などの有名な低コストファンドの信託報酬は次の通りです。

 

eMAXIS Slim S&P500 米国株式:0.162%

楽天全米株式インデックス・ファンド:0.1596%

SBI・バンガード・S&P500:0.09264%

 

SBI・バンガード・S&P500はSBIアセットマネジメントが2019年9月26日に設定する予定のインデックス・ファンドです。

信託報酬が高い方から並べると、eMAXIS > 楽天 > SBI となります。

これら3つのインデックス・ファンドの信託報酬の差が運用成績のどれだけ効いてくるかをみてみます。

 

利回り3%で30年間運用した場合

 

累計投資金額:1,800万円

eMAXIS S&P500:2,860万円 (0)

楽天全米株式:        2,861万円 (+1万円)

SBI・バンガード:  2,894万円 (+34万円)

 

利回り5%で30年間運用した場合

 

累計投資金額:1,800万円

eMAXIS S&P500:4,065万円 (0)

楽天全米株式:        4,067万円 (+2万円)

SBI・バンガード:  4,116万円 (+51万円)

 

利回り7%で30年間運用した場合

 

累計投資金額:1,800万円

eMAXIS S&P500:5,882万円 (0)

楽天全米株式:        5,884万円 (+2万円)

SBI・バンガード:  5,959万円 (+77万円)

 

まとめ

Sponsored Link



 

信託報酬の差は運用成績にそこそこの影響が出ることが分かりました。

利回りが7%で30年間運用した場合、SBIはeMAXISよりも77万円高い利益を出せることが分かりました。たった0.07%の差ですが結構きいてきますね。

インデックスのファンド選びの原則は信託報酬が安いものを選ぶことです。ただインデックス・ファンドの信託報酬引き下げはしょっちゅう行われているので、いずれはどのファンドの信託報酬もほとんど同じレベルに収斂していくと思います。

そうであればeMAXISや楽天を持ち続けて信託報酬が下がるのを待っておくだけでOKです。

それでは。

 

関連記事:

インデックス投資の信託報酬は0.1%安いとどれだけ得するか?

ドルコスト平均法でインデックス投資するのが最も精神的に楽

物にこだわるサラリーマンが今年買ってよかった物を全て紹介 ~2018年度版

Sponsored Link



 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

資産運用は煽られて無理してやるべきものではない

  チャンドラです。   日本人は他国に比べて現金志向が強く、投資に消極的だと言われています。 日本銀行の調査によると株式や投資信託で資産運用している人の割合は15%程度です。 引 …

運用益は過去最高に | 社畜の資産を公開 | 2020年8月末

  2020年8月の資産運用状況を公開します。   合計資産:35,588,860円 前月より192万円増加   総資産の推移: 2020年6月:  30,672,031 …

インフレ時代は公益株式・新興国株式・金が狙い目らしいが・・・。

    ピクテの記事からの引用。 迫り来るインフレから資産を守るため、初めて資産運用を検討されている方がいらっしゃるかもしれません。また、改めてインフレに強い資産を探されている方も …

FRBが政策金利を引き上げる意味

  チャンドラです。   「米FRBが政策金利を利上げ、トランプ氏の圧力に対抗」というタイトルの記事を見ました。これだけ見ても経済に疎ければ何を言っているか分かりません。 FRBは …

WealthNaviはポートフォリオをどのように決めているのか?を説明する。

  過去に「WealthNaviのアルゴリズムを読むべし。現代ポートフォリオ理論に基づいてキッチリ分散。」という記事を書きました。 WealthNaviで運用することの是非はさておき、そのア …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ