資産運用

米国株式インデックス・ファンドの信託報酬の差の効果

投稿日:2019年9月4日 更新日:




 

チャンドラです。

 

いくつかの米国株式インデックス・ファンドが販売されていますが、信託報酬に違いがあります。

eMAXISや楽天などの有名な低コストファンドの信託報酬は次の通りです。

 

eMAXIS Slim S&P500 米国株式:0.162%

楽天全米株式インデックス・ファンド:0.1596%

SBI・バンガード・S&P500:0.09264%

 

SBI・バンガード・S&P500はSBIアセットマネジメントが2019年9月26日に設定する予定のインデックス・ファンドです。

信託報酬が高い方から並べると、eMAXIS > 楽天 > SBI となります。

これら3つのインデックス・ファンドの信託報酬の差が運用成績のどれだけ効いてくるかをみてみます。

 

利回り3%で30年間運用した場合

 

累計投資金額:1,800万円

eMAXIS S&P500:2,860万円 (0)

楽天全米株式:        2,861万円 (+1万円)

SBI・バンガード:  2,894万円 (+34万円)

 

利回り5%で30年間運用した場合

 

累計投資金額:1,800万円

eMAXIS S&P500:4,065万円 (0)

楽天全米株式:        4,067万円 (+2万円)

SBI・バンガード:  4,116万円 (+51万円)

 

利回り7%で30年間運用した場合

 

累計投資金額:1,800万円

eMAXIS S&P500:5,882万円 (0)

楽天全米株式:        5,884万円 (+2万円)

SBI・バンガード:  5,959万円 (+77万円)

 

まとめ

Sponsored Link



 

信託報酬の差は運用成績にそこそこの影響が出ることが分かりました。

利回りが7%で30年間運用した場合、SBIはeMAXISよりも77万円高い利益を出せることが分かりました。たった0.07%の差ですが結構きいてきますね。

インデックスのファンド選びの原則は信託報酬が安いものを選ぶことです。ただインデックス・ファンドの信託報酬引き下げはしょっちゅう行われているので、いずれはどのファンドの信託報酬もほとんど同じレベルに収斂していくと思います。

そうであればeMAXISや楽天を持ち続けて信託報酬が下がるのを待っておくだけでOKです。

それでは。

 

関連記事:

インデックス投資の信託報酬は0.1%安いとどれだけ得するか?

ドルコスト平均法でインデックス投資するのが最も精神的に楽

物にこだわるサラリーマンが今年買ってよかった物を全て紹介 ~2018年度版

Sponsored Link



 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

楽天証券でポイント投資したときの効果をシミュレーション

  チャンドラです。   楽天証券では投資信託の積み立てをクレジットカードで決済できます。 この際、楽天カードを使うと楽天スーパーポイントを貯めることができます。 そして貯まった楽 …

あー。ヒマすぎる。投資でほぼ迷うことがないインデックス投資家に工夫の余地はあるのか?

  インデックス投資といえば銘柄選びが不要なので投資において特に考えることがないとも言えます。極端に言えば思考停止の投資法です。 良くいえば時間を節約できて銘柄分析に割く時間を他の時間に費や …

インデックス投資は社会コストを負担しないタダ乗り投資法か?ええやん、タダ乗りでも ww

  「世界を見てきた投資のプロが新入社員にこっそり・・・」からの抜粋。 世界を見てきた投資のプロが新入社員にこっそり教えている驚くほどシンプルで一生使える投資の極意 [ 加藤 航介 ] po …

eMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)の損益 | 2019年11月末

  私が毎週積み立てているeMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)の損益は次の通りでした。   積立額:7,671,000円 評価額:8,215,131円 損益:+544, …

インフレが怖いから投資信託で資産運用する

  チャンドラです。   総務省が2018年度の全国消費者物価指数が前年度に比べて0.8%上昇したと発表しました。消費者物価指数は商品の物価の変動を表す指数で、物価がどれだけ上昇し …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ