資産運用

米国長期金利と短期金利の差は何を意味するか?

投稿日:2018年12月22日 更新日:

 

チャンドラです。

 

米国の景気を予測するうえで長期金利と短期金利の差が需要な指標となります。

この長短金利差について説明します。

 




 

長短金利差とは?

 

長期金利とは償還期間が1年以上の債券、短期金利は償還期間が1年以内の債券のことです。

短期金利は中央銀行の金融政策によって決定されます。米国の場合FRB(連邦準備理事会)が決定します。FRBは米国の景気が過熱気味で今後インフレが発生すると予想した場合、短期金利を上げて経済活動を抑制します。逆に景気が悪いと判断した場合は、金利を下げて経済活動を助長します。

 

FRBが政策金利を引き上げる意味

 

一方、長期金利は市場の判断で決定されます。一般的に10年国債利回りが長期金利の指標として用いられます。市場の投資家は短期金利に「期待インフレ率」「期待成長率」「リスクプレミアム」を上乗せして国債の売買を行います。

  • 期待インフレ率:投資家が将来物価が上がると予想する場合、この物価上昇分が長期金利に上乗せされます。
  • 期待成長率:投資家が将来経済が成長して長期の資金需要が高まると予想する場合、この文が長期金利に上乗せされます。
  • リスクプレミアム:投資家が投資に値すると判断できる程度の上乗せ金利です。リスク (=不確実性)が高いほど大きくなります。

 

長短金利差は(長期金利)-(短期金利)で表します。通常長期金利の方が短期金利よりも大きいため、超短金利差はプラスになります。理由は上述のように、長期金利には「期待インフレ率」「期待成長率」「リスクプレミアム」が上乗せされるからです。

 

 

長短金利差逆転とは?

 

通常プラスである長短金利差がマイナスになることです。短期金利が長期金利よりも大きくなります。

中央銀行は景気が過熱していると判断した場合短期金利を引き上げます。一方で市場が将来の景気が落ち込むと判断した場合、長期金利の上昇が鈍くなり、その結果長短金利差が逆転することがあります。

米国では長短金利差が逆転すると、その数年後に不景気になるという経験則があります。例えば2000年と2006年に金利差が逆転した後、株価が下落局面に入りました。

そのため長短金利差は将来の景気を予測するうえで重要な指標となっています。

 

参考:日興アセットマネジメントのウェブサイト

 

長短金利差が逆転すると何故不景気になるのか?この時長期金利よりも短期金利の方が大きくなるので、銀行が企業への融資を控えるようになります。なぜなら、銀行は短期の資金を調達して長期で貸し出すビジネスをしているため、短期金利の方が長期金利より大きいと融資する方が損だからです。こうして銀行全体に貸し渋りの動きが広がっていき、少し遅れて不景気になります。これがざっくりとした理由です。

 



 

2018年の米国の長短金利差は?

 

長期金利と短期金利の差は縮まっており、12月3日にはついに米3年金利が5年金利を11年半ぶりに上回るという動きが見られました。そして景気後退の指標として最も注目される2年金利と10年金利の差も同様に縮まっており、12月現在0.15%差となっています。

 

参考:Bloomberg

 

このまま2年金利と10年金利も逆転するのでしょうか?動向を注視したいと思います。

 

それでは。

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる。3倍レバレッジが危険な理由を定量的に説明。

  前回の記事では株価がランダムな動きをすると仮定すると、リターンの確率分布が対数正規分布に従うと紹介しましした。 ではランダムな動きをする株にレバレッジを加えるとどうなるか見てみます。レバ …

マンション投資の電話勧誘がウザすぎる(怒)

  最近、マンション投資の勧誘電話がよくかかってきます。それがウザすぎて困っているのです。 電話に出るとメチャクチャ早口で、「株式会社××の●●と申します!こんにちわ!突然ですが税金対策でマ …

企業は何年S&P500インデックス構成銘柄でいられるのか?

  S&P500米国株式インデックスは米国の代表的な500銘柄を時価総額加重平均した指数です。 構成銘柄に採用されている企業の時価総額が縮小したり倒産したり、他社に合併吸収されたりし …

総資産が5000万円を超えたが、インデックス投資ではすぐに金持ちにはなれないのが実感できる

  総資産:5,042万円 リスク資産:4,700万円 現金:342万円 総資産における現金比率:6.8%   投資額:3,200万円 リターン:1,500万円 リターン/投資額: …

なんで株価暴落で狼狽売り ww

  S&P500は最高値から2月末に10%以上暴落。3/2に再度上昇すると3/3はまた3%近く下がりました。3月中は上がるのか下がるのかよく分からない状態です ww インデックス1本 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ