資産運用

米国株式時価総額はパレートの法則 (80:20の法則)に従うか?

投稿日:2020年10月30日 更新日:




 

経済学でよく使われるのがパレートの法則です。別名80:20の法則とも言われていて、「全体の数値の大部分は全体を構成する一部が生み出している」ことを言います。

パレートの法則に従う現象にはいくつかあります。例えば;

(1) 売上の8割は、全顧客の2割が生み出している。

(2) 商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。

(3) 売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。

(4) 仕事の成果の8割は、使った時間全体の2割の時間で生み出している。

(5) 故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある。

どれもピッタリ80:20になるわけではないのですが、色々な統計データを分析すると、おおよそ80:20に従うことが分かっています。80:20というパターンが色々な分野で出てくるのは面白いですよね。

ここまで見るとパレートの法則は株式時価総額にも当てはまるのか見てみたくなる。おそらく従うんでしょう ww やってみました。

 

Sponsored Link



 

2020年10月中旬時点での米国時価総額ランキング上位は次の通り。GAFAMが圧倒的であることは前の記事でも紹介しました。

次にS&P500全ての企業に対してパレート図を作ってみたのが下のグラフです。

ここから主に何が見えるかと言うと:

(1) 時価総額全体の20%は3社 (アップル、アマゾン、マイクロソフト)が生み出している。

(2) 時価総額全体の30%は11社 (トップ3社に加えてフェイスブック、グーグル、ウォールマート、J&J、P&G、エヌビディア、マスターカード、ビザ)が生み出している。

(3) 時価総額全体の80%は148社が生み出している。その148社はS&P500全体の29.6%に相当する。

 

(3)に注目です。パレートの法則に従うと仮定すると、全時価総額の80%を上位20%の会社が生み出すことになります。実際のデータをみると上位29%が生み出していることが分かったので、パレートの法則はまあまあ当たっていると思います。これは面白い ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

企業は何年S&P500インデックス構成銘柄でいられるのか?

  S&P500米国株式インデックスは米国の代表的な500銘柄を時価総額加重平均した指数です。 構成銘柄に採用されている企業の時価総額が縮小したり倒産したり、他社に合併吸収されたりし …

NISA | eMAXIS Slim 先進国株式の損益 | 2019年12月末

  私はつみたてNISAでeMAXIS Slim 先進国株式インデックスに投資しています。 今月の損益は次の通りでした。   積立額:300,006円 評価額:334,610円 損 …

積み立てNISAは年初に40万円一括投資すべきか?

  読者様から質問をいただきました。コメント欄で返信済みですが、なかなか面白い質問だったので記事に残しておきます。 ちよっと長いですが、20年間長期投資するとして積立nisaの上限額40万円 …

「電子書籍を買うか紙の本で買うか」は「繰り返し読むか?」で決める。

  本を電子書籍で買うか紙の本で買うか?は悩みどころだと思います。 私の基準は「繰り返し読む本なのか」で判断しています。もしある本を繰り返し読むのであれば電子書籍。一度読んだらもう読まないよ …

米国S&P500の最適なレバレッジが1.75倍の理由。だからSPXLの3倍は高すぎる

  米国S&P500の最適なレバレッジは1.75倍であることは前回の記事ですでに紹介しました。なぜかこの記事のアクセス数が異常に高かったので、もう少し分かりやすくかみ砕いた内容で再掲 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログで運用成績を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ