資産運用

米国株式時価総額はパレートの法則 (80:20の法則)に従うか?

投稿日:2020年10月30日 更新日:




 

経済学でよく使われるのがパレートの法則です。別名80:20の法則とも言われていて、「全体の数値の大部分は全体を構成する一部が生み出している」ことを言います。

パレートの法則に従う現象にはいくつかあります。例えば;

(1) 売上の8割は、全顧客の2割が生み出している。

(2) 商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。

(3) 売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。

(4) 仕事の成果の8割は、使った時間全体の2割の時間で生み出している。

(5) 故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある。

どれもピッタリ80:20になるわけではないのですが、色々な統計データを分析すると、おおよそ80:20に従うことが分かっています。80:20というパターンが色々な分野で出てくるのは面白いですよね。

ここまで見るとパレートの法則は株式時価総額にも当てはまるのか見てみたくなる。おそらく従うんでしょう ww やってみました。

 

Sponsored Link



 

2020年10月中旬時点での米国時価総額ランキング上位は次の通り。GAFAMが圧倒的であることは前の記事でも紹介しました。

次にS&P500全ての企業に対してパレート図を作ってみたのが下のグラフです。

ここから主に何が見えるかと言うと:

(1) 時価総額全体の20%は3社 (アップル、アマゾン、マイクロソフト)が生み出している。

(2) 時価総額全体の30%は11社 (トップ3社に加えてフェイスブック、グーグル、ウォールマート、J&J、P&G、エヌビディア、マスターカード、ビザ)が生み出している。

(3) 時価総額全体の80%は148社が生み出している。その148社はS&P500全体の29.6%に相当する。

 

(3)に注目です。パレートの法則に従うと仮定すると、全時価総額の80%を上位20%の会社が生み出すことになります。実際のデータをみると上位29%が生み出していることが分かったので、パレートの法則はまあまあ当たっていると思います。これは面白い ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マスコミの切り取り報道とデータの平均値は似てるな ww 平均値は「ある一面」に過ぎないんだからッッ!

  最近、統計の専門家の話を聞く機会があったんです。 確率・統計の基本的な説明だったのですが、そこで非常にイイ事を言ってたんです。それは何かというと、 「あるデータの平均値ってのは、そのデー …

他人に評価損を指摘されると腹立つ ww

  3月16日の米国株式市場は大荒れ。S&P500は12%安の2386まで下げました。2019年の上昇分をほぼ全て失うという結果に。こんなに下がると思っていませんでした。ゴールドマン …

インデックス投資 | リスク・リターンと元本割れする確率の関係

  チャンドラです。   資産運用するうえで怖いのが元本割れです。 30年間根気強く積み立てて老後にさあ現金化しようとしたときに、投資額よりも低い評価額となっていたときの絶望感は半 …

まわりにインデックス投資してる人が全然いない・・・

  チャンドラです。   私の職場の度人間に何か資産運用をしているか聞いてみたところ、 何も投資していない人が50% 個別株に投資している人が30% マンション買って家賃収入を得て …

【リスク分散】サラリーマンは本業収入もポートフォリオの一部と考えろ

  不動産や株式投資で資産運用するサラリーマンが増えています。資産運用するうえで重要なのはリスク分散です。例えばある特定の企業の株だけに資産の大部分をぶち込んだ場合、資産の増減がその企業の業 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ