資産運用

米国株式市場の200年間セクターの興亡

投稿日:2020年10月23日 更新日:




 

米国株式市場で各セクターの時価総額がどのように推移してきたかをこの記事で見ることができます。

例えば19世紀では市場のほとんどを金融セクターと輸送セクターが占めていました。一方で1920年代になると他のセクターの割合が大幅に増えて金融・輸送セクターは大きく下がったことが分かります。

引用:Visualcapitalism

この表は1900年と2018年に各セクターが占める割合を比較したもの。

かつて最大の時価総額を誇った輸送セクターは2018年にはたったの2%しかありません。この当時の輸送セクターには鉄道企業が入っていました。

金融は1900年と同程度の20%を維持しています。そしてコミュニケーション・セクターが大きく伸びている。

一方で1900年には存在しなかった情報技術とヘルスケアがあわせて20%以上の割合を占めるようになっていますね。2020年現在だとこの割合はもっと大きくなっています。

 

Sponsored Link



 

 

元記事は過去200年の推移を見ることで将来の株式市場を予測するのがいかに難しいかが分かると言っています。

私は現在30歳前半なのであと50年近くは生きていられる見込みですが、50年の間に市場がどうなるのか予測するのは難しそうです。

ただしこのグラフを見ると、ヘルスケアや情報通信技術セクターが1920年代に出現して以降は新しいセクターが生まれていないことが分かります。

この傾向が続けば、今後新しいセクターが生まれることはなくて今存在するセクターの中で、あるセクターが増えて別のセクターが減るのが繰り返されるのかもしれませんね。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

S&P500暴落の歴史。COVID-19なんてまだまだ甘いな。すぐ回復したし。

  Visualcapitalistからの引用。2020年はCOVID-19でS&P500指数は最大34%暴落しましたが、過去の歴史を見れば34%はまだまだ大したことがないようです。 …

中途半端に個別株買うならインデックス・オンリーの方がいいと思うが。

  S&P500とか全世界株式のインデックス・ファンドをポートフォリオの主力に置いて、少しだけ個別株を買うという考え方。 私も試してみようかな、と考えたことがあるのですが、結局やめて …

社畜の資産を公開 | 300万円増加 | 2020年7月末

  2020年7月の資産運用状況を公開します。   合計資産:33,662,607円 前月より300万円増加   総資産の推移: 2020年5月:  29,999,209 …

米国長期金利と短期金利の差は何を意味するか?

  チャンドラです。   米国の景気を予測するうえで長期金利と短期金利の差が需要な指標となります。 この長短金利差について説明します。     長短金利差とは? …

超胡散臭いESG投資。個人の資産形成に向いていないと思う理由。

  私が超胡散臭いと感じるのがESG投資と、ESG投資を個人投資家に推奨する記事とか書籍。 私の考えでは、ESG投資は個人の資産形成には向いていません。 「持続可能な社会に貢献」するのが目的 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ