資産運用

米国株式市場の200年間セクターの興亡

投稿日:2020年10月23日 更新日:




 

米国株式市場で各セクターの時価総額がどのように推移してきたかをこの記事で見ることができます。

例えば19世紀では市場のほとんどを金融セクターと輸送セクターが占めていました。一方で1920年代になると他のセクターの割合が大幅に増えて金融・輸送セクターは大きく下がったことが分かります。

引用:Visualcapitalism

この表は1900年と2018年に各セクターが占める割合を比較したもの。

かつて最大の時価総額を誇った輸送セクターは2018年にはたったの2%しかありません。この当時の輸送セクターには鉄道企業が入っていました。

金融は1900年と同程度の20%を維持しています。そしてコミュニケーション・セクターが大きく伸びている。

一方で1900年には存在しなかった情報技術とヘルスケアがあわせて20%以上の割合を占めるようになっていますね。2020年現在だとこの割合はもっと大きくなっています。

 

Sponsored Link



 

 

元記事は過去200年の推移を見ることで将来の株式市場を予測するのがいかに難しいかが分かると言っています。

私は現在30歳前半なのであと50年近くは生きていられる見込みですが、50年の間に市場がどうなるのか予測するのは難しそうです。

ただしこのグラフを見ると、ヘルスケアや情報通信技術セクターが1920年代に出現して以降は新しいセクターが生まれていないことが分かります。

この傾向が続けば、今後新しいセクターが生まれることはなくて今存在するセクターの中で、あるセクターが増えて別のセクターが減るのが繰り返されるのかもしれませんね。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年8月の資産は2622万円!世界的な株安で36万円減少!

  チャンドラです。   2019年8月の資産運用状況を公開します。 合計資産は26,221,049円で前月より36万円減少しました。   履歴: 2019年2月の資産運 …

米国S&P500に投資して資産を10倍にできる確率は意外に高い

  私は米国株式指数S&P500に連動するインデックスファンドに投資しています。S&P500の過去の実績によれば年平均リターンが7%、標準偏差が20%程度で推移してきたことが …

半導体セクターETFのSMH ww 私なら絶対買わない ww 絶好調の半導体もいつかは製鉄業のように・・・。

  SMHという半導体企業の株価に連動するETFがあります。TSMC、エヌビディアなど今をときめく優良銘柄で構成されています。株価の推移を見るとえげつないほど上昇していることが分かります。 …

イノベーションで儲かるのは巨大IT企業 | 恩恵にあずかるには投資しかない

  チャンドラです。   IT、AI、ロボットの急速な普及によって、経済活動の生産性が大幅に高まると予想されています。 これらのイノベーション(技術革新)によって世界経済はますます …

インデックス投資の含み益が1000万円超えた。

  買付額:3,061万円 評価額:4,106万円 損益:+1,044万円 リターン:34% 下が内訳(確定拠出年金は除く) Sponsored Link   投資開始が2018年 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ