資産運用

米国株式市場の200年間セクターの興亡

投稿日:2020年10月23日 更新日:




 

米国株式市場で各セクターの時価総額がどのように推移してきたかをこの記事で見ることができます。

例えば19世紀では市場のほとんどを金融セクターと輸送セクターが占めていました。一方で1920年代になると他のセクターの割合が大幅に増えて金融・輸送セクターは大きく下がったことが分かります。

引用:Visualcapitalism

この表は1900年と2018年に各セクターが占める割合を比較したもの。

かつて最大の時価総額を誇った輸送セクターは2018年にはたったの2%しかありません。この当時の輸送セクターには鉄道企業が入っていました。

金融は1900年と同程度の20%を維持しています。そしてコミュニケーション・セクターが大きく伸びている。

一方で1900年には存在しなかった情報技術とヘルスケアがあわせて20%以上の割合を占めるようになっていますね。2020年現在だとこの割合はもっと大きくなっています。

 

Sponsored Link



 

 

元記事は過去200年の推移を見ることで将来の株式市場を予測するのがいかに難しいかが分かると言っています。

私は現在30歳前半なのであと50年近くは生きていられる見込みですが、50年の間に市場がどうなるのか予測するのは難しそうです。

ただしこのグラフを見ると、ヘルスケアや情報通信技術セクターが1920年代に出現して以降は新しいセクターが生まれていないことが分かります。

この傾向が続けば、今後新しいセクターが生まれることはなくて今存在するセクターの中で、あるセクターが増えて別のセクターが減るのが繰り返されるのかもしれませんね。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

群集心理で爆損 ww【ウォール街のランダム・ウォーカー再読】

  投資で大切なことのほとんどは「ウォール街のランダム・ウォーカー」に書いてます。 私はインデックス投資を志向しているので同書への入れ込みが多少激しいのは否定できませんが、それにしても勉強に …

非課税期間が終わる一般NISAを売却するべきか?

  読者様から質問を頂きました。(一部読みやすいように編集済み。) 2017年に投資した米国株のインデックスファンド、一般NISAの120万分が今年で非課税期間が終わります。ロールオーバーし …

2019年11月の資産公開 | 2881万円(111万円増加)

  2019年11月の資産運用状況を公開します。 合計資産は28,812,554円で前月より111万円増加しました。   総資産の推移: 2019年9月:  27,037,955円 …

1年間の確定拠出年金と個人年金保険の節税効果| 2018年度版

  チャンドラです。   私は企業型確定拠出年金と個人年金保険を積み立てています。これらは節税効果が見込めます。 今回はどれだけの節税効果があったのか紹介します。   < …

【質問】セミリタイア後の為替リスクをどう考えるか?

  また質問を頂きました。どうもありがとうございます。 社畜様 いつも楽しく拝読しております。 質問させて下さい。出口戦略において、為替リスクはどのようにお考えでしょうか? 30代前半のサラ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ