資産運用

資産運用を学ぶアメリカ人と百人一首を丸暗記する日本人

投稿日:2019年5月14日 更新日:




 

チャンドラです。

 

山岡道男氏の「アメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書」によると、アメリカでは若いうちから「お金をどのように管理・運用していくか」を学校で学ぶそうです。

 

 

その効果もあって、投資はポジティブなイメージで捉えられており、株式投資と投資信託が家計に占める割合が約50%にも達します。

その一方で、日本では株式投資と投資信託をあわせても15%程度で、50%以上が現金・預金となっています。

 

出典:日本銀行調査統計局

 

思い返せば私が中学・高校時代には投資の教育を受けたことはありませんでした。

お金を稼げば銀行に預けるというのが常識で、そもそもお金の話をするのは汚いことだと親からは教えられてきました。

中学生や高校生が投資、なんて想像すらつきませんでした。

 

金融の授業はひとつもありませんでしたが、恐竜時代のような授業はたくさんありました。

百人一首を丸暗記するとか、戦国時代の武将の名前を覚えるとか、日本や世界の山脈の名前を暗記するとか。

覚えたところで何も得るものがない単語を暗記することで、受験ソルジャーになりました。

ですが若い時に身に付けておくべき金融リテラシーはひとつも身に付けませんでした。

昔と違って、今では英会話やプログラミングも学ばないといけないのですが、いまだにあんな無駄な授業をしているのですかね?

そうであれば今の中学生・高校生は気の毒です。

 

ネット証券やNISAの普及によって、投資はどんどん身近になっています。

だからこそ中学や高校のカリキュラムに金融の教育がどんどん取り入れるべきだと思います。

加えて百人一首の暗唱のような無駄な授業は、本当に必要なのかを見直していくべきだと思います。

 

その後私の同級生で、かるたを趣味にした人や平安時代に関心を持った人は一人もいないことは言うまでもありません。

 

それでは。

 

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

eMAXISシリーズの相関関係 | リスク分散と相関係数

  チャンドラです。   人気のインデックスファンドであるeMAXISシリーズは各ファンドの相関係数を公表しています。相関係数とは各ファンドの株価の動きがどれくらい似ているかを示す …

インデックス投資の積立額が500万円を超えた

  チャンドラです。   インデックス投資の積立額が500万円を超えました。2018年7月にインデックス投資を初めてから6か月でここまで来ました。 運用状況は次の通りです。 &nb …

【金融リテラシー】利率と利回りの違いを理解しよう!

  チャンドラです。   「利率」と「利回り」は意味が違います。 「利率」は「表面利率」ともよばれ、額面金額に対して毎年受け取る利子の割合の事です。 「利回り」は投資金額に対する利 …

米国株式時価総額はパレートの法則 (80:20の法則)に従うか?

  経済学でよく使われるのがパレートの法則です。別名80:20の法則とも言われていて、「全体の数値の大部分は全体を構成する一部が生み出している」ことを言います。 パレートの法則に従う現象には …

「アナリストの予想はあてにならん」と言いながら実は一喜一憂するのはダサい

  「アナリストの株価予想なんて当てにならない。」と豪語する人は多いです。 私も同感です。アナリストの株価予想がそんなに当たるなら、アナリストは自分の予想通りに株を売買して儲けるんだからアナ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログで運用成績を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ