資産運用

米国株インデックス一択か全世界株インデックスか

投稿日:2020年7月27日 更新日:




 

インデックス・ファンドに投資すれば銘柄選びに苦心することはありません。ただし、どこの地域に投資すべきかという点だけは考える必要があるでしょう。

 

ではどこの地域にすべきか?どういう粒度で分けるべきかは議論の余地がありますが、ざっくりこんな感じでしょう。

米国

日本 (我が国)

先進国

新興国

全世界

 

この中で一番上昇が期待できるのは米国株だと思っています。人口はこれからも増加すると予想されているし、GAFAMをはじめとする世界に冠たる企業がありますからね。そして世界中から多くの優秀な人材が集まる国です。

 

次に上昇が期待できるのは新興国でしょう。米国が一番か新興国が一番かは悩ましいところですが、PwCのレポートにもあるように、2050年の世界のGDPトップテンのうち、先進国の地位は落ちて新興国が存在感を示します。

人口、特に中流層の人口が増えることで消費が活発になります。私自身新興国(特にアジア圏)のビジネスに関わる仕事をやってますが、新興国がどんどん成長しているのをヒシヒシと感じています。

とはいえ、先進国に比べてカントリーリスクが大きいため、なかなか新興国に一括で投資というのは難しいでしょう。新興国で消費が増えるとはいえ、多くの先進国企業が進出しているので、新興国で消費が増えれば増えるほど先進国も潤うのだから、先進国も新興国も両方投資しておけばいいだろう、と思います。

 

引用:PwC

 

最後に、日本

日本に資産の大部分を投資するのは・・・なしですね。人口が減り、しかも高齢者の割合が増える国に大きな成長は見込めないでしょう。(人口が減ったって株価が上がる可能性もありますが、では米国を外して日本株に投資するかといえば、そんな気は起きません。)

 

Sponsored Link



 

で、色々考えた結果、私が出した答えは、

米国株インデックスと全世界株 インデックス(除く日本)の両方に同額投資すること、です。

 

もう、ゴチャゴチャ考えるの面倒くさいから両方いったれ、という考えです。全然論理的でないですね。でも論理だけで前に進むのは無理だったんです。

 

この場合、米国株インデックスは米国100%、全世界株は米国70%なので、全体としては85%が米国、残りの15%が米国以外、ということになります。かなり米国偏重ですが、新興国が伸びれば全世界株式インデックスの新興国の比重が勝手に上がっていくという算段です。

 

このやり方は実験的にやっている側面があるのですが、投資始めて2年後の結果は下の通りです。米国インデックスが11%、全世界インデックスが9%。実は以前はもっと開きがあったのですが、全世界の方が少しずつ伸びてきています。

 

 

で、まとめに入りますが、米国インデックスか全世界インデックスか迷っている人、例えばバンガード社のVTかVTIで迷う人がいれば、両方買っておけばいいんじゃないでしょうか?

今は世界各国の経済がお互いに影響し合って株価の相関も強くなってきているので、例えば米国株価が大きく下がれば世界株式も大きく下がり、逆もまたしかりだと思います。

つまり、米国株価が大きく上がって、一方で全世界株式が大きく下がるということはあり得にくいと考えれば、片方を買っても両方を買っても、結果にとてつもない差が出るとは思えにくいです。

PwCのレポートにあるように今後の新興国の伸びに期待したい私は、全世界株も買っておきます。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

株価が大きく下がったときにやるマインドセット

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに投資して資産運用しています。主な投資先はアメリカ株です。 投資スタイルは長期積立投資です。毎週一定額を長期間にわたって投資し続 …

【重要】積立投資の意外な盲点。投資期間後半で投資した分は元本割れ確率が高い。

  以前の記事でサラリーマンが株式投資するなら、一括投資よりも積立投資にならざるを得ないという話をしました。理由は簡単で会社から受け取る給料の中から投資資金を捻出するのだから、毎月数万円、ま …

米FRBが利上げしてもすぐに株価が下がるわけではない。

  私はS&P500株式インデックスファンドに投資しています。 指数の動きに影響する要素は色々あるとはいえ、短期の変動に目をつぶるとして、長期的に見て株式指数に大きく影響するのは結局 …

インデックスファンドより成績が劣るアクティブファンドは恥ではないか?

  日経平均株価や米国S&P500などの指数に連動するように運用されるのがインデックス・ファンド。それに対して、ファンドマネージャーが投資する銘柄やその割合を決定して運用するファンド …

YoutubeやSNSを鵜呑みにして株式投資する人がいるのか ww

  Youtubeやネット記事を鵜呑みにして株式投資する人っているんですね・・・。マジかよと ww 「これに投資すれば絶対儲かる」的な動画とか発信は多いです。なんで投資みたいな不確定なことを …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ