資産運用

米大統領選挙サイクルとNYダウの年間騰落率

投稿日:




 

2019年の米国株価指数は絶好調でした。

私も昨年末からS&P500にコツコツ積立続けたおかげで、今年は資産を増やすことができました。

来年2020年の米国株はどうなるか?

2020年の目玉は米国大統領選挙です。

統計データによると、1970年以降の平均では大統領選挙のNYダウの騰落率は、前年を大幅に下回ることが知られています。

その理由は現職大統領が再選を目指して景気刺激策を打ち出すからだと言われています。

 

大統領選挙前年:15.4%

大統領選挙年:5.8%

 

引用:岡三アセットマネジメント

 

2019年の騰落率は20.3%。

選挙前年で騰落率が20%を超えたのは2019年を除けば6回ありましたが、選挙年の騰落率が前年を超えた回数はゼロ。

同じ傾向が繰り返されるとすれば、2020年は2019年なみのパフォーマンスを期待するのは難しそうですね。

とはいえ、私は米中貿易摩擦が緩和する方向に向かうと予想しているので、2020年の株価は緩やかに上昇すると思っています。

というわけで2020年もS&P500に継続して積立てていきます。

 

Sponsored Link



 

関連記事:

アメリカ人の考え方 | 努力しないで結果を出すほうがいい

米国株に投資するとか言っときながらテキサスしか行ったことない

インデックス投資は素人がプロに勝てる唯一の分野

Sponsored Link



 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

平均的なサラリーマンが年利5%で30年間運用した結果

  タイトルに「平均的なサラリーマン」という言葉を入れています。これが重要なポイントなんですよ。私も含めて世の中は平均的なサラリーマンばかりですからね ww 金持ちが資産運用した結果なんて見 …

その投資は儲かるのか?利回りで考えよう

  私は2018年からインデックス投資につみたて投資をしています。 インデックス投資のリターンは次の通りでした。 2018年:-10.60% 2019年:+11.18% これを2年間の利回り …

インデックス投資の積立額が1500万円を超えました

チャンドラです。   私は2018年6月にインデックス投資を開始しました。 ついに積立額が1,500万円を超えました。   SBI証券と企業型確定拠出年金で積み立てしています。 S …

資産運用で何に投資するかはIRR(内部収益率)を比較して決めるのが基本です

  十分な資金が手元にあって何か投資をしたいとき、何に投資をするべきか?それをどのように意思決定するべきか? 例えばある企業が太陽光発電事業に参入するとして2つのケースから選ぶ必要があるとし …

S&P500ではなくバークシャー・ハサウェイ株に投資すればいいのでは?

  バークシャー・ハサウェイ社の会長、ウォーレン・バフェット氏は毎年、「株主への手紙」を発表します。バフェット氏からの手紙36年分の和訳がまとまった書籍が販売されていますが、英語であればバー …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ