資産運用

米大統領選挙サイクルとNYダウの年間騰落率

投稿日:




 

2019年の米国株価指数は絶好調でした。

私も昨年末からS&P500にコツコツ積立続けたおかげで、今年は資産を増やすことができました。

来年2020年の米国株はどうなるか?

2020年の目玉は米国大統領選挙です。

統計データによると、1970年以降の平均では大統領選挙のNYダウの騰落率は、前年を大幅に下回ることが知られています。

その理由は現職大統領が再選を目指して景気刺激策を打ち出すからだと言われています。

 

大統領選挙前年:15.4%

大統領選挙年:5.8%

 

引用:岡三アセットマネジメント

 

2019年の騰落率は20.3%。

選挙前年で騰落率が20%を超えたのは2019年を除けば6回ありましたが、選挙年の騰落率が前年を超えた回数はゼロ。

同じ傾向が繰り返されるとすれば、2020年は2019年なみのパフォーマンスを期待するのは難しそうですね。

とはいえ、私は米中貿易摩擦が緩和する方向に向かうと予想しているので、2020年の株価は緩やかに上昇すると思っています。

というわけで2020年もS&P500に継続して積立てていきます。

 

Sponsored Link



 

関連記事:

アメリカ人の考え方 | 努力しないで結果を出すほうがいい

米国株に投資するとか言っときながらテキサスしか行ったことない

インデックス投資は素人がプロに勝てる唯一の分野

Sponsored Link



 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

株価よもっと下げれ ww 湧き上がる破壊衝動

  こんなことを書くと頭おかしいかと思われるかもしれないのですが、あまりに株価が絶好調なのを見ると、そろそろ下がれ!と思ってくるんです。なんだか、破壊衝動のような気持ちがムラムラと湧き上がっ …

米国株式市場の200年間セクターの興亡

  米国株式市場で各セクターの時価総額がどのように推移してきたかをこの記事で見ることができます。 例えば19世紀では市場のほとんどを金融セクターと輸送セクターが占めていました。一方で1920 …

S&P500 遂に3000ポイント超え! | 運用状況

  チャンドラです。 米国S&P500が遂に、史上最高の3000ポイントを超えました。 パウエルFRB議長が利下げに前向きな証言を行ったことが株価上昇の大きな要因になりました。金利が …

投資で過去のリスクとリターンで分析することに批判があるが、そこは割り切るしかないと思う理由

  私は米国S&P500指数に連動するインデックスファンドに投資しています。その理由は過去の実績 (リスク: 20% リターン: 7%)が自分にとってリスク許容度内だし、高リターンだ …

バフェットは現代ポートフォリオ理論にこう反論したが、私はそれでもインデックス投資派

  株式指数に連動するインデックス・ファンドに投資することで最も低いリスクで高いリターンを得ることができる、というのが現代ポートフォリオ理論から導きだされる結論です。 現代ポートフォリオ理論 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ