未分類

全米の人種差別抗議デモは結局何が目的なのか?

投稿日:




 

米国が荒れている。

 

白人警察官により黒人男性が殺害された事件で、米国全土に抗議活動が拡大。多くのデモが平和的に行われているようだが、一部で暴動や略奪も発生しており、また警察官がデモ参加者に催涙弾やゴム弾を発射するなどの措置をとっていることもあって、問題が大きくなっている。

 

正直私はアメリカに住んでいるわけではないので、詳しいことはよく分からない。白人警官による黒人の殺害率が高いという統計データもあるらしい。黒人はいまだに差別を受けて社会的に低い地位にいるとも聞く。もちろん差別はよくないし、警察が肌の色で対応を変えるのもよくない。それは分かるのだが、見ていてモヤモヤする。不快に感じる人もいるかもしれないが、あえて冷めた目線で書いたことを書いてみる。

 

全米各地で起きているデモは、一体何を目的にしているのだろう。デモ参加者は「Black Lives matter (黒人の命は大切だ)」を叫びながら道を練り歩き、黒人男性が殺害されたときの様子を再現するように地面に横たわるポーズを見せる。黒人差別に反対と言いたいことは良く分かる。でもそんなことはあの有名なキング牧師の時代からやってたことではないだろうか?そして、このメッセージは誰に対して言っているのだろうか?白人?黒人を嫌う白人?白人警察?トランプ大統領?それとも誰に対するメッセージかは自分で考えろということか?叫べば誰かがなんか考えるだ、そういうことなのだろうか。

 

ある地域ではデモ隊に対して警察がひざまずいて謝罪の態度を示したところもある。ある地域では、デモ隊に対して警察が「一緒に行進しよう」と呼びかけてデモ隊・警察が一体となって行進したところもあるらしい。緊迫した雰囲気のなかでこういう態度を示せる警察の精神は素晴らしいと思うし、胸を打つ事件だと思う。だが冷めた目で見ると「だから何なんだ?」という気持が残る。「差別は反対!」と叫び、叫ばれた方は「そうだよね!」と言って握手して解散する。これで何かが変わるのだろうか?

 

Sponsored Link



 

 

私は思い出す。前にも記事に書いたが私自身左翼活動家に誘われてデモに参加したことがある。そこでは「労働者の待遇改善!」などが威勢よく叫ばれた。参加者は互いに肩を組んで道を練り歩き、連帯感を高めた。でもそれだけで、結局何も変わらなかった。というか、何がしたいのかよく分からなかった。もちろん表現の自由があるので何を叫んでも勝手なのだが、訴えられている方としては「で、誰に何してほしいの?」と感じないだろうか。

 

全米が盛り上がっているが、どうして私には空虚な感じしかしないのだろう。それはやはり、目的がよくわからんというのが答えだろう。「Black Lives matter (黒人の命は大切だ)」はスローガンとしては分かりやすい。ではデモの目的は「黒人の命が大切だ」という意識を社会的に醸成させることだろうか?そんなはずはないと思う。だって「黒人の命は大切か?」と聞かれたら99%以上の人は「Yes」と答えるに決まっているだろう。黒人の人権が蹂躙されている理由の根本原因は貧困率または教育格差?なら政府に対してそれらの原因となっている法律の改正を要求する方が具体的ではないだろうか。

 

加えてデモのような政治活動は高度に組織化されるべきだと思う。デモ中に暴動や略奪が起きるのは一番あってはならないことだからだ。例えば1000人が人権擁護のデモをするとして、そのうちたった一人でも略奪をすれば、他人の目から見ればそのデモ自体が「本当に人権擁護のためにやってるか?」と疑われることになるわけだ。加えて、デモをされた側はその事実をネガティブキャンペーンに使うチャンスを得るというわけだ。

 

近代のデモ活動やもはや情報戦になっていると思う。米国だけでなく香港のデモを見れば分かる。デモ隊は「政府が平和な活動に弾圧を加えている」と叫ぶし、政府は「デモ隊は破壊活動を行っている」と叫ぶ。デモの様子がSNSで拡散する。その切り取られた映像を見て全世界の第三者は考える。デモ隊が不当に弾圧されている!いやいやデモ隊が破壊活動しているだろ!デモ隊が怒っているのは警察が挑発したからだ!この破壊活動しているやつはスパイでデモ隊がやっているようにみせかけている!大陸からスパイもはいりこんでいる!はっきり言ってもうメチャクチャで、ウソか本当か良く分からない動画や、事実なのか意見なのか良く分からない情報、陰謀説、感情だけの罵詈雑言が入り混じってもう何が何やら分からないわけだ。

 

「ごく平和に行われているデモに対して警察が催涙弾を打ち込んだ!」という主張自体もハッキリ言って私は疑っている。私の経験だが、デモ隊の中には「こっそり」警察を挑発する人間もいるからだ。私が実際にデモの中から見た経験では、比較的武闘派の短気な人はデモ中に警察にわざと肩をぶつけたり、小声で悪口を言ったりして警察を挑発する。こんな行為は映像には映りにくい。映像だけ見れば平和に見えてもこういうことをする人間もいるわけだ。警察だって人間なわけで、よくわからんやつらがいきなり大勢集まってきて、見知らぬチャラチャラした若造から舐めた口をきかれたらキレるだろう。これはあくまで私の想像だが、平和的にやってるデモに警察が暴力的な行為をするのはこういう発端があるのかもしれない。もちろん警察の暴力は良くないが、警察が怒る気持は分からないでもない。

 

Sponsored Link



 

 

話を戻すと「なんとなく」デモをやるのではなくて「ゴールがある」デモをやるなら、多くの参加者が同じ意志を貫徹するために組織化が必要だろう。組織化とはつまり、

(1) 目的を決める 

(2) 暴力や略奪を絶対にさせない。

(3) 組織をつくる(全体を取りまとめるリーダー、デモの目的の発信。ネガキャン対応、火消し役の広告塔、暴力行為の監視チーム、など)

 

デモが各地で自然発生して、目的が曖昧なままでは必ずデモは失敗する。例え本気で人種差別を失くしたい人々が叫んだとしても、とりあえず社会に不満がある人間や、コロナ自粛疲れした人間や、略奪したいだけの人間や、ヒマで面白そうだから参加したいだけの人間はこういう不特定多数参加可能な集まりには必ず集まってくる。そしてそういう人間は反社会的行為を働くことによってデモの参加者の理念(黒人の人権)はネジ曲げられ、いつのまにか書き換えられ、そしてやがてデモ自体の支持を失うからだ。そして当然ながらデモを組織する人間は自国民であるべきだし、反社会的組織であってもだめ。他国や反社勢力の干渉は間違いなくネタにされるし何より理念を曲げられる。

 

デモに対してかたく考えすぎだろうか?そうかもしれない。でも私が知る限り、不特定多数の人間が組織化されずになんとなく集まって、なんとなく騒ぐだけで何かが変わった例は知らない。確かに「アラブの春」でチュニジアで起きた政権交代のような例はあるが、あれはほとんどの国民が同様に不満を持っていたという点で例外だと思う。チュニジアでは一人の青年の焼身自殺をきっかけにほとんど全国民の意思が政権交代という具体的なゴールに向かっていった。アメリカはどうか?デモに肯定的な意見もあれば否定的な意見もあって意思が統一されていくようにはみえない。差別反対を叫ぶデモ隊の暴行も映されてハイライトされてしまっている。チュニジアのように集団の意思が出来上がって大きな力に繋がるとは思えない。

 

トランプ大統領は暴動や略奪にたいして軍が介入することを示唆している。これが憲法に抵触するのか詳しいことは分からないが、反社会的な破壊行為が止まずに警察の手に負えないのであれば、軍が介入しても仕方ないのでは?と思う。そうならないためにはデモする側がデモに参加する人間が暴れないように管理しろよという話になるんじゃないか。だから政治的な主張をする側には集団内での目的の統一と反社会的行為を取り締まるための組織化が必要になる。

 

Black Lives matter(BLM)に対する考え方として、綺麗ごとを書いていな記事もある。デモ隊に対して黒人女性が「BLMはジョークだ」とこき下ろしている記事だ。この黒人女性は怒っている。「お前らは偽善者で目立ちたいだけだ」と。記事は「BLMなる言葉は全然地に足がついていないじゃないか」と締めているが、正直私もそう思う。平日の昼間から騒いで、スマホで撮影しまくって、街に汚い落書きして荒らして、結局何をやりたいんだ、という感じしかしない。

 

黒人が明らかに社会的に不当な扱いを受けているなら、そうさせる社会システムがあるなら、それを地道に少しずつ特定していって、少しずつ改善させていくしかないと思う。そしてこれが一番難しくて、エネルギーが必要で、騒ぐだけの人々が苦手な活動だろう。地道なことをすっ飛ばして目立つ活動だけやっても、一時的な盛り上がりで終わるだけだと思う。

 

Watch: African Immigrant to BLM Protesters: ‘Black Lives Matter Is a Joke’

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社畜の月収と家計簿を公開 ww | 2020年2月

  社畜が2020年2月分の給与・家計簿・買って良かった物を公開します。   給与手取り43万円、 貯蓄22万円、 貯蓄率53%   給与   本給:379,5 …

投資信託のリスクの意味

  投資対象を決めるときに、リスクが大きいか小さいかという判定をします。ここで注意すべきことがあります。 リスク = 危険 という意味ではありません。 リスク = 不確実性 という意味です。 …

他人に資産運用の相談はするべきではない理由

  チャンドラです。   私は海外株式のインデックス・ファンドに長期積立投資することで資産を最大化することを目指しています。 私は自分の資産運用について他人に相談したことはありませ …

eMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)の損益 | 2019年10月末

  チャンドラです。   私が毎週積み立てているeMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)の損益は次の通りでした。   積立額:7,191,000円 評価額:7,5 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ