資産運用

絶対に資産額が見れないネット証券 ww

投稿日:




 

以前に何かの記事で、資産運用で最も高いリターンをあげた人たちを調査した結果、亡くなった人のリターンが最も高かったとかいう結果が出ていた記憶があります。

ポートフォリオを見ていませんが、想像するにS&P500とかダウに連動するETFに投資して死ぬまでほったらかしにしていた結果、大きな資産を築くことができたのだと思います。売却するとそのたびに手数料や税金がかかりますが、ずーっと我慢して持ち続けることで複利の効果で資産を大きくすることができますからね。

これを見てふと思ったのですが、もしこんなネット証券があったら面白いなとおもったんです。それはいちど株を購入したら最低20年間は売却できないし評価額を見ることもできないシステム ww

まさに鬼畜です ww

Sponsored Link



 

非現実的なのは承知なのですが、あったら結構面白いと思うんですよね。いったん投資したらそれを必ず売らずに持っておく、それも買ったことすら忘れてしまうぐらいの気持ちで。これは言うほど簡単ではない。一時的にでも暴落したら売って損切りしたくなるのが人間の性だから。

それなら、いっそのこと評価額も見えなくしてしまえばいい。見えないからドキドキする。そして見たくても見えないから諦める。そして、そのうち存在を忘れてしまう。

人間ってポジティブ・サプライズがあると、それが些細なことでも得られる幸福は大きくなると思うんですよね

例えば普段より多く残業して1万円多く給料をもらうのと、棚の中を整理していて奥に1万円札を見つけるのと、どちらに大きな幸福を感じるか?

私は後者だと思うんです。前者は1万円もらえることを予想できているから驚きはない。一方で後者は予想外のイベントでまさに棚からぼた餅。

もし、売却できないし資産のチェックもできない鬼畜ネット証券で100万円でS&P500とかを買って、20年後にページを恐る恐るクリックして、評価額を初めて目にしたとき、そのとき300万円とかになっていたら・・・。

おそらくサプライズで悶え死んでしまうかもしれませんね ww いや、死んだらあかんやろ ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

シャープレシオが最大になるのは効率的フロンティア曲線上の接点ポートフォリオ。

  前回の記事では、WealthNaviの資料をもとにエクセルのソルバーを使って効率的フロンティア曲線を作成しました。 効率的フロンティア曲線は、各リスクに対してリターンが最も高いポートフォ …

減りまくりんこ。180万円減 | 資産公開 | 2020年9月末

  2020年8月の資産運用状況を公開します。   合計資産:33,708,746円 前月より188万円減少   総資産の推移: 2020年7月:  33,662,607 …

真面目なファンドマネージャーの成績が平均よりも悪いのか。

  私がインデックス投資を始めたキッカケは「ほったらかし投資術」。著者の山崎元氏はトウシルで色々コラムを書いているんですが、なかなか面白くて勉強になるんです。 「「合理的へそ曲がり」の精神に …

200週間連続でインデックスファンドに積み立てできたのは自信を持てたから。

  インデックス投資を開始したのが4年前。 毎週積み立てしていますが、200週目に達しました。だから何だという話でもあるのですが、200というのはキリが良い数字なので記事を上げておきます。 …

WealthNaviはリスク許容度をどのように決めているのか?を分析する。

  前回からの続き: WealthNaviの特徴は個人に最適なポートフォリオを組んでくれる点です。最適とは何ぞや?といえば2点あって、 (1) シャープレシオ (リターンをリスクで割ったもの …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ